気になる最新の仮想通貨情報!

リスク(LSK)とは?チャートと今後!購入できる取引所や買い方!

リスク LSK 特徴 メリット デメリット

今回は、仮想通貨のリスク(LSK)とは何か?特徴やメリット・デメリット、チャートから見る今後や購入できる取引所や買い方について書いてみたいと思います!

スポンサーリンク

リスク(LSK)とは?

 

リスクとは

「リスク」は、ブロックチェーンにスマートコントラクトを実装し、「JAVAScript」というプログラミング言語を使った、自由で使いやすい分散型アプリケーション(中央管理者がいない)の形成のためのプラットフォーム(土台)として開発され、2016年5月に誕生しました。そして、そのリスクのシステム内で使われている仮想通貨の単位は「LSK」です。ブロックチェーンのほかに、「サイドチェーン」を使うなど、充実した機能で知られています。

サイドチェーンとは、ブロックチェーンのサブ的役割を果たすブロックチェーンで、このサイドチェーン上でもトランザクション処理が可能なので、スマートコントラクトなどの機能を追加することもでき、処理速度の向上も期待できる仕組みです。

また、サイドチェーンを備えることにより、メインチェーンとサイドチェーンを使い分け、ハッキングなどの被害を最小限に抑えることができ、セキュリティ面にも一役買っています。

発行枚数はどうなっているかというと、「上限なし」です。もともとICOからスタートし、その時点で1億枚が配布され、ここから毎年少しずつ発行量が増えていっています。そして、トランザクションが発生することで、新しいブロックチェーンが作られると同時に「5LSK」が発行される仕組みになっています。そして、ビットコインの半減期のマイニング報酬が減るように、300万ブロックごとに減少していくプログラムになっています。

リスクの運営はマイニングではなく「DPOS」により運用されており、すでに保有しているリスクの枚数が多い人から抽選でトランザクションを処理するシステムを採用しています。

イーサリアムとリスクの違い

比較 違い

イーサリアムもリスクも共にプラットフォームとして構築された仮想通貨です。そして、お互いを語るときにはなくてはならない、比較されるべき存在です。それでは、この2つの違いはどこにあるのでしょう?

プログラミング言語の違い

イーサリアムの言語は「Solidity」という独自の言語を採用している一方、リスクは「JAVAScript」を使用しています。そして、このJAVAScriptという言語は、プログラマーなら誰しもが扱えるくらい有名なプログラミング言語です。これをプラットフォームとして用いることにより、開発者を簡単に集め、体制を整えていけるばかりではなく、将来的にも開発陣に困ることがないと言われています。

スマートコントラクトの違い

イーサリアムはスマートコントラクトをメインチェーンに書き込んでいますが、リストはサイドチェーンを使っています。このことにより、イーサリアムよりリスクの方が処理速度を低下させることなく、セキュリティ対策面においても優れているといえます。

リスク(LSK)のメリット

仮想通貨 メリット

リスクを購入すると、どんなところにメリットはあるのでしょうか?

常時高速取引が可能

先ほども書きましたが、リスクの仕組みとして「ブロックチェーン」以外に、独自の「サイドチェーン」があります。この2つのチェーンはお互い独立しているため、相互負荷をかけません。そのため、お互いのトランザクションの量や質、様々な問題が起こっても、負荷をかけてスピードが遅くなることはなく、常に高速での取引が可能になっています。

ブロックチェーンに問題があってもなんのその!

サイドチェーンを利用することで、メインのブロックチェーンに最低限のデータだけを記録させることにより高速化できること以外にも、「保険」としてのサイドチェーンという意義もあります。

サイドチェーンは独立しているので、メインと切り離して交換することができるので、もしデータにバグや不正が見つかった場合でも仮想通貨を死なせることなく、切り離して新しいものに取り換え、正常に動かすことが可能になっています。

つまり、ブロックチェーンに何か問題が起きた時、一部のサイドチェーンを修正または削除することにより、メインチェーンを守ることができるので、保険的役割を果たしてくれていると言えます。

新たな仮想通貨を生み出せる!?

リスクでアプリケーションを構築する際の言語はJAVAScriptです。そのため、多くの開発者が取り組みやすく、このリスクを利用して独自の仮想通貨(暗号通貨)を生み出すことも十分可能です。JAVAScriptは、一般的に「プロトタイプベースのオブジェクト指向スクリプト言語」と言われており、「JAVA」とは全く別のプログラミング言語です。

JAVAScript

スポンサーリンク

ユーザー側のWebブラウザと、Webサイトまたはウェブサービスの相互間のやり取りを円滑にするために使われている言語。Webサイトの外観デザイン・使い心地・サイト内の情報や表示に至るまで、ありとあらゆるところに使われています。つまり、私たちがブラウジングで体験できることのすべては、ブラウザ内で使われているJAVAScriptのおかげなのです。

リスク(LSK)のデメリット

仮想通貨 デメリット

リスクは2018年にイベントがたくさん控えていると言われています。2018年2月20日にはロゴをリニューアルする「リブランディング」が行われました。また、2018年4月にはアプリの開発ツールの「SDK」が配布され、秋にはブロック報酬の現象とICOが開始されるようです。

今年話題のリスクを購入するときに注意すべきデメリットはどこにあるのでしょう?

承認者の設定が可能

サイドチェーンはメインのブロックチェーンとは独立しています。そのため、開発者が承認者を選ぶことも可能です。これにより、「一部の人たちだけでリスクをある程度コントロールすることもできてしまう」という危険性をはらんでいます。そうなると、仮想通貨の魅力である中央政権が関与しないという部分が消失され、リスク自体の仮想通貨としての魅力がなくなり、一気に値下がりなんていうことにもなりかねません。

インフレになる要素がある

リスクは発行枚数に制限がなく、もし一部の人たちが発行枚数を一気に増やしてしまうと、リスクの価格が極端に下がるインフレになってしまう可能性も否定できません。他の仮想通貨に比べるとインフレというリスクはかなり高いものになります。

イーサリアムとの違いがあまりない

前述した通り、イーサリアムとリスクの違いはそれほどありません。ということは、裏をかえすと先に知名度が上のイーサリアムに対抗するにはポイントとなる点がないということです。そうなると、急激に儲かったり、将来的にももうけはそれほど見込まれないかもしれません。

リスク(LSK)のリアルタイムチャートと今後の将来性


リスクの将来的な展望は、まず「非中央集権型をクリアすること」にあります。ネットワークを守っている人も、「選ばれた101人」と明言されています。つまりリスクが目指しているコインは、「管理者のいらないコイン」といえます。

誰もがアプリケーションを作れるシステムと言われている「アプリ開発ツール」の構築やすでに実装されているものを練り直す「リブライディング」も行われ、新しいリスクに生まれ変わろうとしています。

また、リスクが力を入れている、パートナーと協力し合い開発するソフトウェア開発キットのための開発「ソフトウェア開発キット(SDK)」も注目すべき点です。このように、リスクは常に新しいリスクを目指しています。

そして、なんといっても2018年にはイーサリアムを超えて、2位になるのではないかとさえ言われています。というのも、2018年にスマホユーザーをターゲットにしたアプリ&プラットフォームを目指しており、もし実現すれば今以上にLISKブロックチェーン上で、様々なサービスが活発に展開される可能性があるからです。

リスク(LSK)が購入できる取引所や買い方

リスクはビットフライヤーで取り扱われています!買い方などは下記の記事でご紹介していますのでご覧ください!

bitFlyer(ビットフライヤー)使い方や買い方!口座開設・登録方法!

その他国内オススメ取引所

※リスク回避のために、複数登録することをオススメします!

手数料の低さと積立投資
ザイフ

使い方解説記事:Zaif(ザイフ)使い方や買い方!口座開設・登録方法!

 

リップル取引と強固なセキュリティ
ビットバンク

使い方解説記事:bitbank.cc(ビットバンク)使い方や買い方!口座開設/登録方法!

まとめ

アメリカのマクロソフト社(Microsoft Azure)がリスクとパートナーシップを結び、14000BTCもの投資をすると発表しました。これにより、多くの人の目がリスクにも集まるようになりました。マイクロソフト社もリスクに期待しているということがわかると思います!

リスクブロックチェーンアプリケーションプラットフォームを「Azureクラウド」に導入し、Microsoft Azureクラウドプラットフォームを利用し、JAVAScriptデベロッパーがリスクアプリケーションの開発を簡単に実現することのできる環境を提供すると発表しました。これにより、リスクの普及に弾みがつくとみられています。

2018年4月に配布が行われるアプリ開発ツールである「SDK」により、いよいよ誰でも開発できる体制が本格始動します。また2018年7月には分散型取引所関連の何らかの発表があると言われています。

これからもリスクの更なる展開が楽しみですね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です