気になる最新の仮想通貨情報!

データブロックチェーン(仮想通貨DBC)購入方法や価格や上場情報!

データブロックチェーン(仮想通貨DBC)購入方法や価格や上場情報!

今回は、データブロックチェーン(仮想通貨DBC)について、購入方法や価格、上場情報などについてまとめてみました!

スポンサーリンク

データブロックチェーン(仮想通貨)ICO購入方法/上場/価格/将来性

かそ太郎

データブロックチェーンって、本当に必要な情報だけ手に入れられる仕組みなんだってさ!まだよくわからないんだけど、これからどうなっていくのかなぁ?
データブロックチェーンは、溢れているデータをより効率よく、正確に収集できる仕組みを作り、それを必要としている企業へ、安価に販売できるようにしていくよ!

つう子

データブロックチェーン(仮想通貨)ICO概要

企業が個人やデータを収集するための、効率的かつ画期的なデータプラットフォームを「Data Blockchain.io」と呼び、現在のデータ収集や査定の方法よりも簡単に入手可能で格安になります。

今やデジタル広告時代で、有り余るくらいの広告がありとあらゆるところに張り付けられています。

そして、収集が付かないデータの量がこの世にあふれているからこそ、必要なものを正確に最小限で済むようにする技術が求められています。

トークン名 データブロックチェーン(DBC)
トークンシンボル DBC
ハードキャップ 5000MM
最低購入価格 1ETH~
ICOセール期間 2018年7月5日~7月19日

データブロックチェーン(仮想通貨)特徴

データブロックチェーン1

ビッグデータビジネス

ビッグデータとは、消費者からの様々な種類のデータのことで、膨大なそれらのデータ(例えば消費者が何を買ったのか・検索エンジンで何が検索されているのか・SNSでは何が話題なのかなど)を分析して、データ販売企業がそのデータをほしい企業などに対して販売します。

しかし、現状ではその販売企業がデータを独占していたり、販売価格が高額だったりしますので、データブロックチェーンは、これらの独占や販売価格を抑える為のプロジェクトです。

さらに、AIやブロックチェーン技術を駆使して、データの正確性や必要ではないデータの購入をさせない仕組みを構築します。

バックエンドシステム

エンドユーザーにとってのデータの品質の信頼性と、データプロバイダにとってのトランザクション上の最終性を保証してくれます。

データブロックチェーン

ユーザーとデータソース間の堅牢なインターフェイスを提供してくれ、市場で非効率的なリスト・マネージャーとブローカーの複数のデータ・ベンダーとシングルポイント・ソリューションを作成します。

DBCCOIN

イーサリアムブロックチェーンで実装されたトークンで、トランザクションと支払いのためにSolidityで書かれたスマート契約を利用し、DBCCOINで購入を行ったり、プロバイダーに支払ったりすることが出来ます。

データブロックチェーン(仮想通貨)プロジェクトメンバー

データブロックチェーン3

スポンサーリンク

データブロックチェーン4

データブロックチェーン(仮想通貨)ロードマップ

データブロックチェーン6

データブロックチェーン(仮想通貨)購入方法&ICO価格

購入方法は、データブロックチェーンの公式サイトから購入できます。

データブロックチェーン公式サイト

ICO価格は、1DBC=12セントで、申し込み最小購入数は1ETHです。

データブロックチェーン(仮想通貨)上場先&時期

データブロックチェーンは、上場先も上場時期もまだ不明です。

データブロックチェーン(仮想通貨)将来性

かそ太郎

将来性あり!

日本ではおそらく認知度は低いと思いますが「ICO Bench」「Track ICO」「ICO Expert」などの海外のICO評価サイトでも、軒並み高評価のデータブロックチェーンです。

データブロックチェーン

それに、仮想通貨系YouTuberのKAZUさんが言っていましたが

プロダクトローンチで行われるICOは一見凄そうに見えますが、海外では認知されていない物がほとんどなのでどうしても日本人のシェアが多くなり、ICO割れを起こしやすくなります。

そう言ったICOに投資するよりも、元々海外からの評価、認知度が高いこの【Data Block Chain】の様なICOに投資する方が期待値は高いと思います。

これを見た時に、なるほどなと。

 

大げさなプロダクトローンチをやっていて、日本人が絡んでいるICOほどICO割れすることは確かに多いです。

その点から考えても、このデータブロックチェーンは優れていると言えます。

データブロックチェーン(仮想通貨)詐欺性

詐欺の可能性20%くらいかな。。。

つう子

将来性の部分でも書いたように、海外で評価がすでに高く、認知度も高いため、詐欺性は低いと考えられます。

 

さらに、このデータブロックチェーンって、日本で仮想通貨系YouTuberがこぞって宣伝してない案件なんですね。

多くの仮想通貨系YouTuberはピンハネ目的だったり、自分の利益しか考えてないような人が残念ながら多いので、そんな人達が宣伝してないってことは、単純に旨味がないと思って宣伝しないだけです。

本当に有益な情報を流してくれる人って、ほんの一握りなので、多くの仮想通貨系YouTuberが宣伝してないだけで好感が持てます。

 

あとは、データブロックチェーンの最高責任者のScott Hirsch氏の経歴がしっかりしているということです。

ICOは誰が中心になってやるのかが重要ですので、かなり期待は持てそうです。

このことから考えても、計画は順調に進んでいると思われ、かなり安心できる材料だと思います。

あえて言うなら、上場先や時期がまだ不明なことが少しネックになっているだけですね!

データブロックチェーン(仮想通貨)まとめ

海外ですでに認知度の高いICOは、それだけでICO割れする心配も少なく、安心して購入できる材料になります。

とはいえ、仮想通貨を購入するか否かは個人の責任なので、是非しっかり検討したうえで決断をしてくださいね!

また、新情報がわかり次第、追加したいと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です