気になる最新の仮想通貨情報!

リップル高騰はいつ!?MUFG(三菱UFJ)コインのメリットや買い方!

日本のメガバンクである三菱UFJ銀行のMUFGコインにはどんなメリットがあり、買い方はどうすればいいのか?さらに、三菱UFJは2018年からの海外送金にリップルを利用するということで、リップルの価値はいつ暴騰するのかも調べてみました!

スポンサーリンク

2018年 かそろぐ登録数ランキング 総合おすすめ度&安心度
強固なセキュリティとリップル取引
1位 ビットバンク
🌟🌟🌟🌟🌟🌟
手数料の低さと積立投資
2位ザイフ

🌟🌟🌟🌟🌟
国内最大手の安心と口座開設の早さ
3位 ビットフライヤー

🌟🌟🌟🌟

MUFGコインとは?

MUFGコイン

日本の大手メガバンクである三菱UFJ銀行が、ブロックチェーン技術を利用して作るのが仮想通貨がMUFGコインです!

ブロックチェーン ハードフォーク
ブロックチェーン&ハードフォークとは?分かりやすく解説!

現状ではこのMUFGコインの価値は1MUFG=1円固定と発表されていて、投資目的ではあまり価値はなく、あくまでキャッシュレス化に取り組むという目的が大きいようですね。すでに、実証実験が三菱UFJ本社内のコンビニで行われているとのことで、実用化に向けて実験段階であることが分かっています。

東京・丸の内の同社本部ビル内にあるコンビニエンスストアで今週から実験を開始。夕方の一部時間帯でMUFGコインでの支払いに対応するレジを設けた。利用者のスマートフォンに表示されたQRコードを店員がタブレットで読み取ることによりコインでの支払いを完了する。

同社では昨年から約1500人の社員がMUFGコインの実証実験に参加。飲み代の割り勘など同僚の間でのおカネのやり取りに使われている。商品の購買にコインを使うのは今回の実験が初めてとなる。同じビル内にあるカフェでも同様の取り組みを始めている。

引用:DIAMOND online

 

詳細な実用化の時期については、まだ広報から発表はされていませんが、2018年中にはなんらかの形はでき上がると思います。

しかし、このMUFGコインが実用化されて認知され広がれば、まさにキャッシュレス化が大きく進む可能性があります。メガバンクがこうした仮想通貨(正確には仮想通貨というよりは電子マネーに近いコインです)への参入を次々にしているってことは、そうした未来が近づいている証拠なのかもしれません。

すでに、電車料金の支払いはSuicaなどの電子マネーでの支払いが主流になってきていますし、実際に使うとかなり便利ですよね。

 

2018年に入ってからも大手企業が次々と仮想通貨市場に参入を表明しています。

スポンサーリンク

Yahooがビットアルゴで仮想通貨参入!2018今後はどうなる?

MUFG(三菱UFJ)コインのメリットやデメリット、買い方!

メリット デメリット

まず、買い方ですがまだ実用化されていないので、当然買えません(笑)買えるようになったらまた追記します。

三菱UFJは2018年中には、独自で管理する仮想通貨取引所を作ると発表しています。

三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は、独自に開発中の仮想通貨「MUFGコイン」を発行するため、新たな取引所を開設する方針を決めた。取引所を自ら管理することでコインの価格の変動を抑え、安定的に決済や送金に使えるようにする。邦銀による仮想通貨の発行や取引所開設は初めてで、2018年度中の実現を目指す。

引用:毎日新聞

ですから、買い方としてはこの取引所を介して購入することになります。詳細な時期についてはまだ具体的な情報はありません。

コインチェックの件で、金融庁もかなり事業者登録に関して厳しくなっていると思うので、三菱UFJといえども、仮想通貨参入は初なので登録に手間取る可能性もありますが、個人的には期待して待ちたいと思います!

 

次にMUFGコインのメリットとデメリットについて考えてみました。

MUFGコインのメリット1 信用

MUFGコインのメリットですが、これはやはりメガバンクのコインだという「信用」が大きなメリットでしょう。

仮想通貨、法定通貨でも言えることですが、やはり信用が大切です。法定通貨では国という大きな信用の元、その価値が成り立っています。もし、日本が破綻すれば円は価値が無くなりますね。でも、日本という国が無くなる(可能性は0じゃないけども)ことは、まず考えられません。なので、価値が存在します。

どんなに煽ったとしても、それを発行する企業に信用がなければ買う気にもなりません。さらに、信用できるだけの実績や資本があり、基盤がしっかりしているという点では、メガバンクなので問題はないと思います。

MUFGコインのメリット2 価格固定

さらに、レートが1FUFG=1円と固定されていること。これまでの仮想通貨では市場の売買状況や、仮想通貨関連のニュースにより大きな価格変動のリスクがありましたが、MUFGコインではあくまでキャッシュレス化の為のコインということで、投資目的での価格の上下の心配はなさそうです。

MUFGコインのメリット3 手軽な決済

MUFGコインでは、スマホを利用した簡単決済ができることです。これは他の仮想通貨や電子マネーでも言えることですが、他の仮想通貨との違いはやはり信用が大きく価格変動が少ないことですね。

今後、こうしてスマホで簡単決済できる仮想通貨が、もっと増えてきて普及すればスマホが財布になり、まさにスマートな時代がやってくるでしょう!

MUFGコインのデメリット1 破綻

これはどの取引所や会社でも言えますが、法定通貨とは違うので当然破綻の可能性も0じゃないのです。例えそれがメガバンクであろうとも何が起こるか分かりません。

MUFGコインのデメリット2 海外で使えない

日本の銀行である三菱UFJが発行する国内限定の仮想通貨なので、日本円には対応しますが、海外で使用する場合にはその国の通貨で支払うか、対応している仮想通貨でしか支払いができません。

しかし、三菱UFJは海外に支店や現地法人が存在します。今後、開発が進むに連れて海外での決済も可能になるでしょう。

三菱UFJ 海外 MUFGコイン出典:MUFG

その、海外決済のカギを握るのはリップル(XRP)と言われています。リップルの送金技術を利用することで、海外送金も簡単にできるようにするという方針を以前発表しました。

リップルが2018年に高騰する!?

NEM 高騰 カタパルト

三菱UFJが発表したリップルの送金技術を利用して海外送金するという話が、2017年に発表されましたが、その時にリップルは一時的にですが高騰しました。リップルの特徴としては送金スピードの速さと、手数料の安さが挙げられますし、リップルなら全世界共通の通貨として使用できますね。

リップル 特徴 メリット デメリット
リップル(XRP)とは?チャートと今後!購入できる取引所や買い方!

つまり、海外送金に関してこれまでのデメリットだった部分、送金の遅さと手数料の高さが一気に解消されることになり、普及すればリップルの価値が高騰することが予想されます。

なので、2018年中にも三菱UFJが国際送金にリップル技術を取り扱い始めたら、リップル高騰の可能性が高いかなと思います。

とりあえず、続報を待ちましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です