気になる最新の仮想通貨情報!

ボラトークン(カカオトークICO)購入方法/上場時期/トークン価格は?

カカオトークICO購入方法/上場時期/トークン価格は?詐欺か検証!

今回はカカオトークのICOで発行されるボラトークンについてです!なんか大型案件みたいな感じがしますが果たして詐欺なのかどうか検証するとともに、購入方法や上場先と時期、トークン価格をご紹介します!

最新記事!

BITPRO(レバレッジ500倍)取引所は詐欺か検証!登録方法や特徴も!
BITPRO(レバレッジ500倍)取引所は詐欺か検証!登録方法や特徴も!

スポンサーリンク

カカオトークって何?

かそ太郎

カカオトークって聞いたことあるんだけどなんだっけ?チョコレートトーク??
相変わらずの素晴らしい頭脳だね(笑)カカオトークはLINEと似た無料のコミュニケーションアプリだよ!

つう子

カカオトークは韓国企業カカオ社(カカオペイ、カカオストーリー、カカオタクシーなどを運営している複合企業)が運営している通話やトークが無料で楽しめるコミュニケーションアプリです!

カカオ出典:カカオ公式サイト

日本で最も有名なメッセージアプリにLINEがありますが、カカオトークは韓国国内ではLINEを凌ぐ勢いのアプリになっています。

カカオトークとLINEの比較をするときに、日本ではLINEが有名すぎて「カカオがLINEをパクった」みたいなイメージがあるかもしれませんが、歴史を見ればカカオトークの方が1年以上前に開発されリリースされています。

LINEと比較したときに、どちらがどうということはここでは関係ないのでおいておきますが、簡単に解説すると・・・

LINEとカカオの違い

カカオトーク・・・シンプル設計で必要以上の機能はない。トークや通話、グループ通話(5人まで)などが利用可能。韓国国内では9割を超える人がカカオトークを使用。

 

LINE・・・コミュニケーションアプリの基本機能はもちろん、豊富なスタンプや同時通話最大200人など、カカオよりも勝る機能が多い。LINEの収益は日本人ユーザーの8割とも言われているほど、日本では大人気。

本当に簡単に比較すると、韓国で人気なのがカカオトークで、日本や世界中で人気なのがLINEという感じですね。

無料アプリならではの通話中の通信状況の質は、どちらも同じようなものです。

かそ太郎

僕もカカオトーク使ったことあるけど、確かに機能的にシンプルでちょっと物足りない感じはしたかなー

 

メインの利用用途を考えたときに、質が同じようなものであれば、より複数の人と同時通話できたり、トークで楽しくスタンプが使えたり、それ以外の機能が豊富な方が使いたくなるので、カカオトークを使う理由は今の所ないですね。

密かにちょっと良からぬ考えで、カカオトークを使う人はいるかもしれませんが(笑)

まあ、日本であればLINEで十分です。

ボラトークン(カカオトークICO)購入方法/上場時期/トークン価格は?

かそ太郎

韓国で人気のカカオトークがICOをやるんだって!これは購入しなきゃ!!
カカオトークなら基盤がすでにしっかりしているから、投資する価値はあるかもね!

つう子

今回はカカオ社の子会社であるカカオブロックチェーン社が行うICOです。

カカオブロックチェーン社は、2018年3月にすでにICOを行うことを示唆していて、子会社設立も正式発表しています。

参考

韓国カカオ、ブロックチェーン子会社設立を正式発表COINTELEGRAPH

 

今回のICOの目的は「カカオ3.0」という新事業を掲げるにあたり、アジア市場向けの新しいブロックチェーンプラットフォームである「グランドX」が目的です。

音楽やゲームや動画に重点を置いて、ブロックチェーン技術を利用したさらなる成長を目指しています。

その中の一環として、今回はカカオトークのICOであるボラトークンを発行します。

それではボラトークン価格や上場時期や購入方法を見てみましょう!

カカオICOの概要

ボラトークン

トークン名:ボラトークン

トークンシンボル:BORA

ハードキャップ:???

トークン利用用途:カカオゲームズ内で使用可能

プロジェクトメンバー

ボラトークン プロジェクトメンバー

スポンサーリンク

ロードマップ

ボラトークン ロードマップ

トークンセール期間:完全非公開・一般セールなし

トークン価格:???

最低購入価格:???

上場先:4箇所、どこかは不明(噂では大手取引所への上場も)

上場時期:6~8月にかけて上場予定

公式サイトhttps://www.boraecosystem.com/

ということで、購入はできません・・・

僕も購入したいと思っていたのですが、一部の人が売っていた枠が予定時間よりも早く埋まってしまい購入することができませんでした。

かそ太郎

タイムイズマネーとはよく言ったもんだね!

 

なので、購入は取引所へ上場したあとでしか購入はできません。

もしかすると今後、他の人が売りに出すかもしれませんが、価格を釣り上げている可能性もあるのでよく考えて購入してください。

あとは、一般人が購入できるのは上場後のみですね。

 

4つの取引所がどこなのかってことですが、大手も噂されているのですが、あくまで予定なので間近になって情報が出てきて確定するまでは安心できませんね。

注目であることには変わりないので購入しておきたかったのが本音です・・・

カカオICOは詐欺なのか検証

かそ太郎

今回のカカオICOは、一部の人が超短期間で売っていたんだけど、これって詐欺なのかなー?
詐欺かどうかは分からないけど、ちょっと疑問点もあるから考えてみよう!

つう子

ここからは、足りない頭で考えた個人的な主観になるので、あしからず!

1.完全非公開なのに売られていた

今回カカオICOで最大の疑問は

概要には「完全非公開・一般セールなし」と書かれていたのになぜ一般枠を売っている人がいるのかってことです。

完全非公開で一般セールなしなのに、その人達はどうやってその枠を手に入れたのでしょうか?

 

単純に考えれば、カカオ関係者や関係者に近しい人などのコネがあったからってことだと思います。

基本的にICOは身内からセールが始まり、関係者、機関投資家、一般投資家の順番でセールが来ます。

このセールが一般まで回ってこずに、関係者や機関投資家までしかセールを行わず、上場後に一般投資家が売買できるって場合もあります。

 

一般セールはやってなくても、実績のある大口の投資家がコネを使って、参加枠をもらうこともできるってことです。

なので、完全非公開で一般セールを行ってないからって、詐欺かどうかはわかりません。

でも、一般人も巻き込んだほうが資金は集まりやすいと思うですが、一般セールを行わない理由はなんでしょうね?資金が十分集まったから?

身内だけで利益を独占したいってことなんでしょうか?

2.カカオICOの信憑性

次にカカオICO自体が詐欺の可能性についてですが、これはもうすでに正式発表されていることは、周知の事実なので、可能性は低いでしょう。

カカオ社自体は韓国でも有数の大企業であり、カカオブロックチェーン社はその子会社なので、自己資金で賄えないことも無いと思いますので、その点では少し怪しい感じも生まれるかもしれません。

しかし、今回の事業ではわざわざ子会社のカカオブロックチェーン社を立ち上げ「カカオ3.0」と称して、「グランドX」をブロックチェーン技術で成長させていくってことなので、せっかくならICOで資金集めしてみようってことなんじゃないですかね。

安易すぎてごめんなさい!!

つう子

 

自己資金投じなくても、応援してくれる人がいて出資してくれるなら、その方が企業にとってもリスクは少ないしって考えなのではないですかね。

 

なので、今回のカカオICOでは僕が見た限りでは詐欺っぽい印象は受けませんでした。

ただ、期待値で言えば市場規模がLINEよりも劣るので、びっくりするくらい高騰するかと言われると、うーんって感じではあります。

でも、硬いICOだとは思うので購入したかったのですが、枠がすぐに埋まってしまって購入できなかったので、上場後に様子を見て購入を検討します!

まとめ

結局購入できなかったカカオICOですが、ICOとしては硬い感じはしますが、ここ最近のICO割れの現状を見ていると、身構えてしまう部分もあります。

上場先にもよりますが、4つ上場予定なのではじめにどこに上場されるのか注目ですね。

ICO割れするか、そのままmoonするか注目株ではありますね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です