気になる最新の仮想通貨情報!

ダッシュ(DASH)チャートと今後!購入できる取引所や買い方!

ダッシュ DASH 特徴 メリット デメリット

今回は、仮想通貨のダッシュ(DASH)とは何か?特徴やメリット・デメリット、チャートから見る今後や購入できる取引所や買い方について書いてみたいと思います!

スポンサーリンク

ダッシュ(DASH)とは?

2014年7月に公開されたデジタル仮想通貨で、元々「ダークコイン(Darkcoin)」という名前がついていました。その後2015年5月に改名され、「ダッシュコイン」となりました。システムはビットコインと同じ「Pow」です。

ビットコインにはない匿名性や迅速な取引を可能することを目的として開発された仮想通貨で、チャリティーや即時での支払いなどに使われています。

開発者は「Evan Duffield」(エヴァン・ダッフィールド)氏で、「DASHFOUNPATLON」という企業で働いておられるようですが、詳しい情報は不明です。

ダッシュ(DASH)の特徴

特徴

ダッシュは匿名性の高さと承認の速さを売りにした仮想通貨です。そんなダッシュの特徴について書いていきたいと思います。

プライベートセンド=Darksend(ダークセンド)

プライベートセンドとは、ダッシュの特徴としてとても重要な要素の「匿名性が高い」というポイントを支えている機能です。「コインミキシング」という手法が用いられており、DASHを送受信するときに「管理ノード」で受信したコインをシャッフルして受信者に送る方法で、これを「Coinjoin(コインジョイン)方式」と言います。

この方法を使うことにより、様々な送信者のコインを混ぜてわからなくしてから受信者へ送金されるので、履歴を外部から確認できません。つまり、ビットコインのように「1体1」ではなく「複数対複数」の形をとっています。これによりダッシュはビットコインよりも高い匿名性を保証しているのです。

マスターノード

マスターノードの権利は、1000DASH以上を担保し、さらに24時間ずっとサーバーを動かし続けると言った条件をクリアすることで得られます。そして、マスターノードになると、承認作業を行う代わりに「手数料の45%」(ブロック報酬の45%)をマスターノード同士で分け合うことができ、これがマイニング報酬として支払われます。

ダッシュでは、最初から認証作業用のコンピューター(マスターノード)が決まっているので、高速取引が実現できるのです。

また、マスターノードは取引の承認以外に分散型の「ガバナンス投票」など、ダッシュに関する意思決定を決めるための議決権も与えられています。分散型のガバナンス投票とは、開発の方向性や資金調達などの意思決定を決めるための投票のことを指しています。

「Instant Send」(インスタントセンド)

インスタントセンドとは、仮想通貨の承認作業の「マスター」と呼ばれるマスターノードを選び、承認作業を任せることにより、速い承認作業を確保する仕組みのことです。このマスターノードは「P2P」の分散型コンピューターの中からランダムに選ばれます。インスタントセンドは元々、「InstantX」(インスタントエックス)という名前がついていましたが、2016年6月に変更されました。

ダッシュ(DASH)のメリット

仮想通貨 メリット

仮想通貨にはマイニングの「半減期」があり、その時期は通貨によってバラバラです。例えば、ビットコインやライトコインでは4年に1度半減期が来ると決まっていますが、ダッシュには半減期はありません。そんなダッシュのメリットはどんなところにあるのでしょう?

承認スピードがとても速い

「ダッシュの取引処理は1秒未満で完了する」

引用:dash.org

これは、ダッシュの公式サイトに書かれている言葉です。

ビットコインは承認作業に10分かかるので、ここに早いと言われる由縁があります。しかし、承認スピードが速いということは、セキュリティ面に対する不安があるという可能性も否定できません。そして、この圧倒的な取引速度から、「DASH」という名前が付けられました。

1秒間に28回の取引処理を誇っています!

新しいことに挑戦!

ダッシュはデジタル仮想通貨の世界では前代未聞ともいわれる、「実社会で使われているデジタル通貨や決済方法を、将来採用できるようにするためのプロジェクトに直接投資をする」という新しい取り組みを始めました。

手始めとしてダッシュは、2017年11月27日ジンバブエの決済サービス「KuvaCash」との共同決済システムに約6240万円($550.000)投資しました。これにより2018年にはジンバブエでSMSが送信可能な携帯電話を持っている人はダッシュの購入やダッシュでの即時決済が使えるようになります。ダッシュのこれらの取り組みが成功すると、世界で初めての「異民族間での国家支持、デジタル通貨での経済成長」を巻き起こす可能性があります。

そして、様々な国でダッシュが広く使われることになると、仮想通貨第三位の「イーサリアム」をも超える可能性もあります。さらにダッシュは現実社会への応用が可能な唯一の分散化デジタル通貨のブロックチェーンを実装しているため、世界中の人々の投資意欲に働きかけ、注目を集めることができるばかりではなく、もし多くの人たちがダッシュに集まったとしても、最終目標として「1秒に数千もの取引処理を可能にする計画」を立てているため、実社会で一番利用できるデジタル通貨と言っても過言ではありません。

参考:oracletimes.com

コミュニティが活発

ダッシュはコミュニティがとても大きく、活発に活動しています。そのため情報の流通量も多く、利用者も多いことで知られています。そして、アメリカでは決済手段として既に取り入れているところもあるので、これからもどんどん生活になじんでいく可能性を秘めています。なんと海外ではダッシュコインで支払いができる「自動販売機」が登場しています。飲み物の支払いには、自動販売機に記載される送金アドレスに送金するだけで完了し、もし金額が間違っても返金されるシステムになっているので安心して利用ができます。

公式ウォレットがアップルストアでリリース

ダッシュは匿名性が高い仮想通貨なので、犯罪に巻き込まれる可能性が高く、何度もアップルの審査で不合格でした。ところが、ついにリリースされました!アップル社から公式に承認をもらえたということは、ダッシュという仮想通貨に対し、安全性をアップルが認めたというとらえ方をするユーザーの多く、その結果ダッシュの価値を上げることにつながりました。

スポンサーリンク

この他にも、2017年9月にロンドンの取引所「CEX.IO」にダッシュが上場されました。CEX.IOは、銀行口座から直接オンラインで売買でき、クレジットやデビットカードでも暗号通貨の購入が可能な大手の取引所です。このように世界各国で上場されているダッシュの今後の値動きにも注目していきたいですね。

ダッシュ(DASH)のデメリット

仮想通貨 デメリット

世界ではダッシュでAmazonの15%オフ分のギフトカードが購入できたり、2016年1月には暗号通過専用のATMを提供している企業「Lamassu社」との業務提携が発表されました。このように、ダッシュの勢いは弱まるところを知りません。そんなダッシュにデメリットはあるのでしょうか?

匿名性の高さによるリスク

ダッシュの特徴でもある「匿名性の高さ」が、デメリットになる可能性があります。匿名性が高いということは、テロ組織の資金源やハッカーのターゲットになり、マネーロンダリング(資金洗浄)で利用される確率が高いのではないかと懸念されています。つまり、お金の流れが追えなくなるばかりではなく、悪い人たちの足がつかないということです。

個人情報を守る代わりに、犯罪者の個人情報も守ってしまうという悪循環になりかねません。そのため不正行為に対しては、国ごとの規制を検討していく必要があります。

また、根本的に仮想通貨における「匿名性」とは、送金元、送金先、送金情報が隠されているかが基準となります。ところが、ダッシュの匿名性は送金先と送金元がつながらないだけで、いくつかのトランザクションを様々な人が同時に行う決済でまとめる方法なので、匿名性は特に強いとは言い難いです。

そこまで認知度が上がっていない

ダッシュはとても魅力的な機能が備わった仮想通貨です。しかし、ビットコインやリップル、イーサリアムと比べるとまだまだ知られていません。将来的に今展開されている新しい取り組みが、より世界中で広まり、ビットコインのように支払い決済として利用されるようになると、より認知度がアップし、メジャーな仮想通貨になる可能性は十分にあります。

ダークマーケット

ダークマーケットとは、武器や違法な薬物などを販売するサイトです。そのサイトでダッシュが使われているのが現状です。そのため、国や政府が規制に乗り出す可能性も高く、もし規制が入れば一般の人々は手に入れられない、「幻のダッシュ」になってしまい、アンダーグラウンドでの取引の対象となり、ダークマーケットでのみ使用され、価値がとても上がることは目に見えています。

ですから、このような匿名性の高い仮想通貨はより慎重に扱う必要が求められています。また、銀行や金融機関など、絶対に個人情報を漏らすことのできない企業からのオファーが多いことも確かです。その点から考えても、匿名性のある仮想通貨の将来は、開発者側の対応により明暗が分かれやすいといえます。

ダッシュ(DASH)のリアルタイムチャートと今後の将来性


ダッシュは今後も様々な実装をし、「未来のダッシュ計画」を予定しています。その中でも「DASH EVOLUTION」と「携帯電話での即時決済」が話題として出ています。

DASH EVOLUTIONは、ダッシュウォレットのリニューアルで、それに伴いメールアドレスを使って招待できるようになると言われています。しかし、まだ誰を誘うのか発表されていないので、楽しみな側面もあります。

また、ダッシュは携帯電話による決済システムも考えており、2017年にはまずアフリカで価値を生み出し、2018年にはジンバブエで携帯による支払いが可能になると言われています。

引用:Dash (DASH) – Trebling In Value & Making Waves in Africa

ダッシュ(DASH)が購入できる取引所や買い方

ダッシュはコインチェックで取り扱われていましたが、今後どうなるか分かりません。現状は海外の取引所でしか購入できません。海外の取引所で購入するにはまず、国内の取引所に登録してBTC等を購入し送金する必要がありますので、まだ登録してない方は登録しておきましょう!※リスク回避のために、複数登録しておくことをオススメします!

かそろぐ国内オススメ取引所

国内最大手の安心感と口座開設の早さ
1位 ビットフライヤー

使い方解説記事:bitFlyer(ビットフライヤー)使い方や買い方!口座開設・登録方法!

 

リップル取引と強固なセキュリティ
2位  ビットバンク

使い方解説記事:bitbank.cc(ビットバンク)使い方や買い方!口座開設/登録方法!

 

手数料の低さと積立投資
3位 ザイフ

使い方解説記事:Zaif(ザイフ)使い方や買い方!口座開設・登録方法!

日本の取引所で口座開設したら、ダッシュは海外取引所バイナンスで取り扱ってますので口座開設します!英語で分かりづらいと思いますが、解説記事を書いてみましたので参考にしてみてください!

Bainance(バイナンス)使い方/買い方!口座登録と日本語化方法!

まとめ

日本国内ではまだほとんど流通していないダッシュですが、海外では電子マネーのように支払い決済として使われています。ダッシュの公式HPより、世界中でダッシュを利用できる場所を確認することができます。

参考

ダッシュが使える場所が見れる!zeemaps

近い将来日本でもダッシュが流通する日が来るかもしれません。ですが、ダークマーケットで使われているという事実がある以上、手に入るからと手放しで購入するのではなく、ダッシュがおかれている現実を注視していく必要があると言えるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です