気になる最新の仮想通貨情報!

ビットコインキャッシュハードフォークで5月高騰!?webbot予想!

ビットコインキャッシュ ハードフォーク 5月 高騰 webbot 予想

今回は、ビットコインキャッシュのハードフォークについて書いてみたいと思います。5月にハードフォークが行われるとのことで、高騰する可能性が浮上!さらにあのwebbotも予想していたようです!

スポンサーリンク

2018年 かそろぐ登録数ランキング 総合おすすめ度&安心度
強固なセキュリティとリップル取引
1位 ビットバンク
🌟🌟🌟🌟🌟🌟
手数料の低さと積立投資
2位ザイフ

🌟🌟🌟🌟🌟
国内最大手の安心と口座開設の早さ
3位 ビットフライヤー

🌟🌟🌟🌟

ビットコインキャッシュハードフォーク決定!

ビットコインキャッシュが5月15日にハードフォークを行うことが、ビットコインABCでフルノードの開発者としても有名な「Amaury Sechet氏」により発表されました。そのハードフォークの内容は、いくつかの修正とともに、より大きなブロックサイズへの増加を計画していることが明らかになりました。

Bitcoin Cashネットワークは、2018年5月15日にコンセンサスルールをアップグレードする予定です。Bitcoin Cash開発コミュニティは、ネットワークを発展させるために定期的かつ定期的なネットワークアップグレードを行います。

引用:BitcoinABC

追加予定の2機能

今回の発表で、新たにビットコインキャッシュに追加される機能は2種類あることがわかりました。それは、即時認証とスケーリングで、なんと新フォーク後はブロックサイズが32MB(ビットコインは1MB)にも増加し、さらにトランザクションの量とスピードが向上することが発表されました。

スケーリングのための今回の変更により、「Paypalのような支払いボリューム」を目指し、さらに「イーサリアムのような特徴」(9種類のオペコード再アクティブの特徴の、基礎的なスマートコントラクト)を導入するために、運用のコードも書き直され追加されることがわかっています。

そしてさらに、Bitcoin ABCの開発者たちは、ビットコインアンリミテッドとビットコインエックスが、ビットコインキャッシュの今回のハードフォークに合わせて、クライアントソフトウェアを更新する予定であることも発表しました。

ハードフォークで高騰するのか!?

前回のビットコインキャッシュのハードフォークは2017年11月14日に行われました。その時はハードフォーク前に価格が高騰し、その後大きく下落しました。理由として考えられることは、ハードフォーク前に急激に価格を伸ばしたことによる高値購入者が、下落すると同時に利益確保や売りに暴走してしまったことにより、大きな下落につながったと考えられています。

スポンサーリンク

しかし、原因はこればかりではありませんでした。韓国で一番大きな取引所を誇る「Bithumb」が、ビットコインキャッシュの取引量の大多数を持っている状態で、マイナー不足によるトランザクションの目詰まりやセキュリティの低下、また手数料のさらなる増加により、取引プラットフォームが停止し、その後暴落を引き起こしました。

 

では、今回のハードフォークはどうなるのでしょう?

2018年4月、BITMAINのジハン・ウー氏が率いている大手マイニングプール「Antpool」が、今回の5月14日に予定されているハードフォークを前にして、ビットキャッシュでマイニングした利益の一部(12%)をバーン(燃やす)していることを公表しました。

これにより、ビットコインキャッシュの全体の流通量が減り、そのことによってビットコインキャッシュの希少性は高まり、結果として価格が上昇傾向になります。そして、その後ビットコインキャッシュのハードフォークの日を迎えることになります。

Antpoolがバーンしたビットコインキャッシュは、全体から考えるとほんのごくわずかな量です。ところが、BITMANが動いたということになると、相場が黙ってはいません。そのようなことから考えて、今回ももしかしたら、ビットコインキャッシュ第二の大波乱があり得るかもしれませんね!

Webbot(ウェブボット)の予想は!?

疑問2

ウェブボットとは、元マイクロソフトのコンサルタントをしていた「クリフ・ハイ氏」が価格の値動きを予測するために作成したAI的(自主学習はしない)なプログラムのことです。

ウェブボットの予想的中率

ウェブボットは、コンピュータが自分で考えて計算するわけではなく、TwitterなどのSNSなどに投稿されている記事や、インや―ネット上の不特定多数の人たちの発言をAIロボットが収集し、分析することにより価格が上がるか下がるかを予測しています。

なんと、掲示板などに書かれた言語から、人の感情まで読み取り、分析しているんですよ!そして、そんなとてもスゴイ「ウェブボット」の予測データの内容を知るには、もちろん有料です。金額は99ドルです。

そして、人の感情をデータ化することにより、ウェブボットの的中率はとても高く、2017年のビットコインの高騰なども見事的中させました。他の言い方をすれば、ウェブボットにより不特定多数の情報を知ることにより、大衆心理にごまかされている場合もあるともいえるかもしれません。

そして、多くの投資家がこのウェブボットの予想に合わせて行動することにより、おのずと的中率もアップしていく仕組みになっているとも言えます。

ウェブボットによるビットコインキャッシュの予想

ウェブボットの価格上昇の予測は今回も当たりました。そして、2018年3月下旬に発表した最新データの予測の中でビットコインキャッシュについて、とても興味深い言葉を残しています。

「ビットコインキャッシュは新たな始まりや新たな息吹となり、今後の暗号通貨界の価格の方向性の指標になりうる。」

引用:Real-Time Research

まとめ

ウェブボットの予想によると、今回のハードフォークにより、ビットコインキャッシュ自体が新たな息吹として生まれ変わり、新たな仮想通貨の始まりとなり、そして今後の暗号通貨界全体の価格が上昇するという方向性の指標になるとされています。

そして、まさに今のビットコインキャッシュの現状がこの予測通りになりつつあり、今後どのように展開していくのか、とても興味が湧きます。

これに加え、ウェブビットはもう一言「とはいえ、ビットコインキャッシュのその指標は瞬間的なものに留まる。」と付け加えています。もしこの予測も大当たりするとすれば、コインキャッシュの高騰という栄光も一瞬で終わりを迎え、他の通貨がビットコインキャッシュに代わり指標になるのかもしれません。

暗号通貨界はこれからもっと大きく成長していく可能性を秘めていると言われています。この先将来、どのように暗号通貨は発展していくのか、とても楽しみですね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です