気になる最新の仮想通貨情報!

ノアコイン最新情報まとめ!詐欺性や将来性を再検証してみました!

ノアコイン最新情報まとめ!詐欺性や将来性を再検証してみました!

僕もガチホしているノアコインが世界規模で認知される為に仕掛けた最新情報が入ってきましたね!ノアプロジェクトからの最新情報のまとめと共に、詐欺だと言われている部分や、今後の将来性についても書いていきます!

スポンサーリンク

ノアコイン(仮想通貨)概要

ノアコイン

かそ太郎

ノアコインは僕も購入してガチホしてるけど、どんな仮想通貨だったけ??
かそ太郎もう仮想通貨投資やめたほうがいいよ(笑)ノアコインは、フィリピン労働者のとある問題を解決すべく立ち上がったプロジェクトだよ!

つう子

まずはおさらいとして、ノアコインの簡単な概要をご紹介します!

ノアコインは、フィリピンの大きな問題となっている「出稼ぎ労働者の送金手数料問題」を解決すべく立ち上がったプロジェクト。

フィリピンでは、自国内では思うような仕事がなかったり、稼ぎが得られないために外国への出稼ぎ労働者が多い国です。

この出稼ぎ労働者のことを「OFW(Oversea Filipino Workers)」といい、約1000万人ものOFWが海外で頑張っているおかげで、フィリピンのGDPの約10%を賄っていると言いますから、ものすごい稼ぎですね。

 

OFWが送金する額は年間3兆円にも上ると言われていて、これらの送金手数料の合計は3500億円にもなるとのことです。

この送金手数料を、ノアコインというトークンを使用することで、低コストかつスピーディーに送金できるようにという目的です。

運営元 ノアファンデーション
トークン名 ノアコイン(NOAH COIN)
トークンシンボル NOAH
ICO時の販売価格 1円
最新価格 0.8円(6月12日現在)

ノアコインが詐欺だと言われている理由

ICO 詐欺

かそ太郎

ノアコインは詐欺だってレッテルはられてるけど、具体的になにがそう思わせてるの?
ノアコインは、初めに関わってると謳っていたフィリピン政府やフィリピン航空から、公式に否定されてるからね(笑)

つう子

フィリピン政府とフィリピン航空の否定

フィリピン

2018年に入り「ノアコインは詐欺だ!」ということでかなり広まりましたね。

その最大の理由が「フィリピン国家を巻き込んだプロジェクト」と謳っていたのが、2017年3月14日にフィリピン政府の正式な発表により否定されたことです。

これは、日本の市場で「事前販売」されていると言われている仮想通貨「ノア・コイン」についてインターネット上で広まっている情報に関するものです。

日本市民の皆様から受けた問い合わせに応え、当大使館はフィリピン中央銀行(Bangko Sentral ng Pilipinas)と証券取引委員会(Securities and Exchange Commission)に確認を行ないました。

フィリピン中央銀行によりますと、中央銀行は、ノア・ファウンデーション及びノア・グローバルイノヴェーションサービス(ノア・グローバル)に対して、ノア・コインの事前販売に携わる権限を与えておらず、また、ノア・コインを国家プロジェクトとして承認しておりません。中央銀行により行なわれた初動調査では、ノア・コインの事前販売活動は、会社定款に記載されたノア・グローバルの主要・副次目的からかけ離れたものです。

フィリピン中央銀行と証券取引委員会の調査では、ノア・グローバルに国債や証券、その他類似証券を販売取引するライセンスや権限はありません。

加えて、ノア・グローバルは、証券取引委員会に登録されている住所に実在していません。ノア・グローバルの事務所住所(タギッグ市フォートボニファシオのネット・リマ・ビルディング、正確には10/F, Net Lima Bldg., 5th Avenue corner 26th Street, Brgy. Fort Bonifacio, Taguig City)への現地視察と調査を行なったところ、当該企業はネット・リマ・ビルディングのテナントではありませんでした。

これらの観点から、市民の皆様はデジタル金融取引への従事には慎重になり、フィリピン中央銀行(http://www.bsp.gov.ph/)や取引証券委員会(http://www.sec.gov.ph/)などフィリピンの関連政府機関のウェブサイトを確認するようお願いいたします、

引用:フィリピン共和国大使館公式サイト

国家レベルでのプロジェクトであることを、大きく打ち出していただけにかなりの詐欺度が増し、証券取引委員会に登録されている住所に実在していないってことも「完全に詐欺じゃん・・・」という認知を広めてしまいました。

さらに追い打ちをかけるように、ノアコインが提携していると謳っていた、フィリピン航空とも一切関係ないことが判明しました。

フィリピン政府やフィリピン航空が公式に真っ向から否定していたら、そりゃあ詐欺だと思っちゃうよ・・・

泉忠司氏の案件

泉忠司氏は、おそらく今最も仮想通貨業界で稼いでいる人物だと思うほど、有名な仮想通貨界のボス的存在です。

ノアコインを始め、ホットークンやチリーズなどのICOを手がけていたことでも有名ですが、泉氏をネットで検索すると良からぬ情報が出てくることもあります。

例えば「泉忠司 逮捕歴」とかですが、実際に逮捕されたかどうかなんて情報は出てきませんでした。

 

経歴もなんだか凄いことになってますね。

(株)泉忠司事務所代表取締役、(株)DBパブリッシング ファウンダー、
DL Universal Asset Management Inc.代表取締役、
Tadashi Izumi Consultancy Inc.代表取締役、
MTI Global Holdings代表取締役、Filix Holding Management取締役、
日本アニメーション株式会社「あらいぐまラスカル」特別広報部長、
(社)日本作家協会代表理事、(社)日本フィリピンビジネス協力機構理事をはじめ、
多分野に渡る様々な企業・団体の役員や顧問を務めている。

独自のビジネスメソッドや夢を叶えるメソッドを伝える
「泉塾プラチナ講座」「ビジネス大学」「ドラゴンアカデミー」
受講希望者が後を絶たず、受講者から圧倒的な支持を得る。

スポンサーリンク

講演会やセミナーも日本各地のみならずイギリス、香港、フィリピン、中国を始め、
世界各国で開催。渋谷公会堂や日比谷公会堂も単独で満席にするなど驚異的な集客を誇る。

引用:泉忠司公式サイト

なんだか胡散臭いなーって思っちゃうけど、ここまで多くの人を動かせて、影響を与えられて、お金を稼げる人物って意味では凄いよね

泉忠司の案件だから、詐欺云々ってのは正直根拠に乏しいのですが、実態が分からなすぎるって人物がこうやって紹介すると、人は見えないものに対する不安って凄まじいので、思い込みなどの部分が先行した結果なのかもしれませんね。

 

ちなみに・・・ノアコインの「フィリピン国家を巻き込むプロジェクト」「フィリピン航空との提携」などで謳っていた件については、釈明をして返金に応じるという騒ぎになりましたね。

その際に細かい釈明もしていましたが、簡潔に書き出すと

ノアプロジェクトはフィリピン政府公認のプロジェクトではありません

 

条件面での折り合いがつかなかったことから、現在ノアプロジェクトにフィリピン航空グループは関与していません

 

「ノアコインの価値は絶対に上がる」とは断定できません

との、釈明をしていました。

 

これをどこまで信用できるかは、あなた次第です・・・

個人的に詐欺性は以前よりはなくなり今の所、60%って感じです。

ノアコインの最新情報まとめと将来性

将来性

かそ太郎

ノアコインって、6月12日になんだか重大発表があるとかないとかの話だったよね?一体どんな内容だったの?
ノアコインは外国でフィリピン人労働者を応援する目的で作られた仮想通貨だよね!今回の内容は今後の将来性が伺える内容だったよ!

つう子

ノアコインの詐欺疑惑はとりあえず、残ったままではありますが、2018年に入ってからノアコインにとって将来性を伺えるような動きやニュースが入ってくるようになりましたね。

HitBTCを始めとした上場ラッシュ

詐欺だと言われていて、上場に関しても怪しい感じだったのですが、HitBTCを始めとした海外取引所に次々に上場していきました。

HITBTC・Changelly・CoinSwitch・ChangeNow・livecoin・mercattox・BTC-alpha・DDEX・TOKENJAR・YoBit・wazirx

3月から5月にかけて11もの取引所への上場を果たし、これはかなりの好材料になりました。

しかし、一番の大手取引所はHitBTCであり、お金を払えば上場できるとのことなので、他の取引所も同じ感じで上場させたのであれば、上場した価値ってない気がしますね(笑)

かそ太郎

現状はICO割れしてますけど、上場しないよりは認知度も上がりますので、マシって感じですか。

ビート・ホールディングス・リミテッド社の株式取得

ノアコインは、認知度アップのためにアジア圏で事業展開している東証2部上場企である「ビート・ホールディングス・リミテッド社」の株式を取得し、その後もさらに多くの株式取得をして社名変更と取引所開設か買収の話が出ています。

ノアコインがビートの社名変更&取引所開設か買収の可能性で爆上げ!?
ノアコインがビートの社名変更&取引所開設か買収の可能性で爆上げ!?
これがうまくいけば、将来性も十分見込めるかも!

つう子

ノアリゾートの開発

ダカックビーチリゾート

こちらも以前から注目されていた案件ですが、ノアコインが使用できるノアリゾートの開発に動きがあり、ノアコインでの支払いが2018年6月から開始されるとの情報がありました。

さらに、まだ未開発の部分に関しても進む予定とのこと。

ノアコイン爆上げ!?ミンダナオ島リゾートが6月オープンで価格は?
ノアコイン爆上げ!?ミンダナオ島リゾートが6月オープンで価格は?

かそ太郎

ノアコインで稼げたらノアリゾートを満喫したい!!

6月12日の発表

ノアコインは以前から「6月12日になにかが起こる・・・」というノストラダムス的な噂が絶えませんでしたが、これは6月12日がフィリピン独立記念日だからです。

ノアコインの目的はフィリピン労働者の為のプロジェクトであり、フィリピン独立記念日はノアコインにとっても絶好の発表日なのでしょう。

そんなノアコインが発表した内容は

  • ノアコインウォレット完成、ダウンロードリリース(Android版)
  • フィリピン最大のOFW向けペイメント会社Pay Remit社との業務提携

でした。

 

ノアウォレットの開発は、待ちに待った人も多いのでは?

これまでは、ERC20トークン用のウォレットなどで管理していたと思いますが、ノアコインが盗られたという話も聞きます。

専用の安全なウォレットができたことにより、そうした不安も減るのではないでしょうか?

ただ、今の所Android版しかないので、ios版が出ればダウンロードしてみます!

 

次に、Pay Remit社との業務提携におけるメリットは大きいと思います。

ノアコインペイメント

  • フィリピンの健康保険にあたるPhilHealthがノアコインで支払える
  • フィリピンのショッピングサイトでノアコインの支払いができる
  • 世界18カ国でノアコイン支払いができる代理店との取引が可能
  • 電気料金などの公共料金もノアコインで支払える

これらがうまく回れば、フィリピンだけではなく世界中にノアコインが広まるきっかけになります。

ただ、取引所への上場の話などは出なかったことが残念に思いますが・・・

 

今の所、詐欺だと言われていますが、なんだか着実に進んでいるように見えるので、これらの材料からノアコインの将来性はあると個人的に思っています。

 

いや、思いたい(笑)

 

でも、仮想通貨の世界は不確定要素満載なので、静観していこうと思います。

かそ太郎

ガチホしている立場から言わせてもらうと・・・詐欺とも言われようが爆上げしてくれえぇぇっ!!!!!

まとめ

ノアコインの好材料が出る中で、現状では大きな動きを見せていませんね。

織り込み済みと言うか「これだけなの?」って人も多いと思いますが、ノアコインは6月末にもまだ上場するような噂があり、どこに上場するかで大きく動くかもしれません。

また、最新情報が入り次第追記していきます!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です