気になる最新の仮想通貨情報!

SWE(シルバーコイン)ICO詐欺検証!日本再生プロジェクトで石油王に!?

SWE(シルバーコイン)ICO詐欺検証!日本再生プロジェクトで石油王に!?

かそ太郎

やあ、かそ太郎だよ!今回は、小堀ようすけなる人物がアンバサダーのSWE(シルバーウェーブエナジー)トークンについて、詐欺検証を書いていくよ!なんでも、日本再生プロジェクトで石油王になれるんだとか(笑)

スポンサーリンク

SWE(シルバーコイン)ICO詐欺検証!

かそ太郎

SWEトークンって、石油価格と連動しているトークンなんだって!しかも、石油王を2000人も作る日本再生プロジェクトなんだって!僕も石油王になりたーい!!
ほんと単細胞な性格なんだから(笑)そんな都合よく石油王が2000人も作れるわけ無いでしょ!!怪しさ満載の謳い文句だよ!!

つう子

SWE(シルバーコイン)概要

画像1

SWEトークンとは、別名シルバーコインとも呼ばれている新たなトークンです。

このSWEトークンは、石油価格と連動するトークンでアセットバック型という仕組みが採用されています。

アセットバック型とは?

アセットバック型とは、そのトークンが他の現物資産(法定通貨や資源など)の価値と連動するトークンのことです。

USDTがまさにそうで、アメリカのUSDと価値が連動して推移します。

今回のSWEトークンは、石油価格と連動するトークンとなっています。

 

SWEトークンの特徴をまとめてみました!

  • 画像2
    発行会社のSWE社は南アフリカや南アフリカ東海岸にある6つの海域に、約224,615平方kmの独占的技術協力許可と採掘権を保有している企業
  • トークン生成時から原油価格とに基づいた価値で変動するアセットバック型トークン
  • 採掘された石油の利益50%が配当が分配される権利型トークン
  • 今回のICOは今後の石油開発をさらに大きくするためのもの
  • すでに取引所への上場が確定している
  • ICO割れしないように、1兆円規模の銀行に買い支えを行ってもらい、上場後の不利益を抑える

という感じのICOです。

これだけ見れば、魅力的なトークンですが・・・

ここからは、怪しい部分に関していろいろ突っ込んでいきます!

日本再生プロジェクトで石油王2000人!?

今回のICOはこんな感じで、プロダクトローンチされて大体的に宣伝されています。

SWE 日本再生プロジェクト 石油王

日本再生プロジェクトとして、石油王を2020年までに2000人作るという、ぶっ飛んだ宣伝文句です。

よくある怪しい感じのページで、特設ページとLINE@への誘導が目的です。

 

こういった案件は、上場後にICO割れする可能性が非常に高い(大きく宣伝しておいて、上場後に運営などが利確売りを浴びせる場合が多い)ので、要注意です。

なぜかプレゼント企画がある

ICOの紹介に、なぜプレゼントが必要なんでしょうか。

SWE1

1BTC4人と1ETH40人にプレゼントされるみたいです。

確かに、SWEトークンはBTCとETHで購入できますので、プレゼントしてくれるならそれで購入はできますね。

ただ、こういったモノで釣ってまで登録させたり、動画を見させたりするのは、怪しさ満点です。

大手取引所に上場確定している?

さらに、取引所への上場も確定しているという、ことを動画内で言っています。

しかし、取引所の規模によってはお金払えば厳しい審査が無くても上場できるので、本当であっても上場する場所によって期待値が全く変わります。

非公式販売の可能性

こういったプロダクトローンチを大体的にやって、宣伝する場合には結構宣伝費がかかります。

つまりその分や、手数料としていくらか上乗せして、非公式に日本人に高値で転売しようと企んでいる可能性が非常に高いです。

非公式の場合は、公式からクレームが来れば販売中止になる可能性もあります。

 

ちなみに、SWEトークンの公式販売価格は4$となっています。

公式での購入自体は7月31日まで出来るようなので、気になる方はアクセスしてみてください。

SWEトークン公式サイト

今回のセールで4$よりも高い場合は、確実にピンハネしてますので気をつけてください。

小堀ようすけの存在

今回のSWEアンバサダーと名乗る小堀ようすけという人物ですが、やはり詳細な情報は出てきません。

顔写真を公開してないので同一人物かは不明ですが、唯一出てくるのは、オプション取引のプロの投資家 小堀ようすけがヒットします。

ICOでは誰から買うのかが重要なので、こんな得体の知れない人が紹介している時点で怪しいです。

特商法の所在地がシンガポールで販売会社の得体が知れない

SWE 特商法

SWE社はシンガポールに本社を置く企業になりますので、所在地がシンガポールになるのは当たり前の話ですが、この日本人向けに行われているプロダクトローンチでは、RESPECT MD PTE.LTD.という会社が販売しています。

発行はSWE社ですが、販売はRESPECT MD PTE.LTD.という得体の知れない会社です。

住所がシンガポールということで、日本の特商法が通用しない可能性が高いので、トラブルが合った時は泣き寝入りするしかありません。

さらに、この会社と代表者を調べても、まともに情報が出てこないことからも、このセールで購入するのはリスクが高いと思います。

SWE社のサイトにアクセスできない?

7月16日現在、SWE社の公式サイトにアクセスして、詳細な情報を得ようとしましたが、なぜか応答時間が長すぎてアクセスが出来なくなっていますので、少々気になる部分です。

参考

公式SWEサイト

結論

とりあえず、ここまでで気になったことを書いてきましたが、SWEトークン自体の詐欺性は、あまり感じられませんでしたが、それを紹介しようとする人たちに怪しさを感じざる終えません。

あんなにいい条件のICOなら、すでに購入者が殺到していて、わざわざこんな大体的に費用かけてICOなんてしなくてもいいはずです。

公式に行っているセールならまだ分かりますが、そういったことは書かれない以上は、非公式の可能性が高く、転売目的で事前購入し、高値で売りつけるパターンなんじゃないかと思います。

その他気になること

SWE ロードマップ

これは詐欺検証とは違いますが、SWEのロードマップを見ると、石油生産拠点の運営がが2024年になっています。

つまり、2018年~2024年までは配当は入ってきません。

スポンサーリンク

ロードマップ通りに進んでこの期間待つ必要があるので、上場後の価格維持は難しいかもしれませんね。

まとめ

とりあえず、気になった点を書いてきましたが、まあ販売側が怪しさ満点です。

得体の知れない誰かが、大体的に誇大広告で宣伝するというパターンでは、ICO割れする可能性が高いのが特徴です。

まだ、詳細な情報が出ていないので、今後もなにか情報が出てきたら追記していきます!

7月17日追記 動画に小堀ようすけ&デビィ婦人出演!?

さて、SWEトークンが第2弾の動画を出しました。

実際に内容を見てみると・・・

 

っと、その前に、初めに断っておくと、動画の最後でデヴィ夫人との契約の関係で、動画をサイトに載せたり、転載をするなということでしたので、動画自体は載せません。

なので、感想だけ書いておきます。

 

個人的主観での感想なので、誹謗中傷してるわけじゃないです。

あくまで、感想です・・・

やはりあの小堀ようすけ・・・

まず冒頭で小堀ようすけが出てきますが、顔を見た瞬間にピンときました。

やはりプロトレーダーとして情報商材などを売っている、あの小堀ようすけ本人のようです。

以前とは違って髪も茶髪に染めて短くしていましたが、双子でない限りは小堀ようすけ本人だと思います。

小堀ようすけに関しては、オプション取引等の情報商材(ダブルファントムトレード)などを販売していますが、評判はあまり良くないようです。

参考

小堀ようすけの評判口コミ株予想

 

動画の初めと終わりにSWEトークンについて話していましたが、印象は・・・察してください(笑)

デヴィ夫人登場!

途中で、映像が切り替わり別撮りされた映像に、デヴィ夫人とSWE社の最高責任者ミンミン氏と、視界にボンバー森尾氏が登場。

デヴィ夫人が登場したのは事実で、間違いありません。

今回なんでデヴィ夫人なのかということでしたが、デヴィ夫人も石油関連事業に1980~1993年に携わっていた過去があり、インドネシアでプラントを建てることに従事していたということからの起用だったみたいです。

 

でも、あまり知られていない事実なのに、どうやって確認して出演依頼した経緯については不明です。

デヴィ夫人が石油プラント事業に従事していたということや、SWE社の可能性について言及していることは分かりましたが、SWEトークンへの投資については触れていませんでした。

デヴィ夫人は、SWE社への関心があり、別の形で投資しているのかもしれませんが、今回のプロダクトローンチのことやトークンに関しては分かっていないのかもしれません。

 

あと、所々でカンペを見ているかのような目線の動きがありましたが、本当に見ていたのかは定かではありません。

そして、デヴィ夫人のブログでは、今回のSWEトークンの宣伝や内容は書かれていませんね。

芸能人を起用するICOは・・・今後の展開を待ちましょう。

SWE社について

SWE社については、ドイツのフランクフルトにて上場をする予定だということや、それを皮切りにニューヨークやロンドンでも上場させるということでした。

それに何よりも、世界最大の鉱区を保有し、採掘権も持っていることが、何よりの強みだということも言っていました。

今後枯渇すると言われている石油事業では世界最大の企業になる可能性もあります。

日本再生プロジェクト→資源ニッポン大国化プロジェクト

プロジェクト名が以前は日本再生プロジェクトだったのですが、今回の動画では「資源ニッポン大国化プロジェクト」となっていました・・・

プロジェクト名そんなコロコロ変える意味は不明です。

小堀ようすけとデヴィ夫人は直接関わっていない?

動画を見ると分かりますが、小堀ようすけが冒頭で説明した後に、映像が切り替わってデヴィ夫人が登場します。

アンバサダーなら一緒に映っている映像があってもいいようなものですが、その場には小堀ようすけはいませんでした。

そして、最後の方にまた小堀ようすけの映像が・・・得意げに終始話していますが、どうも印象が・・・

今回のまとめ

  • 小堀ようすけの印象は・・・察してください
  • デヴィ夫人は本物で、石油プラント事業に従事していたこと、投資家としての観点からSWE社を褒めていた
  • SWE社は世界最大の石油鉱区と採掘権を保有し、フランクフルトを始めとした世界の株式市場参入予定
  • プロジェクト名が「日本再生プロジェクト」→「資源ニッポン大国化プロジェクト」に変わっていた

ただ、やはり気になるのはやり方です。

ここまで凄いトークンなら、勝手に投資家は食いつくでしょうから、こうしたプロダクトローンチ形式でやらずに、もっと別の形でやればいいのになーと思います。

また、続報があれば追記します!

7月18日追記 南アフリカ現役閣僚登場の巻

さて、第3話の動画が発表されましたが、今度は南アフリカの現役閣僚で、石油関連の最高責任者とされるトウザミ・クリップル氏からの推薦動画でした。

要は「SWE社は素晴らしいから、みんな投資してね~!」ってことです。

トウザミ・クリップル氏のことを少し調べてみましたが、確かに南アフリカの石油関連の最高責任者で間違いないようです。

過去の記事にも石油の議長という形で紹介されています。

South African Oil and Gas Alliance chairperson Mthozami Xiphu
引用:ENGINEERING NEWS

 

さらにLinkedinでは、下記のような経歴が見れます。

トウザミ・クリップル Linkedin

 

ツイッターのフォロワー数は、めっちゃ少ないですけど。

トウザミ・クリップル ツイッター

ということで、南アフリカの石油関連の最高責任者が、SWE社を応援しているというのは間違いないようですね。

まだ全ての情報が出てないので、もうしばらく静観する必要はありそうです。

7月21日追記 SWEトークン(シルバーコイン)のメリット

第4弾の動画では、SWEトークンのメリットが詳細に語られていました!

とにかく、SWEトークンが上場後に

SWEトークンのメリットまとめ

  • 隣国の2兆円規模のメガバンク2行が買い支えする
  • 原油価格と連動しているので価格は半年で15倍ほどに上がる予定
  • ICOでは世界で一番安く(400円)SWEトークンが購入できる
  • 大手取引所3社への上場が確定している
  • 同じような石油関連のペトロコインは4700億円も集めた事例がある

とまあ、こんな感じのメリットを言っていました。

 

これらが全て正しいなら、価値の上昇は確かに期待できます。

でも、個人的には全てを鵜呑みにせず、余剰資金で様子を見るのがいいかなと思っています。

有名人が出てこようが、いいことを言いまくろうが、ICO割れしてきたコインは数知れず・・・

 

あとは、あなたの判断次第です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です