気になる最新の仮想通貨情報!

トリニティ(仮想通貨)ICO購入方法や価格や上場情報!松本零士が参戦!

トリニティ(仮想通貨)ICO購入方法や価格や上場情報!松本零士が参戦!

今回は、あの松本零士氏がプロジェクトメンバーでもある、仮想通貨トリニティのICO購入方法や価格・上場情報やその他アレコレについてご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

トリニティ(仮想通貨)ICO購入方法/上場/価格/将来性!

かそ太郎

知ってた!?トリニティって、あの松本零士さんが手掛けているプロジェクトなんだって!夢があるなぁ~
マンガ界やアニメ界では著作権違反を堂々とする海賊版サイトとか、違法アップロードサイトが出回っているから、巨匠が立ち上がったってわけね!?

つう子

トリニティ(仮想通貨)ICO概要

トリニティは、銀河鉄道999や宇宙戦艦ヤマトで有名な超大物漫画家の「松本零士氏」が手掛けている、版権問題の改善やコミケマーケットを束ね、流通マネーのトークン化をブロックチェーンで実現しようとするプロジェクトです。

トークン名 トリニティ
トークンシンボル TRN
ハードキャップ ???
ICOセール期間 2018年7月~2018年9月
最低購入価格 1ETH~

トリニティ(仮想通貨)特徴

松本零士氏が手掛けているトリニティの特徴はどんなものがあるのでしょう?

  • 版権の管理
    現在、マンガやアニメなどの画像や動画のデジタルデータは、簡単に複製することが出来るため、多くの著作者や出版社にとって悩みの種です。
    そして、この複製という被害に遭うと、多額の損失を被る事件も現実問題として起こっており、版権をどのようにして管理し、保護していくかが課題です。
  • 世界コミケのオンライン化
    コミケでは、サークル申し込みについて、郵送申し込みの他、オンライン申し込みができます。
    申し込みサイトは、「サークルドットエムエス(Circle.ms)」です。
  • コミケ・ゲームアプリ等での決済トークン
    トリニティで発行される独自トークンの「TRN」は、マンガ業界のグローバルな決済手段として、中国をはじめとする世界中のコミケで使用されることがすでに決定しています。
    サブカル圏での世界的な認知の広がりが期待でき、また外出先でも使えるように、スマホアプリも開発が進められています。
  • VRでのアニメ世界とのジョイント
    トリニティのプロジェクトはすでに200名以上の漫画家が賛同し、既に開発も進み、プロジェクト公開に向けて準備中です。
    例えば、北斗の拳を手掛ける武論尊氏や、ルパン三世のモンキー・パンチ氏など、誰でも知っている漫画家の人たちが協賛しており、未来の漫画業界に革新をもたらす可能性が高いと、期待が高まっています。
  • AIでのオリジナルストーリー
    開発中のブロックチェーン上には、すでに書下ろしのオリジナルアニメのデータが記録されているということです。
    マンガのみならず、アニメなども関係する幅広い版権問題に取り組もうとしている姿勢がよく表れています。

など、今の2.0時代(体験型)から3.0時代をけん引する可能性を持ったプロジェクトであると言えます。

スポンサーリンク

トリニティ(仮想通貨)プロジェクトメンバー

松本零士氏

御年80歳の超大御所漫画家。代表作には銀河鉄道999や宇宙戦艦ヤマトなどの、大ヒット作がある。

トリニティ(仮想通貨)ロードマップ

ロードマップは現在公開されていません。

トリニティ(仮想通貨)購入方法&ICO価格

トリニティの購入方法は巷では購入用ラインが存在するようなのですが、公式かは不明です。

トリニティのICOは、2018年7月~9月に行われるようです。

  • 第1期 プライベートセール(7月予定)
    1TRN=0.0015ETH
  • 第2期 プレセール(8月予定)
    1TRN=0.002ETH
  • 第3期 クラウドセール(9月予定)
    1TRN=0.0025ETH

1ETH単位でのお申し込みになるので、注意してくださいね!

トリニティ(仮想通貨)上場先&時期

トリニティの上場先は、現状では分かっていません。

現在は、ホワイトリストへの登録を進めているようなので、認可が下りればどこかの取引所に上場される可能性は高いと思います。

ちなみに上場時期は、2018年秋ごろを予定にしています。

トリニティ(仮想通貨)将来性

かそ太郎

将来性あり!!

2018年6月29日に開催された「Block Co+ Tokyo2018」で、松本零士さんが登壇されました。

その中で、松本さんは、

「自分はブロックチェーンについてはあまりよく分かっていないが、アニメや漫画に関わる人たち、そして作家たちが、本当に夢を持ってこれからも発展していけることが大切だと思っています。そのために、テクノロジーにより切り開かれる新しい波に乗ることはとても重要です。アニメ・漫画業界がデジタル時代に対応できるよう、変革を促さなければいけないと思いこのプロジェクトに参入しました。」

引用:みんなの仮想通貨

と語られました。

松本さんをはじめ、多くのマンガ界やアニメ界の人たちが参加しているこのプロジェクト、今後のデジタル時代を切り開き、さらなる進化をしていこうということで、これからの展開や発表がとても楽しみなので、将来性を感じました。

特に、日本の漫画やアニメは世界中でも絶大な人気と影響力がある中で、海賊版や違法アップロードなどが後を耐えないので、そういった版権管理の部分で、ブロックチェーン技術を役立ててもらえれば、日本の文化価値を守ることにもつながるので、これは必要性が大いにあると思います。

そして、このプロジェクトは日本いや世界の漫画界やアニメ界をけん引していく、中心的な役割を果たすことになる可能性も十分あります。

トリニティ(仮想通貨)詐欺性

詐欺の可能性20%くらいかな?

つう子

あの巨匠、松本零士さんが中心として行っておられるプロジェクトであり、いくら何でもマンガ界、アニメ界の200人以上の人たちが揃って詐欺は働かないだろうという、僕の勝手な想像での判断です。

それに、そういった情報も出回っていませんし。

あとは、ちゃんと第0期のセールが6月29日に、宣言通り1TRN=0.001ETHで行われたことも、信用できる大きな要因でもあります。

何といっても、世界でもファンの多いアニメ界・マンガ界なので、セールが終わって上場がないなんて言うことはないかなと思っています。

トリニティ(仮想通貨)まとめ

松本零士氏が絡んでいることで、ヘタなICO詐欺的なことは出来ませんよね。

ブロックチェーンなどの技術的な部分には詳しくないとおっしゃっていましたが、それでもこれからのアニメや漫画業界の革新を願ってプロジェクトに参加しているので、個人的には期待したいICOです!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です