気になる最新の仮想通貨情報!

ライトコイン(LTC)チャートと今後!購入できる取引所や買い方!

ライトコイン 特徴 メリット デメリット

今回は、仮想通貨のライトコイン(LTC)とは何か?特徴やメリット・デメリット、チャートから見る今後や購入できる取引所や買い方について書いてみたいと思います!

スポンサーリンク

ライトコイン(LTC)とは?

ライトコイン 特徴 メリット デメリット

ライトコインは2009年に公開されたビットコインに影響を受け、2011年10月にCharlie Lee氏により公開された、アルトコインの先駆けと言える仮想通貨です。Lee氏は、Googleの元社員で、ビットコインやイーサリアムに次いで初めてライトコインを扱うようになった最大規模の取引所「Coinbase」の元エンジニアリング責任者です。

ライトコインはビットコインの初期イメージから生まれ、その仕組みを初めて取り入れつつ修正された通貨の1つです。修正された技術の一つにブロックチェーンがあり、「Scryptoプロトコル」を取り入れています。そしてこの変更により、他のコインに乗り移るときに利益を最大化するための調整を不可能にし、ライトコインで大規模マイニングを行えなくすることに成功し、非中央集権型の発展を後押しすることとなりました。

ライトコイン(LTC)の特徴

特徴

ライトコインは全面的にビットコインを基にしていますが、ビットコインとは違った特徴を持っている仮想通貨であることも知っておく必要があります。それでは、ライトコインにはどのような特徴があるのでしょう?

送金処理速度

ライトコイン最大の特徴で、ビットコインの処理速度の1/4である約2分半で、送金を完了してしまいます。ビットコインは送金が約10分かかると言われています。しかし、それでは日常的に利用するには不可能です。もし、コンビニなどで何か商品を買ったとして、支払処理が完了するまで店内で10分位は待機しておかないといけないなんて、あり得ませんよね。それに対応するために開発された仮想通貨がライトコインなのです。

発行通貨枚数

ビットコインの発行通貨枚数は2100万枚であるのに対し、ライトコインは8400万枚と約4倍もの量となっています。そのため、市場に出回る枚数も多く、単位通貨当たりの価格はビットコインよりも安くなっていますが、多くの人々の日常生活での需要にこたえられる通貨ということもあり、とても人気が高くなっています。

マイニングシステムが簡単

ビットコインのマイニングは、とても複雑で膨大な計算を莫大な速度で並列的に計算していくことが求められます。ところがライトコインはビットコインの採用している「SHA-256」というアルゴリズムではなく、「Scrypt」というものを採用しているので、今までできなかった普通のPCでマイニングに参加することが可能になりました。そして、1ブロック生成にかかる時間も約10分から約2.5分となり、ビットコインより素早く処理されるようになり、人々の期待に応えられる通貨となりました。

そればかりではなく、一般的なPCでマイニングができるようになったことにより、ビットコインのように一部のお金持ちのマイナーだけが独占し、マイニングを行うことやマイナーとしての決定権を持てなくなりました。その結果、非中央集権型の仕組みを整えることに成功しました。

ライトコイン(LTC)のメリット

仮想通貨 メリット

ビットコインの悪いところを良いところに換えることに成功したライトコイン。そんなライトコインの他のメリットはどんな部分にあるのでしょう?

二重払いの防止

2017年5月11日に「Segwit」(セグウィット)のアクティベート(ライセンス認証)を完了することにより、取引量の増大とともに生まれた承認待ちの現象が減り、しかも承認待ちの間に行われる攻撃「二重支払い」に強くなりました。Segwitとは、取引履歴を圧縮することで、データ容量を少なくする処理のことです。

Segwitの導入を実現するには、ビットコインで95%ライトコインでは75%のセグウィット対応のコンピューターをマイナーが用意しないといけません。そのため、コスト面や手数料の減少によるマイナーへのデメリットが多く、なかなか実現できませんでした。

開発チームが活発

ライトコインの開発チームは問題改善やサービス向上のために取り組む姿勢が高く評価されています。そのため、開発の進むスピードも速く、ユーザーや投資家からの期待も多大なものです。ビットコインは開発者がわからないですが、ライトコインは誰が開発したかがわかっているのみならず、開発者自身が献身的に携わっているという点でも信頼性や透明性が高く、安心して購入できる仮想通貨です。そして、開発者であるチャーリー・リー氏が明確な方針のもと開発を行っているため、他の多数の人たちの同意を必要とする仮想通貨より早く新機能を実装できるという点もメリットです。

開発チームはありますが、ライトコインを管理する団体や組織は存在しません。ビットコインと同じように、不特定多数のマイニングを行うマイナー達はいます。そのマイニングに参加している人たちがライトコインのブロックチェーンを作り、処理を行っています。ですから、銀行や政府の意向に左右されない「中央集権的ではない」仮想通貨ということになります。

決済用としての仮想通貨

そもそもライトコインが開発された目的は、「決済用のコインとしての活用」にあります。ですから、日常生活での商品やサービスを購入したときに支払うといった、単純な支払いのときに利用されることが一番の役割です。そのことから、イーサリアムやリップルのように、「システムや機能」を売りにしている仮想通貨とは全く違うものと言えます。

スポンサーリンク

ライトコイン(LTC)のデメリット

仮想通貨 デメリット

ビットコインを基にして作られたライトコイン、デメリットはビットコインと同じ部分にあるのでしょうか?

ハッキング攻撃されると弱い可能性が

承認時間が短い事や決済スピードが速いことはライトコインにとって、とても大きなメリットです。しかし、これがデメリットになることもあります。何度も書きますが、決済スピードが速いということは承認スピードが短いということに直結します。そうなると、「承認時に細かい部分を見逃すことにつながるのではないか」と予測されています。つまり、決済スピードが早いということは、マイニングの難易度も低いということになり、ハッキングのレベルも低くてもできるということになります。

そして、もう1つ言われていることが、ライトコインの暗号化方式の「Scrypt」という「ハッシュ関数」を用いた方式です。仮想通貨でハッシュ関数を用いた例があまりなく、セキュリティ面での強さがよくわかっていない点もデメリットとして挙げられます。

データの巨大化による影響

承認時間が短くで済むということは、たくさんのブロックがつながっているということです。それによりデータが巨大化してパンクしてしまい他の仮想通貨と同様、データ処理の速度が落ち、本来の目的からは逸脱してしまう可能性があります。

2017年12月末に開発者のチャーリー・リー氏は手持ちのライトコインを全部売却&寄付したと発表しました。

引用:reddit.com

安心してください!彼は、ライトコインの成長のために一石を投じたのであって、ライトコインを今後どうこうするという予定での行動ではありません。開発者としてあれこれライトコインについていうと、あらぬ誤解を生むため、ライトコインとは距離を置き、開発に専念するということです。

このことにより、デメリットと考えられている、「データの巨大化による様々な影響」の解消につながるのではないでしょうか?

「Scrypt」の弱点が発見された

ビットコインで用いられていたアルゴリズム「SHA256」では、高度なマイニング能力や高額な電気代を必要とするため、それを解消するために「Scrypt」が開発されました。しかし、最近では専用の機器を使うことで、このライトコイン用に開発されたアルゴリズムで作られた暗号をとても効率よくマイニングすることが可能になってしまいました。そのためせっかくの「Pow」が破綻してしまう可能性が高くなっています。専用の機器はAmazonでも販売されており、手軽に手に入れられるようになっていることがわかります。

ライトコイン(LTC)のリアルタイムチャートと今後の将来性


ライトコインは中国でとても人気のある仮想通貨です。そして、ライトコインの将来は開発者の「チャーリー・リー氏」にかかっていると言っても過言ではありません。彼がもし開発をやめてしまったら、ライトコインは発展しないばかりではなく、存在自体もなくなってしまうかもしれません。

将来的にビットコインとライトコインが相互交換できるようになる可能性も高く、それこそがライトコインの開発の意義とも言えます。ライトコインはビットコインよりも実用性を重視して作られました。

チャーリー・リー氏は、ライトコインを自分で持つのではなく、自分はライトコインの開発に集中すると宣言しました。そのことで、市場に安心感が生まれ、様々な決済手段として普及するばかりではなく、海外の取引所への送金手段としても広く採用される可能性が高まっています。

そんな中、スターバックスのハワード・シュルツ会長は仮想通貨を店舗の決済手段に導入することを前向きに検討していると発表しました。しかも、ビットコイン以外の仮想通貨と明言しています。このことにより、スターバックスの会長さんはライトコインを検討しているのではないかとひそかにささやかれているのです。

ライトコイン(LTC)が購入できる取引所や買い方

ライトコインはビットフライヤービットバンクで購入できます!まだ口座開設してない方は開設しておきましょう!それぞれの買い方なども記事にしましたので見てみてください!※リスク回避のために、複数登録することをオススメします!

bitFlyer(ビットフライヤー)使い方や買い方!口座開設・登録方法!

bitbank.cc(ビットバンク)使い方や買い方!口座開設/登録方法!

その他国内オススメ取引所

手数料の低さと積立投資
ザイフ

使い方解説記事:Zaif(ザイフ)使い方や買い方!口座開設・登録方法!

まとめ

ライトコインは開発者のチャーリー・リー氏が責任をもって仮想通貨に携わっています。直近で発表されたことによると、ライトコインに「匿名取引機能を追加」する予定にしているということです。

2019年はライトコインのマイニングの半減期に当たります。基本的にはマイニング報酬が半減すると価格は高騰するのが通常です。2018年にライトコインのみが暴落するという可能性はあまりかんがえられないので、比較的今後も価格上昇が見込める仮想通貨と言えるのではないでしょうか?

これからもライトコインのみならず、創始者のチャーリー・リー氏の動向にも注目していく必要があります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です