気になる最新の仮想通貨情報!

アリス(ALIS)とは?チャートと今後!購入できる取引所や買い方!

アリス ALIS  買い方 取引所 今後

今回は、仮想通貨のアリス(ALIS)とは何か?特徴やメリット・デメリット、チャートから見る今後や購入できる取引所や買い方について書いてみたいと思います!

スポンサーリンク

アリス(ALIS)とは?

アリスは、2017年8月19日に日本のプロジェクトとして公開された仮想通貨ですが、なぜか国内の取引所では扱われていません。海外の取引所では購入が可能です。アリスの目的は、既存のソーシャルメディアプラットフォームではほとんど不可能だった、良質または探したい記事を求めているユーザーと、求められる記事を提供しているユーザーを繋ぐためのシステムです。つまり、アリスは「次世代の検索エンジン」ともいえます。

そもそもアリスの始まりは、アリスのコアメンバーの一人である「石井壮太さん」がスチームのサービスを実際に体験したことです。スチームとはアリスと同じように、投稿者が評価によってトークンを受け取れるブログ(SNS)サービスで、この仕組みを基にして、スチームの欠点と思われる部分を改善してアリスの構想とされたようです。

 

そして今や、日本初のブロックチェーン技術を用いたソーシャルメディアプラットフォームを開発するためのプロジェクトとして、注目を浴びています。アリスは日本のプロジェクトであるため、ホワイトペーパーももちろん日本語版があります。

アリスの開発チームのメンバーはほとんどが日本人で、公式サイトには中心メンバーの経歴&顔写真が載っています。もちろんロードマップも公開されており、プロジェクトの説明もすべて日本語で行われているため、日本人にもわかりやすく、透明性の高いプロジェクトと評価できます。アリスの開発状況については現在進行形で、その開発の様子や状況は公式Twitterで確認できます。

アリス(ALIS)の特徴

特徴

広告のない、綺麗でスッキリとしたブログやサイトは読み手が読みやすいばかりではなく、書き手の手間も省けますが、何せ広告を載せないと収入にならないという悪循環が生まれています。そんな面倒なことを取っ払っても収入につなげようという取り組みがアリスを成長させています。

良質な記事の発掘&記事の執筆

アリスは、執筆者(記事を書く人)と閲覧者(読者)の両方が報酬として「アリストークン」をもらえる仕組みにすることにより、ハイクォリティなコンテンツと信頼のおける執筆者をマッチングさせる環境を作り出したいと考えています。

アリス内で記事(コンテンツ)をアップした人は、読者が役に立つ良質な記事だと評価し、多くの支持を集めることで報酬を受け取ることができます。その一方で、記事を評価する立場の読者も、良質な記事をいち早く発掘したということで、報酬がもらえます。

良質な記事かどうかを判断するのには「いいね!」の数が採用されています。そして、「いいね」した人の信頼度でも評価が変わり、信頼されたユーザーから「いいね」されれば、それだけ記事の評価も上がるというシステムを取り入れています。

その結果、アリス内の記事は良質なものばかりというイメージが定着し、ますますアリスを使用する人たちが集まってきやすくなるというメリットもあります。

アリスプラットフォームに人が集まるほど良い

アリス内の記事が良質なものでいっぱいになり、アリスプラットフォーム自体が評価されると、アリストークンの価値もおのずと上がってきます。そうなることで、アリスで記事を投稿する人にも記事を見つけた人にも、それだけ多く還元されることになります。

つまり、アリスプラットフォームに人が集まり、盛り上がれば盛り上がるほどみんなに還元される仕組みになっているのです。

低コストなのに信頼は厚く高報酬

アリスはブロックチェーン技術が使われているので、不正や改ざんができなくなっています。そのため、効率的かつ平等に報酬を分配できるばかりではなく、データの信頼性が保証され、かつ低いコストでシステムの実現が可能になっています。

そして、人が集まれば集まるほどお互いにもらえる報酬もアップしていく仕組みになっています。

アリス(ALIS)のメリット

仮想通貨 メリット

アリスと一言で言っても、実際の「アリス」には2つの意味があります。1つ目は、プロジェクトとしてのアリス。そして2つ目は仮想通貨(トークン)の単位としてのアリスです。では、このような機能のあるアリスのメリットはどこにあるのでしょう?

アリストークンとは、株式会社アリスが発行したトークンのことです。アリスプロジェクトは仮想通貨で資金調達を行っていて、その仮想通貨の単位が「アリストークン」です。

GoogleのSEO対策なんて何のその!

アリスプラットフォームを使うことで便利になる一番のポイントは、調べものをする時などの無駄な情報を簡単に取り除けるというところです。不要な広告や関係のない記事、広告だらけのページは信頼できる情報とは言い難く、読み進めるのもイライラします。

もし「信頼できる情報」と評価されている記事に簡単にたどり着けたら、検索するのに費やす多くの時間を節約でき、知りたい情報が簡単に手に入ります。

広告はいりません

記事を投稿する側は、今までは報酬を得るために広告をたくさん貼っていました。ところが、アリスではおのずと報酬をもらえるため、不要な広告を設置すること自体が無意味になります。では、一体どれくらい報酬がもらえるのでしょうか?

現在のトークンの価値で言うと、年間に配布されるトークンはおよそ2億5000万円で、この金額をユーザー全員で分けることになります。そして、このトークンの金額はアリスのプラットフォームが評価されればされるほど上昇していくので、是非皆さんで参加しましょう!

スチームとアリス

アリスはスチームの良いとこどりをして生まれた仮想通貨です。スチーム(STEEM)は2016年4月に公開されました。スチームはソーシャルメディアのコンセプトと暗号通貨の特徴を組み合わせたもので、最大の特徴はブロックチェーンを利用したSNSのプラットフォームであるという点です。

そして、ブロックチェーンにデータを記録していくため、SNS運営会社のシステム障害でコンテンツが見られなくなることもありませんし、一度投稿されたコンテンツは消えることもありません。また、スチームプラットフォーム(Steemit)を利用することで、SNS上のコンテンツ制作者や読者が収益を上げられる仕組みも作られています。

このSteemitのSNS上ではコンテンツの投稿やコメントなどのリアクションが投票ででき、その行動に対する報酬として仮想通貨のSTEEMがもらえます。つまり、Facebookに例えると、近況をアップしたり友達のコメントに投稿したりするだけでお金が溜まっていくということです。

この仕組みを取り入れ、アリスは開発されました。つまり、スチームとアリスは兄弟と言っても過言ではありません。

スポンサーリンク

アリス(ALIS)のデメリット

仮想通貨 デメリット

アリスはある意味、利用すればするほどお金が生まれる仮想通貨です。そんなアリスのデメリットはあるのでしょうか?

インフルエンサーばかりが得をする可能性がある

もともと知名度の高い人(インフルエンサー)がアリスプラットフォーム上で記事を書くと、おのずと「いいね」が集まりやすくなります。そして、様々な人からいいねがもらえ、信頼度の高いユーザーになり、お金の流れもインフルエンサー中心ということになりかねません。

そして、いつも同じ人からのいいねしかもらえない人は、信頼度スコアが低くなり、還元ポイントも低くなってしまいます。これは、新規ユーザーの獲得や市場拡大の妨げになる可能性があるばかりではなく、アリスの発展という面においてもマイナスになる可能性が高くなります。

その意味で、アリスで良質な記事かどうかの正当な評価がなされているかについては、平等に正当な評価が行われるとは限らないという現実があります。そして、この信頼度という制度は、当然長い時間をかけられる人ほど高くなりやすいうえに、トークン保有量(信頼度)はお金で解決できてしまう部分もあるからです。

中央集権的

アリスの信頼度の高い人は、ある程度お金で解決できる財力を持ち、インフルエンサーであることが条件になることは、もうわかってもらえたと思います。つまり、本当に良質な記事が評価が高くなるのではなく、適当な記事を書いてもインフルエンサーというだけで評価が高くなる可能性があります。

そして、そのような評価の高いインフルエンサーが選んだ記事はおのずと高い評価になっていきます。つまり、お金をかけて評価の高い人を何人か作り、その人たちがお互いに協力すると、記事の選定が自分たちの思いのままになってしまう可能性を秘めています。

そして、ある意味ビットコインの51%問題のように、アリスも特定の人たちによってのみ評価されるようになってしまう恐れもぬぐい切れません。

生まれて間もない

アリスはまだ進行中のプロジェクトで、生まれて間もないまだ成長途中の仮想通貨です。スチームの良いとこどりをしているとはいえ、アリス独自のシステムも少なからず取り入れています。その点から考えても、スムーズに進む面と進まない面両方が出てくる可能性があります。

様々な問題に直面した時にどのように素早く対処できるか、または新しく実装するシステムを構築できるかがアリスの将来を占う側面はぬぐえません。逆に言えば、それだけ夢のある仮想通貨と言っても過言ではありません。

アリス(ALIS)のチャートと今後の将来性

アリス ALIS チャート出典:Cryptopia(クリプトピア)

アリスの公式ホームページに、アリスの開発の進み具合がその都度詳しく書いてあり、それによると、2018年10月にはアリスのサービスが開始される予定とのことです。

アリスの予定

①2017年9月1日ICO調達開始
②2017年9月29日ICO調達完了&プロジェクトメンバーの採用開始
③2018年4月β版の提供開始
④2018年10月正式サービスの提供開始

最近の話題では、2018年1月20日に、アリスの日本人アンバサダーの発表がありました。


みなさん、Twitter界では有名な方たちです!

また、2017年12月23日に行われた東京の「アリスミートアップ」で、アリスのスマホ版デザインモックアップが公開されました。このことから、プロジェクトは順調に進んでいるとわかります。アリスはブロガーにとって、夢のある仮想通貨です。もちろん応援している人たちもたくさんいます。これからますますコミュニティの方たちも増えていくことでしょう!アリスは海外の取引所ではすでに上場されています。国内の取引所で上場されるのも時間の問題です!

アリス(ALIS)が購入できる取引所や買い方

アリスは日本の取引所では取り扱ってない、日本円での購入ができないため、まずは日本の取引所でBTC・LTC等を購入する必要がありますので、まだ登録してない方は登録しておきましょう!※取引所はリスク回避のために複数登録しておくことをオススメします。

かそろぐオススメ取引所

国内最大手の安心感と口座開設の早さ
1位 ビットフライヤー

使い方解説記事:bitFlyer(ビットフライヤー)使い方や買い方!口座開設・登録方法!

 

リップル取引と強固なセキュリティ
2位  ビットバンク

使い方解説記事:bitbank.cc(ビットバンク)使い方や買い方!口座開設/登録方法!

 

手数料の低さと積立投資
3位 ザイフ

使い方解説記事:Zaif(ザイフ)使い方や買い方!口座開設・登録方法!

日本の取引所で口座開設したら、次は海外取引所クリプトピアに口座開設します!英語で分かりづらいと思いますが、解説記事を書いてみましたので参考にしてみてください!
Cryptopia(クリプトピア)使い方/買い方!口座登録方法!

まとめ

アリスが行おうとしていることは、とても壮大なプロジェクトで、ある意味Googleにとって代わる検索エンジンを作ってしまうということとも考えられます。アリスの広告に頼らず、良質な記事を発見するという案はとても新鮮で画期的なもので、これから先世間の人たちにどれだけ受け入れられるかが大きな課題になることは間違いありません。

もし、受け入れられるまでに時間がかかり、アリスの資金が底をついてしまい根本的に開発自体ができなくなるなんてことのないように、アリスの開発に関わっているみなさんには頑張ってもらいたいと思います。

そして、アリスを買ってみようと思っている人は、是非短期保有ではなく、長期保有で様子を見つつ応援してもらえたらと思います。日本発の仮想通貨なので、是非「モナコイン」ともども世界に羽ばたいていってもらいたいです!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です