気になる最新の仮想通貨情報!

Google仮想通貨広告禁止で相場への影響は?理由は詐欺ICOか

Google 仮想通貨 広告 禁止 ICO

仮想通貨が2017年に大きく認知されて、引き続き2018年も注目される仮想通貨やICOが続々と出てくる中、あの天下のGoogleが仮想通貨に関する広告を禁止するとの発表をしました。

これを受けて、仮想通貨相場への影響はどうなるのか?その理由はやはり詐欺的なICOやフィッシングなのか??

スポンサーリンク

Googleが仮想通貨広告禁止を発表!理由は詐欺ICOやフィッシングか

Google 仮想通貨 広告 禁止 ICO

仮想通貨が2017年に大きく認知され、2018年もその勢いのまま行くかと思いきや、1月には日本のコインチェックNEM流出事件が起こり相場や日本の仮想通貨業界に大きな影響を与えました。

詳細は上記の記事を読んでもらえれば分かりますので、知らない方は読んでみて下さい!

NEM財団も巻き込んで、NEMの脆弱性も疑われ世界で注目される事件でしたが、今回の一件はコインチェックのセキュリティの脆弱性を突かれた事件でした。コインチェックは仮想通貨事業者として金融庁に登録申請を出していて、みなし仮想通貨事業者として事業を行っていたところに事件が起き、取引所のセキュリティに対してリスクを意識する人が増えましたね。

こうしたリスクは、日本のみならずアメリカでも起こっています。不透明な取引所のリスクのみならず、詐欺的なICO(イニシャル・コイン・オファリング 新規仮想通貨公開)だったり、フィシング詐欺等が一部ですが起こっている現状があります。

アメリカで起こった詐欺的ICO等の事件

一例として、2018年1月にSEC(米証券取引委員会)が、裁判所を通して過去最大レベルの資金調達をしたICOを差止めしたというニュースがありました。

米テキサス州を拠点とするアライズバンクは、700以上の仮想通貨を扱う世界初の分散型銀行を名乗り、ソーシャルメディアや芸能人による推薦などの手法を使い2カ月間で約6億ドルを調達したとされる。同社が実際に6億ドルを調達していた場合、過去最大規模のICOとなる。

引用:日本経済新聞 米証券取引委、最大規模653億円のICO差し止め 

差止め理由は、虚偽の情報で資金調達をしていたとのSECの主張を、裁判所が認めた為。さらに、一部の取引所において不正とみなされるようなリスクがあるとの警告も出しています。

 

さらに、クリプトジャッキングと呼ばれるフィッシング詐欺の様なものも横行しているようです。

ウェブサイトや広告にコードを埋め込むことで、それらを閲覧した人のコンピューターの処理能力をひそかに仮想通貨のマイニング(採掘)に利用するものだ。

引用:THE WALL STREET JOURNAL グーグル、仮想通貨の広告禁止へ

スポンサーリンク

アメリカは仮想通貨市場に対して、かなりのリスクを危惧しています。

Googleが仮想通貨関連広告を禁止

そして、こうした問題の背景として、ICOや取引所関連の広告が大体的に出向され、資金調達などがされていたことも問題視されています。これを重く受け止めたFacebookが1月に仮想通貨関連(正確には仮想通貨を含む「投機的金融商品」)の広告を禁止する規約変更を行い、2018年6月からGoogleも仮想通貨関連の広告を全ての広告プラットフォームで禁止することを発表しました。

これまでに規約違反とされる削除された広告の数は2017年だけでも、なんと32億件以上という途方もない数字・・・そりゃ禁止せざる負えなくなりますね。

このGoogleの仮想通貨関連広告の禁止によって、相場にはどの程度影響が出るのでしょうか?

Google仮想通貨広告禁止による相場への影響

疑問

さて、気になるのはこうした広告が禁止されることによる、相場への影響です。まず、仮想通貨バブルによってユーザーが増えたのは明らかですが、それは広告やCMをバンバン使って集めたことも大きな要因です。今回Googleが広告禁止を発表しましたが、FacebookとGoogleでネット広告の6割以上を占めているのです。

こんな広告シェアの大きな会社が、仮想通貨関連の広告を禁止したらやはりその影響は大きいと、一部のメディアが報道しています。これによってこれまで以上に新規ユーザーの獲得や、本当に素晴らしいICOに対する資金調達が滞ったりする可能性もあると思います。

ですが、広告禁止自体の影響はそれほどないかなとも思っています。

 

どちらかと言えば、世界的に仮想通貨やICOへの規制が強化されたりしている中で、今回の誰もが知っているGoogleという会社が仮想通貨広告禁止がきっかけで、さらなる規制への流れが強まる可能性とそれに対する不安感の方が、相場に対しては大きな影響になると思っています。

その前に、今月19日のG20がありますね。仮想通貨規制に関する内容次第では、大きく下落する可能性もあります。すでに各国規制を検討している国もあり、今回は国際的な規制のテンプレ作成がメインとなる模様です。こうした世界的に仮想通貨に対するリスクが、大きなイベントや会社で認知され規制が増えてくると、相場への影響はかなり大きなものになることは容易に予想できます。

なので、こうしたイベントなどを把握しておいて、いざという時のためにリスク管理しておく必要があります。

まとめ

巨大な市場だけに、今後もあらゆる詐欺等が出てくるかもしれません。その時に自分の資金を守れるのは、やはり自分しかいません。

ICOならしっかりとホワイトペーパーを読み、自分で理解できて納得できたら投資してもいいと思います。しかし、あまり大きなお金は注ぎ込まずに、あくまで余剰資金で取引することをおすすめします。精神的余裕も生まれ、冷静に判断もできると思います。

取引所なら特にセキュリティー面を重視し、取引のしやすさも重視すると、人為的ミス減少にもつながりますので参考にしてみて下さい!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です