気になる最新の仮想通貨情報!

スカイコイン(skycoin)買い方!ウェブボット予想で2018年高騰?

スカイコイン skycoin 買い方 ウェブボット 予想 2018 高騰

今回は、スカイコイン(skycoin)の買い方を解説していきます!ウェブボットの予想で2018年に高騰すると出ているので、注目の仮想通貨ですね!

スポンサーリンク

2018年 かそろぐ登録数ランキング 総合おすすめ度&安心度
強固なセキュリティとリップル取引
1位 ビットバンク
🌟🌟🌟🌟🌟🌟
手数料の低さと積立投資
2位ザイフ

🌟🌟🌟🌟🌟
国内最大手の安心と口座開設の早さ
3位 ビットフライヤー

🌟🌟🌟🌟

スカイコイン(skycoin)の買い方

スカイコイン(skycoin)買い方!ウェブボット予想で2018年高騰?

かそ太郎

今回はスカイコインについて紹介していくよ! なんか空飛べそうな名前だね~!投資したお金がスカイハイ(空に飛んで消えて無くなるの意)しなけりゃいいけど。
スカイコインにスカイハイ?それはかそ太郎次第だよね(笑)というかスカイコイン自体買ってないでしょ!スカイコインは最新のブロックチェーン技術を使った素晴らしいコインだよ!

つう子

スカイコインとは?

スカイコイン(SkyCoin)は、第3の仮想通貨と言われていて、ビットコインやイーサリアムをさらに進化させた仮想通貨という位置づけです。

ビットコイン(第一世代)、イーサリアム(第2世代)、そしてスカイコイン(第3世代?)ということで、どんなことが進化しているのか「オベリスク」「Skywire」などから見ていきましょう!

※ANAで使用できる電子クーポン「Skyコイン」とは全くの別物です!

スカイコインの特徴

ビットコインをもっと使いやすく改良した仮想通貨のスカイコイン。では、どんな特徴があるのでしょう?

  1. オベリスク
    スカイコインで使われている独自のアルゴリズムのことで、これにより低予算&低速で動作が可能になり、しかもサイバー攻撃をされたとしても問題なく動作するという、とても優れた可能性を最大限重視した結果生まれた技術です。
  2. ユーザー主導のネットワーク
    スカイコインは次世代のインターネット「スカイワイヤー」の開発を進めており、第三者の介入なしでしかもプライバシーに最大限配慮した独自のインターネットシステムを構築するべく取り組んでいます。
  3. マイニングが不要
    マイニングを必要としないかわりに、ノード(ネットワークの柱)を立てる仕組みはあり、そのコミュニティ内で信頼されるノードのみ許可され、スカイワイヤーのネットワークの設立に協力してくれた人たちに報酬として与えられるものがスカイコインです。
  4. ビットコイン進化版
    現状のビットコインのブロックチェーン技術では、取引量の増加により対応ができず、送金詰まりやそれによる手数料増加などのいわゆるトランザクション問題を多数抱えています。また、マイニングにより生まれる莫大な電力や予算も問題視され、使いやすさや柔軟性という点で大きな欠点を抱えています。それを解消したのがスカイコインです。

スカイコインの買い方

スカイコインは残念ながら日本円では購入できません。では、どうしたら買えるのでしょう?

かそ太郎

ひぇぇええええ!「円」で買えないなんて、ややこしくて無理(涙)

そう思っているあなたでも購入できる手順を書いていきます!

  1. 国内の取引所でビットコインを購入
    現時点では、国内の取引所で一番安心と言えるのがビットバンクです。手数料だけで考えると無料以上に安い-0.01%のザイフも捨てがたいですが、コインチェック事件等を考えるとセキュリティ面ではビットバンクが一番です。
    ビットバンク 口座開設 登録 使い方 買い方
    bitbank.cc(ビットバンク)使い方や買い方!口座開設/登録方法!
    ザイフ Zaif 口座開設 登録 使い方 買い方
    Zaif(ザイフ)使い方や買い方!口座開設・登録方法!

    スポンサーリンク

  2. Cryptopiaにビットコインを送金
    Cryptopiaはニュージーランドに拠点を置く海外の取引所で、マイナーなコインの取り扱いが多く、2018年2月時点で581種類と他の取引所に比べると非常に高い保有率になっています。マイナーなコインを手に入れたい人が口座を持っておきたい取引所の1つと言えます。しかし、海外の取引所は国内取引所に比べて、どうしてもセキュリティ面で弱い部分があり、注意が必要です。

    次に、口座開設をしていきます。口座開設が終わると、ようやく購入の準備が済みます。次は、実際にビットコインでスカイコインを購入する手続きです。

    クリプトピア Cryptopia 口座登録 使い方 買い方
    Cryptopia(クリプトピア)使い方/買い方!口座登録方法!

    ビットコインを確実に選択していることが確認できたら、「NEXT」をクリックし、表示された「Deposit Address」をコピーし、送金元の取引所に送金の支持を出します。
    コピーが貼り付けられたら、送金するビットコインの数量を選び、完了です。

    注意
    コピーしたアドレスが違うと、ビットコインは消滅してしまうので、ここでも注意が必要です。
    これで、ビットコインを海外取引所に送金できました。

  3. ビットコインでスカイコインを購入
    Cryptopiaに送金したビットコインを使って、スカイコインに換金していきます。口座開設が終わると、いよいよスカイコインの購入手続きです。
    まずは、ホームの「Excange」から「Market」を選択し、左上のコインの種類が「ビットコイン(BTC)」になっていることを確認し、次に買いたいコインの選択をします。
    そして、買いたい数量や価格を入力し、「Buy」をクリックすると完成です。

    MEMO
    ビットコイン換算で現在の価格表記がされているので、そのまま入力すれば問題ないですが、少しでも安く買いたい場合は、ビットコイン建てで価格入力をすると良いことを知っておくといいです。

スカイコイン ウェブボット予想で2018年高騰?

疑問1

かそ太郎

ウェブボット、スカイコインが今年高騰するって予想してるけど、ホントかなぁ?買うかどうか迷い中なんだけど。。。
いつものパターンだったら当たるんじゃないの?でもウェブボットって、その次のこと言ってくれないよね~!高騰したあとどうなるかとか、、、そこが知りたいのに!

つう子

ウェブボットが注目する理由

スカイコインは、第一世代のビットコイン、第二世代のイーサリアムに次ぐ、第三世代の仮想通貨と自称中です。そして、第一世代&第二世代では解決できない問題を解決するための通貨とのして設計されました。

現状、仮想通貨はマーケティンぐにより知名度を広げていくのが普通ですが、スカイコインはほとんどマーケティングをしたことがありません。つまり、通貨の価値を市場にゆだねてしまおうというポリシーのもと成り立っています。

スカイコインの格付けは、2018年1月24日時点では「C-」という評価でしたが、ウェブボットが予測するや否や、注目が集まり始めました。そして、なんといっても、クリフ・ハイ氏自らスカイコインのオープンソースを読み、信頼できるプロジェクトだとして太鼓判を押しています。

そして、Twitter公式アカウントでは2018年5月15日に何か起こると発表しています。

ウェブボットの予想通りになる可能性は?

今まで全くと言っていいほど行われなかったマーケティングですが、ここにきて2018年からは今まで以上に行っていくという話題が出始めてきました。少し、活発になってきたのかな?ともとれる情報です。

マーケティングは開発に専念するために、今まで先延ばしにしたわけ?で、完成がみえてきたから、今度はマーケティングをするって、もしやはじめから狙ってた~?

つう子

スカイコインの狙い

  1. マーケティングが本格開始
    本格始動したことにより、今まで情報が届かなかった人たちにも情報がスムーズに伝わるようになり、一気に市場獲得につながる可能性が高いです。

  2. サトシ・ナカモトに忠実に
    ビットコインは、サトシ・ナカモトの分散型デジタル通貨をもとにして作られたと言われていますが、マイニングなどの問題により、ビジョンから大きく逸脱してしまいました。そこでスカイコインは、マイニングを必要としないオペリスクを採用することにより、サトシ・ナカモトの理想に近づけることに成功しました。このことからも、多くの市場獲得ができる可能性を秘めています。

    完成まではまだ時間がかかりそうですが、これから楽しみな仮想通貨です。

このことに加え、ビットコインやイーサリアムの問題点を解消するという取り組みが功を奏し、実績ができればウェブボットの予想通り、スカイコインの価格は一気に高騰すると思います。

まとめ

スカイコインは、第3の仮想通貨という位置づけで開発された、今後に期待できる仮想通貨です。ビットコインをさらに進化させようと開発されたこのスカイコインによって、今後はより様々なサービスの展開が期待されるでしょう。

これまで、スカイコインについてはあまり知られていなかったのですが、2018年に入ってスカイコインに対する情報が増えてきたこともあり、認知度も高まってきています。

そして、オベリスク(マイニングが必要ない)を採用することによって、サトシ・ナカモトの分散型デジタル通貨への進化が期待されていますが、開発は短期間出来るものではないので長期目的で保有する通貨でしょうね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です