気になる最新の仮想通貨情報!

クラウドマイニングとは?仕組みや稼ぐ方法を解説!

クラウドマイニング 仕組み

今回は、仮想通貨のクラウドマイニングについてです!マイニングで稼ぐ方法、仕組みについても解説していきます。

スポンサーリンク

仮想通貨のマイニングとは?

特徴

「マイニング」(採掘)とは、二重払いや不正を防ぐために、過去の取引履歴のデータが正しいものかを確認しながら、取引の承認・確認作業をおこなっていくことを言います。

「マイニング」の種類

①ソロマイニング

・1人で堀りすすめていく方法。

・現在では、1人での参加は初期投資が高額になり、機器のセッティングやメンテナンスの知識など、さまざまなリスクがついてきます。

・採掘に成功する確率がとても低く、効率が悪くなるので、非現実的です。

 

②プールマイニング

・複数の人たちが協力して堀りすすめていく方法。

・成功する確率が高くなり、安定して報酬を受け取ることができます。

現在では、第三者が不正に端末を動かし、勝手に「マイニング」作業をさせるためのサイトなども横行しています。さまざまな仮想通貨の種類が増えるとともに、日本国内でもプログラムを送られてきて、勝手にマイニングさせる不正サイトの報告が、2017年5月から増え始め、いまも増加の一途をたどっています。

2017年10月には、ダウンロードすると勝手にマイニングを始める、スマホの偽アプリが「アンドロイド」の「PLAYストア」で確認され、また同1月~9月にウェブカメラやゲームにも不正プログラムを埋め込まれたりしているようです。

端末ではウイルス感染のような大きな打撃はすくないものの、動作が遅くなったり電気代がかかったりと、あまりうれしくないことが起こります。

トレンドマイクロ社は、

「最新のセキュリティーソフトを入れ、OSを最新に更新しておくことで防ぐことができる」

引用:https://mainichi.jp/articles/20171222/k00/00e/040/271000c

としています。

マイニングの仕組みは?

それでは、「マイニング」の仕組みについて見ていきましょう!

「マイニング」とは、一言で言えば仮想通貨を暗号化するシステムで、取引履歴のシステムに参加し、その対価として報酬を得ることを言います。仮想通貨は、常に「ブロックチェーン」が行われ、順次「ブロック生成」が行われています。このシステムがあるからこそ、中央管理機関なしで正しく処理されているのです。

この正しく処理するための作業は、どのようになっているのでしょう?すべてコンピューターが計算してくれているのです!でも、1つのコンピューターでこの作業をするのは不可能です。

 

そこで、この追記作業に融資のコンピューターリソースを借りることにより成り立っています。余っているコンピューターの計算能力を借りることにより、膨大な計算を行うことができ、それをみんなで共有し、1つの大きな取引台帳として順次追記していっています。

スポンサーリンク

そして、計算能力を貸してくれ、追記処理を成功させることができた人には「報酬」として新たな通貨が支払われます。それを「マイニング」と呼びます。そして、仮想通貨の発展を信じる人たちが、日々この「マイニング活動」に力を注いでいるのです!

 

ここで問題になるのが、自力でマイニングをしようと思うと、マイニングマシンの導入費用や維持費(電気代)、さらにマイニングの知識が必要だということです。

さらに言えば、現状は超高性能のコンピューターをかなり多く用意して「マイニング」を行わないとそれなりの結果が出づらくなっていて、お金儲けのために始めたことが実は準備段階で大赤字になり、電気代でかさんして大損してしまったというような例もあるので、注意が必要です。

 

では、他にもっとお手軽にマイニングする方法はないのでしょうか?ズバリ!あります!

知識が無くても稼げるクラウドマイニングとは?

マイニングは専門的な知識なしで、マシンがなくても参加する方法はあります!専門的な知識なしで資金のみを出すだけで「マイニング」に参加する方法を、「クラウドマイニング」といいます。

「クラウドマイニング」とは、「マイニング」への参加をオンライン上のみで行う方法で、「クラウドマイニング運営会社」で契約し、契約に応じた資金を出すだけで参加ができます。もちろん、特別な知識はいりません!

ここでは、国内のクラウドマイニング会社をご紹介します。

 

iMining
国内初のクラウドマイニング会社で拠点がはっきりしているため、詐欺などの心配も少ない。Paypal決済を導入しているため、買い手の保護が強力。嬉しいことに、すべて日本語で対応可!

参考

imining国内初クラウドマイニング会社

今後に期待なマイニング会社

SBI
「ビットコイン」から分裂して誕生した「BCH」のマイニングを開始している。日本大手金融会社という安心感や、リップルへの出資やリップルが目指す国際送金事業を成功させるための送金事業も行うSBI Ripple Asia株式会社設立、ICOサポート会社やICO格付け会社設立、さらに自社通貨Sコイン発行など仮想通貨事業を拡大させている。

 

DMM.com
「イーサリアム」などのアルトコイン(オルトコイン)も積極的にマイニング予定。2017年9月から仮想通貨事業を発足し、日々開発研究を行っている。2018年に入ってからは「マイニングラボ」を新設し、マシン1台あたりの電力に対していかに最大ハッシュパワーを高められるのかを研究。2018年度中には「マイニングファーム」や「クラウドマイニング」事業にも参加するとのことで、自社マイニングとクラウドマイニングを行うとのこと。

 

GMO
「ビットコイン」のマイニング強化を目標にしている。マイニングマシンを北欧で試験的に運用し一定の利益が出ることを確認し、前倒しで事業を開始。一般的にサービス展開をするのはもう少し先になりそう。年度末には自社製のマイニングマシンの発売なども視野に入れて、積極的に開発を行っている。トークンセールなども検討中。

参考

GMOマイニングサイト

 

よく検討を重ね、よく調べてから「マイニング」の世界に足を踏み入れてくださいね!!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です