気になる最新の仮想通貨情報!

モナコイン(MONA)チャートと今後!購入できる取引所や買い方!

モナコイン 特徴 メリット デメリット1

今回は、仮想通貨のモナコイン(MONA)とは何か?特徴やメリット・デメリット、チャートから見る今後や購入できる取引所や買い方について書いてみたいと思います!

スポンサーリンク

モナコイン(MONA)とは?

モナコイン 特徴 メリット デメリット

モナコインは2013年末に「わたなべ氏」により公開された「正真正銘の日本産まれの仮想通貨」です。ライトコイン(Googleの元社員が作った仮想通貨)をベースに開発され、世界で初めて「Segwit」(送金が早くなるシステム)を実装したコインです。最近では、ビットコインとの「アトミックスワップ」にも成功しました!このことから見ても、モナコインは将来性があり、技術力にも優れた仮想通貨だということがわかります。

「アトミックスワップ」とは、取引所などの第三者が仲介する必要がない上に、種類が違う仮想通貨間の取引をユーザー間で行う仕組みのことです。

最小単位は「1watanabe」で、「0.00000001MONA」です。総発行枚数は1億512万枚で、ビットコインの約5倍です。そして、なんといってもビットコインの6倍以上の速さで取引を処理してくれます!マイニングの方法はビットコインと同じ「Pow」なので、コンピューターの能力が高ければマイニングで稼ぐことも可能です。

ビットコインは正直、どこ発祥かいまだに不明で、サトシ・ナカモトが日本人かどうかすらわかっていませんが、モナコインはインターネット掲示板「2ちゃんねる」の猫キャラクター「モナ―」が由来しているので、純国産ということは一目瞭然です。

出典:wikimedia

モナコイン(MONA)の特徴

純国産の仮想通貨である「モナコイン」の特徴はどんなところにあるのでしょう?

取引スピードが桁違い

先ほども書きましたが、取引スピードがビットコインの6倍の速さです。というのも、ブロック生成時間が約90秒と驚くほど速いのです。ビットコインは約10分、ライトコインは約2.5分なので比べると、その速さを感じてもらえると思います。

ところが、ブロック時間を早くするとその分セキュリティ面がおろそかになってしまうと言われています。その点から考えると、あながち手放しに処理が早い事を喜べないかもしれません。

世界初の「Segwit」導入

「Segwit」とは、もともとはビットコインの技術を更新するために開発されたものですが、ビットコインがこの技術を適用するにあたり、コミュニティ内で分裂が起こり、適用までに時間がかかっていた間に、モナコインが適用することになった、取引サイズを圧縮するための技術です。

このことにより、モナコインに対する仮想通貨ファンの期待が膨らみ、世界からの注目を集めることに成功すると、メジャーな仮想通貨として認知される可能性も大いにあります。

ホワイトリスト入り

仮想通貨の「ホワイトリスト」とは、「登録業者のみが取り扱えることのできる仮想通貨」という意味で、「登録業者が取り扱う仮想通貨のリストにはいること」を「ホワイトリスト入り」と呼ばれています。

登録業者以外による仮想通貨の売買は禁止されています。登録業者は、随時、金融庁ウェブサイトで公表します。

なお、登録業者が取り扱う仮想通貨については、随時、金融庁ウェブサイトで公表します。

引用:改正資金決済法等の施行

ホワイトリストに登録されていない仮想通貨は、国内取引所での取引は禁じられています。モナコイン以外にも、イーサリアムやネム・リップルなどの主要コインは登録されています。

ホワイトリストに登録されると価格が高騰しがちですが、登録されていない通貨は取引所で扱われることがないので、下落する可能性があります。その点でも、ホワイトリスト入りはとても重要なポイントの一つです。

ビットコインには左右されません

モナコインは日本生まれのコインです。ですから大半の取引は、「日本円」を使って日本で行われています。ですから、ビットコインの価格に左右されることは確率的にもかなり低いです。

モナコイン(MONA)のメリット

仮想通貨 メリット

知名度も徐々にアップして来ているモナコイン。どんなメリットがあるのでしょう?

なんといっても実用的

次の「モナコインで出来ること」で詳しく書きたいと思っていますが、モナコインで出来ることは本当にたくさんあります。現在1500種類とも言われているアルトコインですが、そのほとんどは開発途中で、実際には使えるものは限られています。

ところがモナコインは「とても使い勝手のよい通貨」として「モナ払い」できるお店がとてもたくさんあります。例えば、バーやパソコンショップ、美容クリニック、メイド喫茶、オンラインショップなどがあり、今後も増える可能性が見込まれています。国内では、ビットコインに次いで使える場所の多い仮想通貨です。

もちろん、国産通貨ですから!

最大級のコミュニティ(モナコイン神社やモナLOVE!)

モナコインの強みに、「コミュニティの団結力」があります。そして、そのコミュニティのメンバーは、「リアルモナコイン好き」(モナLOVE!)なのです。そして、モナコインが好きだからもっとモナコインを広めようと活動している人が多くいます。

2017年10月25日~31日に行われた「秋葉原ジャック」(モナコインのプロモーション動画を放映するイベント)は代表的なものです。これは、田中さんという方が自腹で100万円を出資し企画したもので、それに賛同した多くのモナコイナー達により実現しました。そして、このイベントの様子がヤフーニュースに掲載され、より多くの人たちの注目をモナコインに集めることに成功しました。

なんと、「モナコイン神社」なるものもあるようです!

これは、モナコイナーの有志によって建てられたそうです。モナコインで売買された長野県の山中の土地に建てられています。そして定期的にオフ会を開いては開拓使、階段を設置したり、防雪や草刈りなどを行いながら、モナコイナーたちが維持管理をしています。さすが日本生まれのコインですね!

日本の有名人が投資している

日本のトップクラスの個人投資家「csi氏」や、声優の原田ひとみさんなどが投資しており、現代の魔術師として有名な落合陽一さんも、モナコインについてTwitterで取り上げたことで、さらに知名度がアップしました。

スポンサーリンク

モナコイン(MONA)で出来ること

特徴

モナコインを持っていると出来ることはたくさんあります。商品やサービスの購入ももちろん可能です。それでは、代表的なものを1つずつ説明していきたいと思います。

「投げ銭のもらえる投稿サイト「Monappy」(モナッピー)

モナッピーというモナコイン総合サイトには、絵や文章を投稿するスペースがあり、そこに書き込むと投げ銭をもらえるます。モナコインを持っているユーザー(モナコイナー)は、気に入った投稿に対し、「いいね」の代わりにモナコインを使って評価を行います。

現在ではその対象はどんどん増えており、専用サイトに投稿されたイラストや文章のみならず、掲示板への書き込みやブログの記事、Twitterでのつぶやきにまで拡大しています。そして、「知らないうちに自分のツイートにも投げ銭があった。。。」なんていうこともあるそうです。

投げ銭をしてもらえる対応サイトで有名なものをいくつか書いてみたいと思います。

Monappy | Monacoin Portal&Wallet
モナコインの代表的なサイト。まずは登録し、自分専用の「モナコインウォレット」(モナッピーウォレット)を作ってください!

 

Monappy | ピクプレ
Monappy内にある、イラスト投稿専用サイトです。オススメはお題投稿で、お題に沿った作品を投稿すると、お題を出した人が投げ銭を奮発してくれるという、とてもありがたいサイトです。もしモナコインをたくさん持っているのなら、ピクプレに入る多くの絵かきさんたちに自分の好きなキャラクターを書いてもらい、投げ銭をしてあげるのもいいですね!

 

Monappy | メモログ
Monappy内で文章投稿ができる機能を持ったサイトです。ブログのような編集画面で記事を書くことができ、評論のみならず小説や日記などを自作で投稿できます。

この他のMonappyサイト内にもいろいろ投げ銭をしてもらえる場所もたくさんあるので、一度遊びに行ってみてください!

その他

モナコインを賞金にした「Monacoin麻雀」モナコインをTwitter上で送金できる「tipmona」(チップモナ)もあります。チップモナの面白いところは、もともと投げ銭用に作られたサイトなので、少額の送金ができるところです。普段、ほんの少しの気持ちなんだけど・・・というような、「兄弟や親、親しい友人へのお礼」「アーティストや有名人の応援」の時にお役立ちです。

Web通販(パソコンショップ)「Ark Mona」は、テックビューロ株式会社の提供しているサイトで、モナコインを使って決済ができます。決済はZaif Excange経由で行われるため、Zaifのアカウントを持っている人ならZaifから送金すれば、なんと手数料は完全無料でネットワークの認証なしで即時決済が可能です。

このように、モナコインは私たちの生活に直結し、身近に利用できるコインです。

モナコイン(MONA)のデメリット

仮想通貨 デメリット

こんなにも良い点ばかりが目に付くモナコインですが、もれなくデメリットもあるのは事実です。それでは、デメリットと思われる部分を書いていきたいと思います。

マニアの間で終わる?

モナコインは、コミュニティの力がとても大きく、活発であるということは、メリットのところでも書きました。ところが、この裏を返すと「ごく1部の人たちの間のみの人気」で、終わる可能性もあるということです。モナコインのもととなっているライトコインを知名度&普及率ともに超えなければ、これから先の伸びは頭打ちになってしまうかもしれません。

ポイントは海外での知名度アップにかかっているといえます。

Twitterが乗っ取られたら?

モナコインはTwitterと紐づけて保有したり、投げ銭ができたりします。つまり、Twitterアカウントが誰かに乗っ取られてしまったときには大問題になるかもしれません。今のところそのような情報はないので、きっとセキュリティは万全なのだろうと信じておくことにしましょう!

モナコイン(MONA)のリアルタイムチャートと今後の将来性


モナコインの将来性を語る上で大事なことは、「もっと世界に知られる必要がある」ということです。唯一の日本生まれの仮想通貨ということもあり、国内では人気が高いですが、一歩海外に出るとやはり知名度は低いです。。。

モナコインが世界に羽ばたく一助となるシステムに、「投げ銭」があります。これはある意味募金のようなサービスともいえ、海外のお店でモナコインで決済が可能になったり、メイドカフェやアニメが好きな海外の人たちが利用するようになれば、瞬く間に時価総額も上昇していくと思います。

モナコインはコミュニティの力が強く、常にモナコインを盛り上げようと一致団結して取り組んでいるユーザーも多いです。そして、これからはコミュニティみんなの力で、日本のみならず海外でも愛されるコインを目指すことと期待しています。

モナコイン(MONA)が購入できる取引所や買い方

モナコインは下記の取引所で取り扱われています!買い方などは別記事でご紹介していますのでご覧ください!

かそろぐ国内オススメ取引所

※リスク回避のために、複数登録することをオススメします!

国内最大手の安心感と口座開設の早さ
ビットフライヤー

使い方解説記事:bitFlyer(ビットフライヤー)使い方や買い方!口座開設・登録方法!

 

手数料の低さと積立投資
ザイフ

使い方解説記事:Zaif(ザイフ)使い方や買い方!口座開設・登録方法!

 

リップル取引と強固なセキュリティ
ビットバンク

使い方解説記事:bitbank.cc(ビットバンク)使い方や買い方!口座開設/登録方法!

まとめ

モナコインは、国産の仮想通貨で初めて上場されたれっきとした「日本代表」の仮想通貨です。そして、海外でも注目され始めてきていますが、まだまだ認知度が低いのが現状ですね。海外のアニメ系のイベントやサービスなどでももっと使えるようになれば、利用価値も上がって価格も上昇するかもしれませんね。

また、台湾でも上場されるなんて言う話題もチラホラ出ていますが、定かではありません。個人的にも、モナコインはもっと世界中に認知されれば価値も上がるのになーと思います!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です