気になる最新の仮想通貨情報!

ICO(仮想通貨)割れ攻略!買い時や注意点!詐欺の割合や見分け方解説!

ICO(仮想通貨)割れ攻略!買い時や注意点!詐欺の割合や見分け方解説!

今回は、最近特に多いICO割れについて書くと共に、書い時や注意点、さらにICO詐欺の割合や見分け方などを経験談やネットの情報などからご紹介します!ICO割れをうまく利用すれば攻略は出来る!?

スポンサーリンク

ICOとは?

まずはじめに、ICOって何のことなの??って分からない初心者の為に簡単に説明しておきます!

つう子

ICOはInitial Coin Offeringの頭文字を取ったもので、直訳すると「初期コイン提供」という意味です。

このICOは新規プロジェクトのために企業や団体が、資金調達のための手段として行うもので、ICOに参加すると「トークン」という独自の仮想通貨のようなものがもらえます。

投資家はこのICOを応援したいと思ったら、そのICOが指定した仮想通貨(ビットコインやイーサリアム等)を用意して、それをICOの運営側に送金することにより、トークンが貰える仕組みになっています。

ICO説明出典:MOBLOCK

企業や団体はこれで、プロジェクトを進める上で必要な資金がほぼノーリスクで手に入りますので、集める側がかなり有利な立場です。

そうして、プロジェクトが順調に進んだ場合、トークンは仮想通貨取引所に上場していくことになります。

投資家はトークンが上場することで、トークンの価値が上がり、上がったところで売れば利益が出るという訳です。

その他にもプロジェクトによっては、別で配当がもらえたり独自のサービスが得られたりするものもあります。

 

株で言うIPO(新規上場株式)と似た資金調達手段ですが、ICOはまだまだIPOほど専門機関の厳正な審査や判断基準がなく、本当にそれが投資するに値するのか判断が難しいのが現状です。

明確な審査や判断基準が乏しいため、プロジェクトを行うと言っておきながら、その意思がない場合でも短期間で数百億~数千億円を集めることができてしまいます。

これが本当にプロジェクトを遂行して、投資家に還元するために動いているならいいのですが、残念ながら詐欺を行うICOも少なくありません。

ICO(仮想通貨)詐欺の割合

かそ太郎

2018年に入ってICOで稼げなくなってきてるよね~。僕もあれこれ投資してみたけどダメだ~!やられまくってる人多いんじゃないかな?
かそ太郎は後先考えずに買っちゃうからね(笑)とりあえず、2017年のICOデータを見てみよう!

つう子

2017年 ICO実施件数 ICO上場件数 ICO資金調達額 ICOスキャム率
 ICOデータ数 915  230 約4500億円 約46%

ICO件数や調達額は皆さんご存知の通りで、年末にかけてかなり増えていましたね!

2018年は3月までの資金調達額は約5200億円なので、2017年度分をすでに上回っているからすごい勢いです。

さらに注目すべきなのは、news.Bitcoin.com調べでは46%(調査結果はバラツキがあるようです)のICOがスキャム(詐欺)ですでに運営されていないという点です!

ほぼ2件に1件が詐欺ICOだったことを考えると、怖い世界ですね・・・

 

いや、まだ驚くのは早いよ!2018年に入ってからも詐欺ICOは増えていて、今やその割合は81%になっているという話よ!

つう子

かそ太郎

えええ!?はち、81%!!??ほとんど詐欺やないか~い!!

ニューヨークのICOアドバイザリーサービスを行っている「Satis Group LLC」という会社の調査では

ICO詐欺割合

という結果になったとのこと。

ところで、詐欺って具体的にどんなICOのことを詐欺って言うの?

詐欺ICOはどのようなものなのか、下のように定義しているよ!

「(出資アドレス付きでウェブサイト・パブリッシング、ANNスレッド、ソーシャルメディア投稿を通じて)ICO投資の利用可能性を表明しながら、資金によるプロジェクト開発義務を果たさなかったか、果たす意志がなかったプロジェクトおよびコミュニティー(メッセージボード、ウェブサイトあるいはその他オンライン情報)から詐欺行為であると見なされた、すべてのプロジェクト」

引用:CoinChoice

誰がどう見ても詐欺ですね(笑)

 

中には資金を投じて開発したけど、行き詰まってしまい、結局失敗して放棄されたってパターンもあります。

これらを含めると、2017年のICO詐欺の割合は60%を超えると言われています。

その他には、ソフトキャップ(プロジェクトを行う上での最低資金)すら達成できなかった場合もありますが、この場合は返金されれば詐欺認定はされません。

 

2018年に入って、2017年ほどの仮想通貨バブルが起きることはないと思いますが、それでも色んな意味で認知され、関心を持ち仮想通貨へ参入する人も継続しています。

ですから、こうした詐欺ICOの現状を、今後参入してくる人やICOでやられた経験のある人は資産を守る為に知っておくべきことです。

詐欺ICOの見分け方

かそ太郎

ここまで詐欺ICOについての現状は分かったけど、どうやってそれを見分ければいいの?
これは色々な部分をちゃんと見ていく必要があるから、参考になりそうな情報を紹介していくね!

つう子

詐欺ICO8つの判定ポイント

COINHACK2さんでは、以下のように詐欺ICOを見分けるポイントを8つ挙げています。()は補足です。

  1. 誰かから誘われたICO(怪しげな仮想通貨系YouTuberなど)
  2. キラキラ系が絡んでいるICO(やたら豪華な写真や美女など)
  3. 広告で見かけるICO(Googleは現在ICO関連広告禁止している)
  4. 開発者やプロジェクトチームを信頼できないICO(ネットで開発者・運営会社などを調べてもまともな情報が出てこない)
  5. ホワイトペーパーの内容が陳腐で具体的な説明がされていないICO(内容が薄かったり、ページ数が圧倒的に少ない)
  6. 紹介料率が異常なICO(マルチ商法やねずみ講まがいの紹介システム【過去にロードというICOが紹介率80%だった】)
  7. 資金調達先がオープンでないICO(公式サイトが英語と日本語しかないなど)
  8. 謎の保証や成約がある、または限定的なICO(WITHの5円買い支え的なものなど)

引用:COINHACK2

 

例えば、かなりの人が詐欺だと言っているWITHを例に上げると当てはまるのは、①④⑤⑧じゃないでしょうか。

かそ太郎

WITHはもはや塵みたいなもんだよ・・・

①の疑惑 仮想通貨系YouTubeの殆どが転売屋

WITHは仮想通貨系YouTuberから購入しましたが、本当に儲かる案件ならみんなに教えずに自分でやります。

じゃあなんで教えるのかって、そりゃあ教えても利益が出るような立場であったり販売をしているからです。

つまり、運営とつながり、運営から安く購入して、末端の人に高値で売る転売してるからです。

 

販売する側は、運営から安く購入できるから上場後の利益も大きいし、転売益も得られるので一石二鳥です。

ただ、ここで誤解しないでほしいのは、全ての仮想通貨系YouTuberがそうではないということ。

④の疑惑 開発者や運営に対する疑惑が半端ない

これに関しては、当時無知すぎてなんの疑いも持たなかった僕が悪いのですが、調べるほど運営の黒い噂的なものが出てきていましたね。

開発者の松山光市氏に関してですが、セールページではシステムエンジニア仮想通貨の開発を行ってきたという素晴らしい経歴がありますが、実際にGoogleなどで調べてみると、具体的な経歴などは出てきません。

運営会社のD-BACインターナショナルも不明な点が多く、公式サイトのドメインはお名前.comで取得されたことが判明していますので、可能性として日本人が海外法人を立てて、法律面などで責任逃れや都合のいいことをやろうとしてるんじゃないかってことも言われています。

出典:投資案件検証委員会

⑤の疑惑 ホワイトペーパーの内容が薄い

現在は日本語版ホワイトペーパーはありませんが、WITH英語版ホワイトペーパーの内容が薄いことが分かります。

なぜって、たった6ページしかないんですから(笑)

ページ数が少ないのはダメってわけじゃありませんが、これはひどいです。

⑧の疑惑 運営から買い支え・政府公認・価格などの保証

WITHコインは運営が5円で買い支えることが確定みたいな言い方をしていましたね。

よくよく調べると、5円での買い支えではなく送金が5円レート固定という意味で、相場の買い支え云々は知らないみたいなことが、コイン速報に書かれていました。

 

実際に上場したら、売る余地もなくほとんどの人が購入したであろう3円を大きく下回り、0.5円付近まで下落しました。

さらにその後は、一時的に上がったものの、更に下落・・・

WITHチャート

かそ太郎

キイィィィィィッ!!!!!
お、落ち着いて(笑)

つう子

 

WITHに関しては、さらに

スポンサーリンク

  • 月間仮想通貨へ掲載される→やっぱり掲載されない
  • バイナンスにも上場する→やっぱり上場しない(バイナンスは事前に上場することを匂わせたり、告知すると上場させない)
  • 上場間近に売れ残りを2円とかで販売するYouTuber→やっぱりその価格でもマイナスになる
  • HitBTC上場日時が決定→やっぱり日時がアバウトすぎてみんな困惑してる間にちゃっかり上場(HitBTCのせいかWITHのせいか定かではない)

などなど、言い出したらきりがありません(笑)

COINHACK2さんの詐欺ICO判定ポイントは、さすがという感じですので参考にした方がいいですね。

かそ太郎

うん、これは僕が無知だったから悪いんだ・・・無知は最大の罪だね・・・あはははははははー
だから落ち着いてって(笑)でもさすがにWITHはもう・・・返事がない。ただの屍のようだ・・・

つう子

かそ太郎が経験した詐欺っぽいポイント

かそ太郎

僕は2018年から少ない数だけど、ICOに参加したり、ICO関連の情報を見てきたから、かなり怪しいなと思われるICOの特徴を自分の経験談から書いてみるよ!

  • 他のトークンのホワイトペーパーを一部パクる(AIEトークンで確認されている)
  • やたら煽るようにメールやLINEが頻繁に来る(AXEコイン・AIEトークンはかなり多かった)
  • 現状ある仮想通貨でも問題解決できそうなトークン(NOAHコイン、送金問題はぶっちゃけXRPでも解決できる)
  • 芸能人を起用して派手に宣伝する(スピンドルやミンドル、本当に良いICOなら起用する必要はない)
  • 上場間近なのに必死に安売りするYouTuberがいるトークン(WITHコインが上場直前に3円→2円や1円で売られていた=売れ残るほど期待値が低い)

これまで見てきた中では、こういったパターンが多く、すでに上場していても、そのどれもが見事にICO価格よりも低い価格で推移していることがほとんどです。

詐欺ICOに引っかからないための手順

では、これまでのポイントを元に詐欺ICOを見分ける順番を見ていきましょう!

つう子

購入する相手を見極める

購入しようとする、その人の得体が知れない(特に経歴など分からない仮想通貨系YouTuberやTwitterアカウント)、LINE@とかひっきりなしに誘導してくるような場合は、要注意です。

投資は優位性が肝心なので、自分以外の誰かに知られると基本的に価値が薄れていきますが、それでもメリットがあるとなれば自分が損をしない立場(運営と繋がっているなど)にいる場合です。

基本的に美味しい話は、自分が知っていればいいだけの話で、わざわざ手間を掛けて他人に宣伝して販売する必要性はありません。

それでもわざわざ販売するのは、販売することで自分に何かしらリターンがあるからです。

 

あと、豪華なパーティーの画像だったり、本人が必要以上に着飾っていたり、お金持ちアピールをプンプンさせている人も注意です。

人は豪華な写真やお金持ちアピールをされるだけで「この人はすごい人だ!この人が勧めるなら!」という心理に陥りやすく、稼ぎたいという射幸心を煽るためです。

リアルでの知り合いだったり、実際に会ったことがあり信用できるくらいの証拠などがあれば、まだいいかもしれません。

ICO公式サイトをチェックする

ホワイトペーパーのボリュームや質、日本語や英語だけではなく他の国の言語翻訳にも対応しているか、ICO時の価格、ロードマップがあるかなどを、よくチェックしましょう。

特に仮想通貨YouTuberから購入しようとしている人は、公式のICO価格をしっかり調べて、ピンハネされてないか調べてみましょう。

公式サイトから購入したほうが安ければ、そちらで購入すべきです。

ただし、日本居住者は購入できないなどの制約があるICOも存在しますので、自分ではどうしても購入できないということであれば、ICO価格が低い初期段階で最低購入額をを投資して様子を見るのもありです。

プロジェクトの開発者や運営会社の情報を調べる

実際に信用できそうな人からICOを紹介してもらったら、自分でもそのICOの開発者や責任者、運営会社などを調べてみましょう。

初心者の方はチンプンカンプンかもしれませんが、詐欺ICOはそれらしい情報や経歴を並べている人が多いです。

GoogleやYahoo!などで「開発者名」「開発者名+詐欺」「運営会社名」「運営会社名+詐欺」などで検索して、少しでも悪い噂があれば購入を見送ったほうが無難です。

プロジェクト内容を判断する

一番安全性が高いのは、すでにシステムやサービスが稼働していてある程度の実績があることが望ましいと思います。

一般的には開発段階でICOは行われますが、相当な期待や基盤がしっかりしているICOでない限りは避けた方が無難です。

すでにある程度稼働しているICOは、さらに今後事業拡大を図るためのICOを行うので、将来性も見込めると思いますが、これからシステム開発します的な、なにもない段階からのICOは頓挫する可能性も高いのでオススメできません。

 

とにかく言えるのは「怪しさ」を感じたら疑うことを覚えて、冷静に判断しましょう。

ICOは時間の制限や調達額の上限もある案件がありますので、焦る気持ちも分かりますが、そこで焦ってしまうと詐欺に合う可能性が大きいです。

ICO割れとは?

かそ太郎

ICO割れって、どんな現象なの??
ICO割れは、ICO時に購入した価格よりも、取引所に上場した時の価格が低くなる現象だよ!

つう子

さて、詐欺ICOが増えている中で、ひっかからないに越したことはありませんが、それでもICOでの購入は特別に安い価格だと思っている人も多いはず。

確かに、中にはICO価格よりも上昇してその価格をしばらく維持するトークンもありますが、2018年に入ってからそんなトークンはほんの一部です。

ICO時の購入価格よりも、上場後に価格が下がってしまうことを「ICO割れ」と言います。

 

かそ太郎

分かりやすい例として、WITHのICO割れしたチャートを見てみよう!

WITHで多くの人が3円での購入をしたラインと、ICO最終価格の5円の部分にラインを入れてみました。

見事にだだ下がりしてから、底辺まっしぐらで、その価格まで上がっていないことがおわかり頂けるだろうか??

ちなみに、WITHを販売していたYouTuberたちは、具体的な根拠もないのに未だに「そのうち上がるから」などと言っているという・・・

かそ太郎

個人的にはどこかに上場して、上がってくれなきゃ困るうぅぅぅ~!!

その他にも、HEROトークンだったりDateコインだったりがICO割れしてて、やっぱりICOって難しくなってる感じがあります。

じゃあICO割れを黙って見ておくしかないのかと言われるとそうでもありません。

このICO割れをうまく利用すれば、比較的安全に利益を得ることも可能です。

ICO割れ攻略!買い時や注意点!

かそ太郎

ICO割れを利用した攻略法なんて存在するの!?教えて教えておひえてえぇぇぇ!!!
だから落ち着きなさいって(笑)100%勝てる保証はもちろんないけど、買い時を見極めれば攻略は出来るはず!

つう子

これは至極簡単なことなので、攻略というのもおこがましい、もしかすると「バカにしてんのか?」って怒られそうですが、実直に実行できている人は利益出ていると思います。

 

まずは、ICOに参加しないでください

 

誰もが認める超大型完璧ICO以外はシカトして、その他のICOの上場時期や取引所の情報を集めてください。

そして、実際にトークンが上場したらやることは唯一つ。

 

ひたすら価格が下がるのを待つ

 

現在のICOはICO割れして、損する人が7~8割ほどいると言われています。

残りの3割はなんだと言われると、運営や大口の顧客や転売しているYouTuberが一斉に利確売りを行うので、利益を高確率で出しています。

この3割の売り圧力が強いので、価格が一気に下落していきます。

ひどい時は開始価格から1/100ほどまでに下落する場合もあります。

 

どこまで下落するかについては、様々な要因があるので一概に共通する答えは出せません。

しかし、上場後にICO割れするトークンは、ドンドン下落していくので、高みの見物で待てばいいです。

あとは、自分の中で「ここまで下がったら買う」という価格と数量を、自分の資産などを考慮して決めておき指値を入れておきましょう。

そして、ある程度下落して買うことができれば、あとは上がるのを待ちます。

 

もしここで、上がらずに下がりだしたら、ナンピン(買いを増やして平均単価を下げる手法)するか、思い切って損切りします。

はじめからナンピンする目的なら、初めの買いはそれほど多くせずに買って、その後さらにナンピンするか資産と相談しながら決めましょう。

うまく底値で買うことができれば、あとはひたすら上るのを待つだけという簡単な攻略です。

 

ただし、例えICO価格の1/100になろうが、絶望的に上がる材料がないトークンも多く、底値で買ったところで、上がる保証なんてどこにもありません。

ただ、このICO割れ後の下落による底値買いの最大のメリットは、リスクがICO参加よりも抑えられるという点です。

ICO割れがここまで頻繁に起こる事実を考えれば、参加せずに上場後の底値を狙ったほうが、含み損を抱えても知れてますし、上昇すれば利幅も大きいです。

もちろん、底値からの利確を欲張らずに、細かく短期取引しても利益は出る可能性があるので、資金をうまく回せる人はこのやり方でもいいかもしれません。

 

安い時に買っておいて、高くなったら売る

 

本当に基本的なことですが、実践して見る価値はあると思います!

注意

今回紹介した方法は100%確実に儲かるという手法ではありません。

底値で買えても、その後上昇する保証はどこにもありませんので、自己責任で行ってください。

まとめ

ICOはとても画期的な資金調達の手段ですが、本当に必要なプロジェクト以外の、本来の目的であるプロジェクトを充実させるためではなく、単なる金儲けの手段として行うプロジェクトが残念ながら多いです。

一部ではなく、半数以上が詐欺かまともに運営されないという事実があるので、個人的には金融庁はICO規制をもっと徹底的にやるべきだと思います。

仮想通貨業界は日本のシェアが大きいので、あの手この手であなたの資産を狙ってきますが、今一度冷静に考えて、無駄なリスクを負わなくてもいいように投資を行ってきましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です