気になる最新の仮想通貨情報!

ウィズコイン(WithCoin)購入!価格や最新情報!上場先はHitBTCで評判は?

ウィズコイン(WithCoin)購入!価格や最新情報!上場先はHitBTCで評判は?

今回は、ウィズコイン(WithCoin)を購入してみました!ウィズコインの価格や最新情報などを紹介していきます!上場先はHitBTCで決定のようですが、詳細や評判についても書きます!

6月19日追記 HitBTCからWITHコインが2100%達成後に消える!

最新情報!

ナナシコイン(仮想通貨)Vch exchange取引所トークン購入価格や上場は?
ナナシコイン(仮想通貨)Vch exchange取引所トークン購入価格や上場は?

スポンサーリンク

ウィズコイン(WithCoin)購入!上場先はHitBTC!

ウィズコイン(WithCoin)購入!価格や最新情報!上場先はHitBTCで評判は?

かそ太郎

うひゃ~!ウィズコイン、縁あって2円で買えちゃったよ!
また別のコイン買ったの?ウィズコインはネットで悪い評判もあるみたいだけど、大丈夫なのかなぁ?てか、2円で買えたとしても、ちゃんと上がればいいんだけどね~

つう子

ウィズコインとは?

ウィズコインは、NEMを基にし、スマートコントラクトを使用した最新型のプラットフォームです。相手の番号さえわかれば銀行口座不要で、手数料無料で送金することを可能にするために開発されました。

主に東南アジアなどの、スマートフォンは持っているけど、銀行口座やクレジットカードを持っていない人向けで、スマートフォンを口座代わりにして、送金や決済ができるので、とても便利です。

しかも、ウィズコインを使うことにより、スマートコントラクト上の為替レートを使い、自動的に換金し、ウィズコインとして受け取ることが出来ます。

ウィズコインの特徴

ウィズコインの主な特徴は5つあります。

  • 1秒間に4000件の取引決済ができる
    NEMを利用した最大のポイントです。
    今後、さらに強化されるとの見立てがあります。
  • カジノでの利用
    短期的にリアルカジノ・オンラインカジノでの活用を想定し、将来的にはカジノを中心に広めていく予想を立てています。
    既にフィリピンにできたばかりの「オカダマニラ」や「ソレアリゾートアンドカジノ」、マニラにある「シティオブドリームス」などで提携が終わっています。
    日本ではカジノはあまり馴染みがありませんが、中国では2億人という、とんでもない数のユーザーが利用しているため、ウィズコインの公式サイトも中国語に対応しています。
  • レートの保証がある
    なんと、5円のレートで固定する予定と言われています。
    そのため、ICOの段階で5円以下で購入することが出来れば、その時点で利益が出ることになりますが、レートが完全に固定されない場合は、価格によっては負債が出る場合も。
    レートが固定されていると、ビットコインなどのように、相場による変動という影響をうけず、変動のデメリットに悩まされることはありません。
  • 取引所開発経験者の凄腕エンジニア松山氏が開発
    お金の流通に関する知識が豊富で、銀行の取引システムや決済インフラなどの仕事を長年してこられたので、開発という点では安心できそうです。
    しかも、ICOセールの時点ですでに開発が進んでいるので、期待ができるかもしれません!
  • Androidウォレット現る!
    すでにアンドロイドウォレットが完成しており、実際に通貨として送金することも可能になっています。
    ほとんどのプロダクトやICOが開発途中で挫折し、リリースしないまま消えていくのが当たり前になっていますが、サービスが始まっているという点で安心感があります。

ウィズコインの上場予定は?

  • HitBTC 2018年5月30日 
  • Binance 上場する予定との噂も延期され、時期は不明(6~7月予定か?)

 

当初「HitBTC」での上場は2018年5月20日と言われていましたが、5月30日に変更になりました。

また、バイナンスへの上場も、マルタ島にバイナンスが拠点を移すことで延期になってしまいました。

時期に関しては不明で、本当に上場するのかも不明です。

もしかして、バイナンスにはもう上場しないかもね~

つう子

 

バイナンスに予定通り上場されると、軽く100倍以上は狙っていけることはほぼ確実で、「ADAの再来」なんて呼ばれたりしています。

また、HitBTCに上場すると、軽く20倍は超えるだろうと予想されています。

最近の仮想通貨の状況から考えると、ほとんどのICOが公開されていない中、取引所が公開されている分、とても信用できる案件だと言えそうです。

ウィズコインの黒いうわさ

ウィズコインには様々な噂があります。

  1. パチンコ業界の大ボスの岡田会長が、海外にカジノを複数所有し、送金・両替をもっと簡単に出来るようにウィズカジノを作った。
  2. ホワイトペーパーに記載のシステム開発の協力会社に「(株)ラプレマホールディングス」が関わっている。同社は、業務停止命令が出た、ビットステーションを運営している会社です。
  3. ユーチューバーが嘘の情報を流し、高値で売りつけようとしている。

この中でも一番購入者のリスクになるのは、ユーチューバーの存在です。

プロモーションの世界では、悪評も立派な宣伝と言われ、それで成功さえすればよいという考え方です。

ですから、詐欺コインだと言われて大きく広まれば広まるほど、成功したときの報酬の跳ね上がりが大きく、彼らが得をするというわけです。

 

ウィズコインに興味があり、もし参加したければ、ICOへの投資は自己責任であることを十分理解したうえで、行動に移すことをお勧めします!

ウィズコインの運営

ウィズコインの運営は「D-BACインターナショナル」というところですが、この「D-BAC」というのは、いわゆるバカラの攻略ソフトです。

そして、このD-BACやウォレットサービスと独自の暗号通貨(ウィズコイン)を開発しているのが、ロイヤルカスタマーズクラブで、これを「株式会社KRAIS」というところが運営しています。

 

ロイヤルカスタマーズクラブに入るには、4万9800円の入会金が必要で、7口以上購入すると1口当たり2万9800円に値下がりするようです。

そして、これ以外に月々1万2960円の会費を支払う必要があります。

そして、ロイヤルカスタマーズクラブの概要書面を見ると、ウィズコインと同じD-BAC INTERNATIONAL LIMITEDが統括者となっていて、事務代行会社として「株式会社クライスグローバルサポート」そして、事務代行会社として「株式会社KRAIS」の名前があります。

 

D-BAC INTERNATIONAL LIMITEDの代表者であるKim Young Kook氏についての顔写真や動画など、証明するものが全く見当たりませんが、実在している人物ではあるようです。

そして、この会社どうやら、最近はやりの「海外法人を装った日本人運営の会社」のようです。

なんたって、ドメインは「お名前.com」で取得され、運営されていることが明らかになっています。

 

このように、最近よくある自分たちで海外法人を立て、あくまでそこの代行業務をしている体を装っている会社は、日本の法律逃れの可能性が高く、もし何かあった時の責任もかなり曖昧にされてしまうため、かなり注意しないと危険だと言われています。

また、株式会社KRAISのサイト上に、D-BAC事業の説明がないのも気になるところです。主力事業なはずなのですが。。。

ウィズコインの価格や最新情報!評判は?

BitBTC 買い方

かそ太郎

ねぇねぇ知ってる?ウィズコイン、日刊ゲンダイに載るってさ~!これは爆上げ間違いなしかも!
MINEトークンみたいに、ウィズコインも大体的に宣伝してきたねー!

つう子

日刊ゲンダイの記事

なんと、2018年5月24日発売の日刊ゲンダイにウィズコインが掲載されました!

https://twitter.com/hiro_koyo/status/999499523637501952

日刊ゲンダイに掲載されたことを機会に、値上がりするのか?

値上がりしたと一瞬見せかけて、暴落してしまうのか?

いずれにせよ、注目されていることには変わりありません。

ウィズコインの評判

ウィズコインは「詐欺コイン」などと言われているようですが、その一要因として判断材料がとても少ないことが挙げられます。

そして、とにかく噂が多すぎで、月間仮想通貨への掲載の結局のところ、嘘でした。

というより、上場する5月に先延ばしにされているだけなんていう噂もあります。

かそ太郎

うぉぉぉぉぉ!一体どの情報を信じればよいのだ「ウィズコイン」!

そして、上場後のスタート価格は5円だと言われていますが、利確売りで下がる可能性も十分にあるわけで、あまり焦って購入しない方が良いのかもしれませんね。

今のところ、まだホワイトペーパーのページ数は少なく、まだまだ先行きが不透明な状況にあります。

どのタイミングでウィズコインを購入するかは、あなた次第というわけです。

 

ここで、Twitterの意見を紹介します。

まとめ

ウィズコインの様々な情報について見てきましたが、いかがでしたか?HitBTCでの上場は決定されているようですが、まだ本当にその日に上場されるのかは当日にならないと誰にもわかりません。そして、なんといっても注目は、バイナンスに上場されるのかどうかです。

予定通りバイナンスにも上場されたら、確実に値上がりすることは間違いないでしょうが、もし上場が不発に終われば、その後の展開は誰にも予想できません。

仮想通貨購入は各自の自己責任で成り立っています。是非、様々な情報や状況を確認しつつ、購入するならより良いタイミングで行動に移したいものですね!

5月30日追記 HitBTCの上場時間

5月30日の上場時間が、おそらく30日午後18時か31日午前2時だという噂が流れてきました!

上場は間違いないと思いますが、時間だけがまだはっきりしていません。

上場されるということは、事前にHitBTCにWithコインのリストが上がるはずなので、その時間の前に確認しておくといいですね。

5月31日追記 HitBTCへ予定通り上場せず!新たな上場時間について!

かそ太郎

うわあああ!!WithCoin予定の上場時間でも上場なし!!延期されたのか!?

まさに今この文章を書きながら、夜通し監視していましたが、31日午前8時時点ではWithCoinのウォレット追加すらない状態です(笑)

従来の情報では、30日18時濃厚で上場2時間前にはウォレットが追加され送金できるようになるとのことでしたが、結局その時間には上場せず。

さらに、31日午前2時に上場延期になりウォレット追加もずれるということで、起きていましたが結局上場はせず、ウォレット追加もなし。

なんだこれ(笑)

 

HitBTC側からのアナウンスも一切なしということで、これはHitBTC側の落ち度なのか、それともWithCoin側の落ち度なのか、わかりませんが事実として上場はされていません。

またなにか分かったら追記します!

5月31日最新追記 HitBTCへ上場も無事ICO割れで大暴落(爆)

かそ太郎

ひゃあああああああああっ!!!WITH無事大暴落!!!この先もう上がらないのかなー??
無事って、大丈夫なの??WITHものすご勢いで大暴落してたけど(笑)

つう子

まずはこのチャートをご覧ください!

WITHの大暴落

どうですか?

無事上で売り抜けられた人は、かなりの利益が出ていることでしょう。

ICO時に一番高い金額で購入した人は5円ですが、これでも利益は出ました。

大半の人は3円ほどでの購入組がほとんどでしたので、うまく売り抜けられた人はかなり利益が出せたようです。

さらに、一部の大口買いの人は0.5円での購入だったようなので、想像を絶する利益を得たはず・・・

 

かくゆう僕はと言うと・・・夜中の上場だと聞いていたので、かなり油断していて上場時間の19時~は外食しに行ってしまっていました・・・

はい、自業自得です

そのおかげで、WITHを持ち越したままとなり、売るタイミングを模索中です。

 

事前の情報よりも早く上場したことで、上で売る抜けることは不可能な状態でしたが、運営などの買い支えがあるとの事前情報もあり、それに期待していたのですが・・・

実際は数分で大暴落しその後はもうヨコヨコ状態・・・本当に買い支えが入るのか、いつなのか不明です。

とりあえず、今回のICOでもうICO自体には参加しないことを決めて、良さげなICOがあればその時点では購入せずに、ICO割れを狙っての購入か、既存通貨でのトレードに徹することにしようと思います。

 

今回の一件で、本当に色々失敗し勉強になりました。

また、別の記事で今回のことを踏まえて、活かせるような記事を書けるように頑張ります!

あなたもICOの参加時には、購入価格や胡散臭さなどちゃんと調べてから購入してくださいね。

6月5日最新追記 WITHが別の取引所上場予定&フィリピン・中国での実用化

現状でWITHはHitBTCからの日本人徹底による影響でもはや上場廃止レベルの価格まで下がっています。

WITHチャート

これを受けてか、WITHが別の取引所への上場準備に入っているとの情報がありました。

しかし、具体的な時期や取引所については言及されていないところが不安な部分でもあります。

なんせ、WITHはHitBTCでの上場日や上場予定時間をずらしたという事実があるので、発表されても鵜呑みにはできません。

あくまで目安程度ですね。

 

さらに、フィリピンカードでのWITH取扱や飲食店での取扱が6月から開始されること、中国信託銀行でのWITH取扱の情報もあり、これらが事実なら今後上場した際には上る可能性はあります。

なんにせよ、現状の価格があってないようなものなので、しばらく持っていて様子見すべきだと個人的には思います。

取引量が少なく、底辺をさまよっているからこそ、少しでもいいニュースがあれば高騰しますし。

 

やはり投資は余剰資金でやらないといけないなって、こういった自体に陥った時によく分かります。

余裕がない人ほど、本当かどうかも分からない情報に踊らされて、焦って売ったり買ったりしちゃいますからね。

そうなると、大口や運営の思うがままに資金を吸い取られちゃいますので、冷静に判断できるくらいの資産を投じて投資することを心がけておくべきです!

6月19日追記 HitBTCからWITHコインが2100%達成後に消える!

かそ太郎

ちょっと!WITHコインがHitBTCから消えたよ!!なにこれえぇぇぇ!!??
しかも、消える直前に謎の高騰をして3.25円という2100%を達成したらしいよ(笑)一体何が・・・

つう子

はい、WITHコインがHitBTCから消えました(笑)

WITH消滅

Twitterで情報を募ったところ、あくまで噂ですがこんな情報が入ってきました。

「松山氏が以前からHitBTCからの撤退を計画ていたらしい」

 

WITHコインは現在、上場廃止レベルの底辺を彷徨っていましたが、ついに廃止になったのかと思ったら、噂では松山氏がそのようにしたようですが、真相はまだ分かりません。

しかし、今回2100%の3.25円という謎の高騰を見せたWITHコインですが、これで売買が完全にできなくなりました(笑)

WITH

別の情報では、他の取引所に4箇所ほど情報するなんて噂もありますが、真意は定かではありません。

一体、WITHコインはどうなってしまうのか、今後も静観していきたいと思います・・・

スポンサーリンク

4 Comments

加藤

私は今の0.4円レートで買い増しして取得単価0.6円まで下げました。
これで爆上げしなくても、少し上がれば利確できます。

あとは噂通り5円まで仕手入ってくれたら約10倍確定です(笑)

返信する
かそ太郎

取得単価下げられてよかったですね!
僕は2円購入のまま、ホールド状態です(笑)
次も本当に上場するのか謎ですが、とりあえずは静観します!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です