気になる最新の仮想通貨情報!

アソビコイン(仮想通貨ASOBI)買い方や価格や上場は?イケハヤ氏参戦

アソビコイン(仮想通貨ASOBI)買い方や価格や上場は?イケハヤ氏参戦

今回は、あのイケダハヤト氏がアドバイザーとなった、アソビコインの買い方や価格、上場情報などいろいろなことについてまとめてみました!

スポンサーリンク

アソビコイン(仮想通貨)ICO購入方法/上場/価格/将来性

かそ太郎

アソビモ株式会社って、ゲームの開発者が600人以上もいて、オンラインゲーム業界には欠かせない存在なんだって!今度は仮想通貨界にも仲間入りしちゃったけど、うまくいくのかなぁ?
まぁ、実態と実績がしっかりしている企業だから、まだ安心できるんじゃないかな!

つう子

アソビコイン(仮想通貨)ICO概要

アソビコイン

アソビコインは、日本国内で15年以上もオンラインゲームの自社開発を行っている「アソビモ株式会社」が仮想通貨事業にも参入し、事業拡大や新規調達を目的に開発したコインです。

ブロックチェーンテクノロジーを活用し、デジタルコンテンツの保護や流通プラットフォームを提供するために作られたコインで、デジタルコンテンツは現在のところ、モノと同じように二次流通がありません。

そこで、デジタルコンテンツも流通コストゼロでやり取りできるようにするのが、このアソビコインのコンセプトです。

トークン名 ASOBI COIN(アソビコイン)
トークンシンボル ABX
ハードキャップ 3億枚
最低購入価格 100$~
ICOセール期間 2017年7月4日15時~7月6日14時、2018年7月6日15時~7月16日14時59分

アソビコイン(仮想通貨)特徴

ASOBI STOREとアソビコイン

マンガ・ゲーム内アイテム・音楽ファイル・動画ファイル・電子チケットなどのデジタルコンテンツの保護をし、売買を行うことが出来るプラットフォームのことをプロダクトと呼ばれています。

そのプロダクト内で、売買を行う時に使うのがASOBI STOREで、売買するために必要な通貨がASOBI COINです。

その両者を利用して購入したり売却したりが簡単に行える仕組みになっています。

デジタルコンテンツの保護プラットフォーム

独自のブロックチェーン技術を活用し、デジタルコンテンツの所有権を明確にするシステムの「分散型セキュリティシステム(DSS)」をクラウド形式で提供し、デジタルコンテンツのP2P型の二次流通プラットフォームを立ち上げる予定です。

そのプラットフォームを使い、DSSを最大限活用し、読み終わったデジタルマンガや遊び飽きたゲームのアイテムやデータなどや、聞き飽きた音楽ファイルなどを有効的に個人間で売買できる仕組みの確立を目指しています。

二次(中古)流通の提供

ブロックチェーンテクノロジーを活用し、ゲームアイテム・ソフトウェア・電子書籍・音楽・動画・電子チケットなどの二次流通を目指しています。

ASOBI MARKETを通して購入したデジタルコンテンツは、分散型セキュリティシステム(DSS)が実装されているため、安全な状態で仮想通貨によるデジタルコンテンツの二次売買を行うことが出来ます。

SWITEX JAPANとは?

ASOBI STOREのゲームアイテムを二次流通させるためのプラットフォームを「SWITEX JAPAN」と呼び、個人によるゲームアイテムの売買や、ゲーム会社によるアイテム販売を行う予定にしています。

  • ゲームアイテム取引所
    ゲームアイテム取引所は、リアルマネートレードと呼ばれ、今までマネーロンダリングや不正の温床として問題視されてきましたが、SWITEX JAPANでは、アイテムの取引をするのにブロックチェーンで安全に管理できるので、不正な取引はかなり防ぐことが出来ると期待されています。
  • パブリッシャーへの還元
    いままでのアイテムトレードでは、パブリッシャーに対しての収益が全くありませんでしたが、SWITEX JAPANプラットフォームは、基本的にパブリッシャー公認にし、トレード金額に応じて、収益がパブリッシャーに還元されるような仕組みになっています。

アソビコイン(仮想通貨)プロジェクトメンバー

アソビコイン プロジェクトメンバー
アソビコイン プロジェクトメンバー1
アソビコイン プロジェクトメンバー2

スポンサーリンク

出典:アソビコイン公式ホワイトペーパー

アソビコイン(仮想通貨)ロードマップ

アソビコインのロードマップ

出典:アソビコイン公式ホワイトペーパー

アソビコイン(仮想通貨)買い方&ICO価格

アソビコインは、ビットコイン・イーサリアム・ビットコインキャッシュ・銀行振込と様々な方法で購入ができます。

7月11日現在では、プレセールステージ1が完売しています。

アソビコイン購入はこちら

また、ASOBI COINの受け取りには、「マイイーサウォレット」のアドレスが必要になるので、持っていない方は、先に作っておくと便利です!

マイイーサウォレット(MyEtherWallet)作り方・使い方(送金方法)解説!
マイイーサウォレット(MyEtherWallet)作り方&使い方(送金やカスタムトークン追加)解説!

 

アソビコインのICO価格はプレセールステージ1で、0.5$で販売されていました。

また、期間ごとにボーナスが設定されており、早い時期に購入すればするほど、高いボーナスを受け取ることが出来る仕組みになっています。

アソビコイン セール

アソビコイン(仮想通貨)上場先&時期

アソビコインの上場先および時期は、今のところ全く明らかにされていません。

ところが、公式テレグラムでは上場を示唆するようなコメントが運営側から出ています。

アソビコイン(仮想通貨)将来性

かそ太郎

将来性あり!!

アソビコインの生みの親の「アソビモ株式会社」は、日本でナンバーワンのオンラインゲームの会社で、とても地についた会社であることは間違いありません。

アソビコインがターゲットとしているデジタルコンテンツの二次流通市場は、とても莫大な規模(約1兆円規模)に今後発展していくと予測されています。

さらに、この規模が拡大すればするほどアソビコインの使い道は拡大し、使い道も明確にされているため、需要が生まれやすいことは確実です。

 

また、今回のプロジェクトに関してのアドバイザー企業も決まっており、先行きが明るいと言えます。

アドバイザー企業

NAGA GROUP

フランクフルト証券取引所に上場予定のドイツのフィンテック企業で、ICOで60億円を調達したという実績のある企業。

TOKEN SKY

世界最大級のブロックチェーンのイベントを開催したこともある企業で、マーケティング面のメリットがもたらされると考えられています。

 

また、アソビコインの最近の話題としては、

  • MAXむらい氏
  • イケダハヤト氏

が公式テレグラムに参加し、アドバイザーになったということです。

特に、「イケダハヤト氏」が動くと、仮想通貨も動くと言われているくらい、かなりの影響力を持った方だけに、これからどうなっていくのかが楽しみです。

もちろん、イケダハヤト氏については、賛否両論いろいろあると思いますが。。。

 

イケダハヤト氏がアドバイザーに就任したので、かなりのスピードでの拡散も期待できますので、軽くお祭り騒ぎになるのではないかと予想されています。

貴重なチャンスを逃さないためにも、しっかり日ごろからの情報収集と観察が大切です。

アソビコイン(仮想通貨)詐欺性

詐欺の可能性20%くらいかな・・・

つう子

唯一気になるのが、上場についてです。

 

アソビモ社は、すでにアソビコインの普及のために月間100万人のアクティブユーザーを保有するコンテンツを使っていく予定にしています。

また、発行枚数3億枚のうちの50%をプレセールで販売し、10%をエアドロップすることをすでに決めており、さらに「ブロックチェーンゲーム協会」なるものを設立しようとしています。

そんなこんなで、コミュニティはドンドン大きくなることは間違いありません。

 

あとはいつ、どこに公式に上場されるのか。

という点だけがクリアになれば、不安要素はないと言っても過言ではありません。

アソビコイン(仮想通貨)まとめ

アソビコインは、2021年以降に本格始動する予定になって、ですから、その後に急激に普及する可能性も秘めているため、今のうちにアソビコインを手に入れておくこともアリだと思います。

また、やっぱり上場してからじゃないと信用できないという人は、上場を待ってから購入してももちろんOKです。

将来的に楽しみになアソビコイン、新情報が入り次第、また追記していきます!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です