気になる最新の仮想通貨情報!

キューブチェーン(CUB)ICOの上場先や購入方法や価格!第4世代プラットフォーム!

キューブチェーン(CUB)ICOの上場先や購入方法や価格!第4世代プラットフォーム!

今回は第4世代ブロックチェーン技術を使用したキューブチェーンのICOのご紹介です!購入方法や価格などを書いていきます!ついに第4世代プラットフォーム突入で、どこまで進化するのか!?

スポンサーリンク

キューブチェーン(CUB)について

キューブチェーン

かそ太郎

キューブチェーンは、あのイーサリアムを超強力にした第4世代のプラットフォームなんだって!これはかなり期待できるかもね!
なんかすでにイラン政府と契約を結んでるって話だよ!さらに、すでにキューブチェーンによるSNS利用者数5000万人が確保されている、イラン国民管理も兼ねているから8000万人の利用も確定しているとの情報もあるね!

つう子

キューブチェーン(CUB)は、キューブオン(CUBEON)というネットワークの、第4世代ブロックチェーン技術を基盤に構築された、ソーシャルブロックチェーンサービスのプラットフォームとなっています。

イーサリアムをさらに強力にしたプラットフォームと言われていて、セキュリティーやスピードなどがさらにアップしています。

発行枚数などは以下の通り。

発行元:韓国ベンチャー企業「Cube System社」
Cube Chain (QUB)
総発行量:120億個
キューブ生成周期:180秒
取引速度:100件/秒

キューブチェーンが優れている5つの特徴

  1. Cubing(キュービング)・・・27個のブロック(取引帳簿記録ブロック24個+特殊ブロック3個)を集めて、1つのキューブを作ることで、二重検証されるシステム構築が出来る。
  2. indexing Block(インデキシングブロック)・・・膨大なデータを整理することができ、電子財布リストの資料や履歴提供、API使用などでスピーディーに行える。
  3. Statistics Block(スタティスティックスブロック)・・・全体のブロックの統計値を整理したデータで、スピーディーで効果的な検索が行える。
  4. Escrow Block(エスクローブロック)・・・二重承認方式(取引時の承認+承認暗号キーの追加承認)を採用し、個人間の直接取引でも安全性を高めることが出来る。
  5. POH (Proof of POW+POS hybrid)・・・POWとPOSの割合を7:3で始めることにより、ネットワークの安定を図り、その後POSの割合を高めることで資源と電力の削減が効率よく出来る。

さらに詳細は、キューブチェーンのテクニカルホワイトペーパーを見てください。

キューブチェーン(CUB)のポイント

・CUBE ONというキューブチェーン技術によって作られるSNSで、参加者はP2Pノードによってコンテンツ作成ができ、より良いコンテンツを作った創作者とコンテンツ参加者に、一定数のポイントが貯まるとトークンの支給がある

キューブチェーン13

 

・企業向けにAI(チャットボット)を使用したコールセンターサービスASM(AI Service Manager)がある

キューブチェーン14

 

・手数料と仲介人なしで個人間同士の安全な直接取引が出来るキューブチャットがある

キューブチェーン15

 

・CUBE SNSではすでに5000万人の利用者が確保されている(イランのテレグラム【利用者数5000万人】代わりに利用される為)

・国民管理も兼ねているからイラン国民8000万人の利用も確定しているとの情報も

・すでにイラン政府との契約済み

・エアアジアなどの大手企業との話も進んでいる

CUBE SNSではイラン政府や大手企業との提携もあるってのはかなりの強みだね!

つう子

さらに詳細を知りたい方はホワイトペーパーをご覧ください。

キューブチェーンのロードマップ

キューブチェーンロードマップ

キューブチェーン(CUB)ICOの購入方法や価格!

キューブチェーンの購入方法ですが、キューブチェーン公式サイトにて購入することができます。

まずは、登録をしなければいけないので登録を行いましょう!

1.言語を右上のLanguageから日本語にする

キューブチェーンの登録5

2.参加をクリックして、必要事項を入力して参加をクリック

キューブチェーンの登録11

キューブチェーンの登録2

3.登録メールアドレスに通知が来るので、Confirm Email Addressをクリック

キューブチェーンの登録3

4.Go to loginをクリック

キューブチェーンの登録4

5.右上のloginをクリック

キューブチェーンの登録5

6.ログインをする

キューブチェーンの登録6

その後は、二段階認証の設定(GoogleAuthenticator)・KYC(パスポートによる身分証明提出)・名前や性別などの入力・マイイーサリアムウォレットかメタマスクのアドレス入力を入力して購入することができます。

流れに沿っていけば、なにも迷うことはありませんが、どうしてもわからない方は、こちらのQUB購入方法でご覧ください。

 

価格については、公式が1ETH=8000QUBです。

5月末の時点で1QUB=約7円となっています。

しかし、お得に購入する方法として、他のキューブチェーンを紹介している方から購入する方がボーナスが付いてお得に購入できます。

最低購入数はどこも最低1ETHとなっています。

参考

10%ボーナス付きビットマネジメント

5月30日22時まで限定

参考

8800QUBにボーナス5%付きGlobal Pump GroupKG

キューブチェーン(CUB)ICOの上場先

かそ太郎

これだけの好材料が揃っているから、上場先も期待できるんじゃないの??
イラン政府という国の信頼を得ているトークンだし、イラン国民全員の利用が見込めるみたいだし、これは期待できるかもしれないね!

つう子

5月末時点ではまだ上場時期と上場先については、情報が公開されていません。

ロードマップでは、7月以降にトークン配布されることから早く上場しても7月以降、さらにCUBEONのベータ版が完成するのが12月予定なので、年内には上場すると思われます。

さらに、上場先については「国内外の取引所」という表記しかないので、今後の情報に期待しましょう!

まとめ

これは2018年のICOの中でも大型案件なのではないでしょうか?

政府が提携したいと、国からの信用を得ているトークンであり、イーサリアムの超強化版で第4世代プラットフォームであること、大手企業との提携の話も進んでいることなどなど、上場後に上昇する可能性が大いにあります。

最近ICO割れが頻繁に起こっていますので、この通貨はなんとか割れずに伸びてほしいものです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です