気になる最新の仮想通貨情報!

BITPRO(レバレッジ500倍)取引所は詐欺か検証!登録方法や特徴も!

BITPRO(レバレッジ500倍)取引所は詐欺か検証!登録方法や特徴も!

今回は、BITPRO500という取引所の案件が、YouTuberなどが似たようなテンプレ文章で紹介し始めたので、これは怪しいと思って詐欺なのか独自に検証してみることにしました!登録方法や特徴などからも、検証していきます!

追記 疑問を取引所に聞いてみた結果・・・

スポンサーリンク

見たい場所へジャンプ!

BITPRO(レバレッジ500倍)取引所の特徴

かそ太郎

BITPRO500っていう、レバレッジが500倍で取引できる取引所がオープンするんだって!10万円でも5000万円分の取引ができちゃうんだよ!上手くいけば大金持ち!!!
ちょっと待って!レバレッジ500倍!?確かに、少額で大きな資金を動かせるのは魅力的ではあるけど、その分変動が大きいから資金管理をしっかりしないと、すぐに破産しちゃうから要注意だね・・・かそ太郎はすぐに撤退しそう・・・

つう子

BITPRO500特徴その1 レバレッジ500倍

BITPRO500 2

BITPRO500(現時点では仮名称らしい)は、仮想通貨取引所として世界初のレバレッジ500倍で取引可能な取引所です。

レバレッジとは?

いわゆるテコの原理。要は小さな力で大きなモノを動かすことができる。投資の世界で言えば、少額の資金でレバレッジ分の大きな金額を動かせる。

例えば、1万円の資金でレバレッジ100倍で取引すると、1万円✕レバレッジ100倍となり、合計で100万円分の取引が可能となる。

メリットは少額で大きな金額を動かせ、その分利益も100倍になるものの、デメリットは損失も100倍になるので、少額の資金であるほどすぐに資金が無くなる可能性があります。

上手く資金管理して、トレードが上手い人がやることによって少額の資金で効率よく利益を得ることが可能です。

でも、たまにビギナーズラックで、たまたま大きく利益を出す人もいるよね(笑)そういう人たちの大半はその後、資金を溶かす人も多いから気をつけたほうがいいよ!

つう子

BITPRO500特徴その2 日本円で入金可能

BITPRO500 3

日本で正式に認められている取引所では、日本円での入金が可能ですが、BITPRO500でも日本円での取引が可能となっています。

BITPRO500は海外の取引所として運営するので、通常であれば、ビットコインやイーサリアムなどでの入金となりますが、それが日本円で入金ができて、さらに日本の銀行口座への送金なども行えるので、かなり使い勝手の良い入出金システムだと言えます。

取引手数料は0.15%で、その他の詳細な手数料等は分かりませんが、低コストを売りにしています。

BITPRO500特徴その3 ゼロカットシステム

海外の取引所ではよくあるシステムですが、預けている資金が0になった時点で強制的に取引を決済するシステムがあります。

日本ではロスカットというシステムがありますが、預けている資金が残り~%まで減ったら強制的に決済をするシステムで、これは顧客の資産が0になるのを防ぐための措置です。

ゼロカットシステムは、この残り~%という割合がなく、そのまま0になるまで決済はされません。

なので、ギリギリまで損失を決済せずに取引を行うことが可能ですが、もし余剰金ではない資金で取引していて0になってしまえば、文無しになります。

BITPRO500特徴その4 取扱通貨はビットコイン+10種類程度

肝心の取引通貨ですが、当初はビットコインのみとなっています。

しかし、取引所運営していく中で、10種類ほどの通貨を取り扱っていく予定となっていますので、イーサリアムやリップルなどの主要通貨も取引可能になると思われます。

BITPRO500登録方法

かそ太郎

取引所は8月25日オープンとなっているから、現在は先行予約が行われているから、興味ある人は登録しておいたほうがいいかもね!

公式サイトから先行申込みが簡単に行なえます。

BITPRO公式サイト

さらに、LINE@への登録もあるので、気になる人は登録してみてください。

BITPRO(レバレッジ500倍)取引所は詐欺か検証!

かそ太郎

さて、ここからがこの記事の本番だよ!今回のBITPRO500はいきなり仮想通貨系YouTuberが、テンプレ的な文章で拡散し始めた案件なんだよね!
そうそう。仮想通貨系YouTuberが一斉に拡散し始めて、とにかくメリットしか言わずに申し込みを進めている場合は、まずはしっかりと下調べをしてみよう!最近だとICO販売でピンハネしたりするYouTuberもいるから、信用できない人がいるのも事実だからね!

つう子

ここから先の内容は、個人的な見解に過ぎないので、ご自身でも他の情報を調べて納得して頂くことをおすすめします。

BITPRO500の疑問点その1 一部の仮想通貨系YouTuberから情報が広まった

BITPRO500は世界初のレバレッジ500倍の取引所ですから、もっと大きなメディアにも取り上げられてもいいものの、現状ではそんな気配はありません。

というか、一部のYouTuberが突然拡散し始めたことを考えると、かなり自己利益だけを考えた案件である可能性が高い気がします。

おそらく、ある程度影響力がありそうな人に対して、宣伝の依頼をしている黒幕がいて、報酬をもらっている可能性があります。

BITPRO500疑問点その2 公式サイトがお粗末で日本語のみ

BITPRO500の公式サイトですが、なんというか素人でも作れそうなサイトです。

世界初を謳う取引所のサイトなら、もっと詳細な情報も記載されていてもいいと思いますが、そんなのは書かれてなく、とにかく登録を促すことを全面に押し出した内容になっているので、内容が胡散臭く感じます。

さらに、公式のツイッターなどの公式媒体もありません・・・

そして、日本語での記載しか無く、日本人専用みたいになってますが大丈夫なのか・・・

BITPRO500の疑問点その3 日本円で入出金できる取引所だということ

海外業者で言えばビットメックスが、レバレッジ100倍で行える仮想通貨FX業者として有名ですが、あくまでビットコインでの入手金は可能ですが、日本円での入出金なんてできません。

今回のBITPRO500も仮想通貨FX業者ですが、日本円で直接の入出金が出来るということを売りにしていますが、これは確かにすごく利便性の高い取引所です。

しかし、レバレッジ500倍もの仮想通貨FX業者に日本円で直接入金できるってなれば、金融庁が黙っていないと思います。

何かしらの規制が課せられる可能性が考えられます。

BITPRO500疑問点その4 プレミアム口座になるかもと煽る

BITPRO500 4

公式サイトでBITPRO500は今後、日本の規制に引っかかるかもれないから、今のうちに登録しておいた方がいいですよ的な煽り方をしています。

確かに事実といえば事実なのですが、規制される可能性があるってことは、後々、日本人の取引が制限される可能性だってあります。

しかも、オープンが8月25日ということで、9月以降の法規制前に登録をさせようとしています。

それから本当に法規制が入り、取引ができなくなるとなれば、一時的に取引はできても、長期での取引はできなくなる可能性があります。

スポンサーリンク

BITPRO500疑問点その5 海外取引所だけど登録できない国が多い

BITPRO500は海外の取引所だと思いますが、登録できない国が多いのが気になります。

アメリカ、アフガニスタン、ボスニアヘルツェゴビナ、中央アフリカ共和国、キューバ、コンゴ民主共和国、韓国、エリトリア、エチオピア、ギニアビサウ、イラン、イラク、リビア、レバノン、ソマリア、南スーダン、スーダン、シリア、ウガンダ、バヌアツ、イエメンの方は、日本に口座を持っていても登録できないとのこと。

でも、中国人の方で日本在住の場合は口座開設が可能ということです。

確かに、仮想通貨業界の資金は日本人のシェアが多いとは言え、取引所は手数料で稼ぐビジネスモデルなのに、わざわざ他の国の登録(規制等の問題があれば別)を制限する必要があるのか、ちょっと僕には分かりません。

BITPRO500疑問点その6 特商法の記載がない

これだけ大げさに世界初と謳っているのであれば、どんな会社が運営するのかも気になるところですが、全くそんな情報が記載されていません。

ICOでもそうですが、誰がやるのかが詐欺を見抜くための大きな判断材料となりますので、資金を預ける以上は現時点から詳細な情報の記載がないと、怪しさが増します。

しかも、BITPRO500という名所はあくまで仮の名称で、本当の名称はオープンしたら公表するという謎のじらし。

これをどう判断すればいいのかは、僕には分かりません。

BITPRO500疑問点その7 申し込んでみたら迷惑メール判定されてた

試しに先行申し込みをしてみたところ、迷惑メールに届いていました。

ちなみにGmailを使用しています。

BITPRO500 登録 迷惑メール

Gmailで迷惑メールに振り分けられる理由で、以前に迷惑メール判定されたメールに類似しているとか・・・

たまに、なぜか迷惑メールでもないのに迷惑メール判定されるものもありますが、たまたまかもしれませんが、一発目でこれだと怪しさが増しますね。

BITPRO500疑問点その8 公式媒体がLINE@のみ

個人的にはメールだけでも良いと思うんですけど、取引所の公式媒体がLINE@だけってどうなんでしょう。

まあメールだと到達率もあるので、届いてないなどの問題もないことはないので、LINE@便利だし利用するのは問題ありません。

ですが、ビットメックスはブログやツイッターなどありますが、BITPROの公式媒体がLINE@だけってのが引っかかります。

BITPRO500疑問点その9 LINE@のサムネやロゴがレッドブルのロゴに酷似

レッドブル、翼をさずける~♪でお馴染みのレッドブルのシングルブルと酷似しているというか、色変えただけのレベルです。

BITPRO500 レッドブル

BITPRO500 レッドブル ロゴ

レッドブルはもちろんロゴを商標登録しているので、これは大丈夫なんでしょうか?

ちなみに、以前レッドブルのロゴに酷似していたとして、以下のような問題が起きたことがありました。

レッドブルの牛の図形商標に関し4条1項15号が問題となった事件。審決では非該当としたが、知財高裁ではレッドブル商標の著名性を認めたうえで4条1項15号に該当と判断(審決取消)。

【RedBull、4条1項15号、出所の混同、商標の類似性・著名性等、需要者注意力、商品化事業グループ、ライセンス、おそれ】

出典:裁判例と知財実務 GKブログ

まさかレッドブルのシングルブルが、無料素材かなんかの画像を組み合わせて使用していただけってなら、まだ話は分かりますが、そんなワケ無いでしょうし(笑)

ただ、名称がオープン時に正式名称になるらしいので、ロゴも一新されるかもしれませんが、なんかワケワカメです。

BITPRO500の疑問点その10 海外取引所なら日本の特商法は通じない可能性も

BITPRO500は海外で運用されるはずなので、そうなればその国の法律に沿って運用します。

そんな時に心配なのは、日本の法律が通用しない可能性があり、なにか問題が起きても泣き寝入りする可能性があるということです。

しかし、これは他の取引所でも同じことが言えますので、今後の詳細な情報で、その辺りどうなるのかサポート面などをしっかり把握しなければいけません。

BITPRO500は詐欺か総評

かそ太郎

現時点ではかなり怪しい・・・けど、詐欺とは言い切れない・・・

開示されている情報が少なすぎるのと、変に登録を煽ってくる辺りが怪しいです。

運営元の会社も実態も不明な今は、とりあえず先行登録をしてみて、来るであろう情報を精査するしかないですね。

BITPRO500まとめ

さて、ここまで特徴や登録方法、詐欺なのか検証してきましたが、個人的には静観するしかないと思います。

先行登録したからと言って、別に怪しいと思えば使わなければいいだけの話で、不利益を被ることはないと思いますので、情報だけを得るために、気になる人は登録しておいてもいいかもしれません。

とりあえず情報が少ないので、間違っているところがあれば指摘して頂けると幸いです。(すぐに修正します)

またなにか分かれば、追記していきます!

疑問点をBITPRO500に聞いてみた結果・・・

かそ太郎

記事を書く時に、思っていた疑問をBITPRO500に聞いてみたよ!

今回の記事の疑問全てを聞いたわけではありませんが、いろいろ情報が手に入ったので書いておきます!

Q.公式媒体が現状LINE@だけなのか?

A.メールアドレスへの到達率が非常に悪くなっている為、LINE@も併用して使用しております。

Q.LINE@以外の公式媒体はないのか?運営会社の詳細はないのか?

A.現在バヌアツにて、法人の設立をしております。法人が出来るまでは公式媒体の準備は出来かねます。8月25日までにはすべて準備を整えて動いていっております。

Q.アメリカを始めとした多くの国の登録が制限されている理由は?

A.各国での法律に準じるためです。(バヌアツは比較的暗号通貨にゆるいので法人はバヌアツとなります)例えば、アメリカ国民は禁止されているのに、弊社の取引所でアメリカ人が口座開設して取引した場合、アメリカ政府から圧力が掛かる可能性がある為です。

Q.日本円でなぜ直接入金できるのか?金融庁からの規制に対する対策はあるのか?

A.こちらは確認を取りながら進めている内容ですが、現状では、法律の範囲内となります。金融庁からの規制は日本に進出予定の取引所ばかりで、レバ500倍取引所は日本に進出する予定がない為、規制が掛かることは現状ありません。

Q.BITPRO500のロゴがRedBullのシングルブルと同じなのは問題ないのか?

A.ロゴマークの方も仮とさせて頂いておりますので、取引所オープン時に正式なものを差し替えさせて頂きます。

 

なるほど、今は仮想通貨規制が緩いバヌアツで法人設立の準備中ということで、情報が少ないのもうなずけます。

ちなみに、質問を送って1時間少しで返信が返ってきたのは、少し好印象でした。

今後も、疑問に思ったことなどを質問してみたいと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です