気になる最新の仮想通貨情報!

ビットコイン(BTC)のチャートと今後!購入できる取引所や買い方!

ビットコイン 特徴 メリット デメリット

今回は、仮想通貨のビットコイン(BTC)とは何か?ビットコインの特徴やメリット・デメリット、チャートから見る今後や購入できる取引所や買い方について書いてみたいと思います!

スポンサーリンク

ビットコイン(BTC)とは?

「ビットコイン」とは、インターネットが世界に普及したことで生まれた、新時代の通貨です。またの名を、「仮想通貨」「暗号通貨」「デジタル通貨」などと言います。ビットコインの単位は、「BTC」です。

「コイン」という名がついているので、「ビットコイン」というコインが現実に存在すると思う人もあるかもしれませんが、コインは存在しません。つまりコンピュータのシステムが、「コイン」という概念を生み出しているということになります。ゲームのコインの仕組みを考えてもらうと、分かりやすいかもしれません。

ゲーム内のコインは、ゲームの中で1G(ゴールド)などと表され、「コイン」としてゲームの中で決済することができますが、実際に紙幣や硬貨としては発行されていません。それと同じ概念ですが、ビットコインに関しては現実でも利用できるコインです。

 

では、「ビットコイン」を持っていると、どんなことができるのでしょう?簡単に3つご紹介します。

「ビットコイン」で出来ること

買い物ができる
物やサービスを買うことができます。まだまだ、取扱店舗は少ないですが日本ではビッグカメラなどで使うことが可能です。

 

資産形成ができる
将来的に価格が上昇する可能性があるため、安い時に買って保有しておけば資産形成に一役買ってくれるかもしれません。ただし、あくまで投資なので必ず上昇するわけではないことも、視野に入れておきましょう。

 

海外送金が簡単にできる
ビットコインは世界共通の仮想通貨と言えるので、ビットコインなどを扱っているサービスや取引所などへの送金がスムーズに行なえます。日本の銀行から、その国の通貨に換金して送金するとそれなりの手数料や時間がかかりますが、仮想通貨であればその点は安くて早いですね。

ただし、まだまだ普及しきれてないので、今後に期待です。

認知度は上がってきているとは言え、まだまだ一般的に普及しきれていないのが現状ですが・・・最近(2018年2月時点)では、不動産がビットコインで買えたり、旅行会社や家電量販店でも取り扱われていますね。

今後さらに色々なサービスや企業などでの導入が一般化されてこれば、利便性もましてくると思いますのでできることも増えてくるはずです。

ビットコイン(BTC)の特徴やメリット・デメリット解説!

「ビットコイン」のメリットやデメリットは、どんなことが考えられるのでしょう?それぞれについて書いて見たいと思います。

ビットコイン(BTC)のメリット

仮想通貨 メリット

送金スピードが早い
ビットコインは即時取引の方法が用いられ、ブロックチェーンにより確認が行われています。しかも、365日24時間取引可能!

送金手数料が安い
制限がなく、どこにでも安い手数料で送金可能です。(国による通貨の違いを気にしなくてよい。)取引所から別の取引所にも送金できるし、取引所から自分のPCウォレットにも送金できます。

個人的な情報が漏れない
個人的な秘密情報を送信することがないので安全だと言われています。公開鍵は公開されていますが、秘密鍵は永遠に秘密のままで、これら2つの鍵を数学的に計算し取引を行い、この計算結果が証明書となります。

ビットコイン(BTC)のデメリット

仮想通貨 デメリット

価格変動リスクが高い
認知度の高いビットコインですら、価格変動リスクは大きいです。2017年5月の時点では10万円台だったビットコインですが、同年12月には高騰し200万円台を突破、その後2018年2月には60万円台まで急落するなど、マネーゲームの対象となるケースもあり、価格変動リスクが大きい可能性を十分に理解しておく必要があります。

スポンサーリンク

 

取引所の破綻
もし、「ビットコイン」の取引所が破綻したら、取引所内の自分の所有している「ビットコイン」は保証がない限りすべて失うということになります。それを防ぐために、複数の取引所に分けて預けたり、信頼度の高いウォレットを使うなどの対策をしておきましょう。

 

④相続できない状態に陥らないように
もし突然の事故や病気になり、秘密鍵を知らせることができない状態になった場合、本人しかその秘密鍵を知らないため、家族すらどうにもできない状態になってしまう可能性があります。そのため、共有すべき人とはしっかり共有しておかないといけません。

参考

ビットコイン保有者、死亡時幾ら残したのか-肉親にも分からないBloomberg

ビットコイン(BTC)のリアルタイムチャートと今後の将来性


ビットコインの将来性は有望であり、今後も価格の上昇が見込まれています。そして2025年の財産に「土地」と「暗号通貨」が2TOPとして君臨すると予想されていて、特に注目されることは、ビットコイン保有者のみが住む町が出現し、その場を「城塞」と呼び、世界各地からビットコイン長者が集まると言われています。

そして、その町ではビットコイン長者と彼らの財産を守るサービスが出現します。最初は高級な金庫からはじまり、ボディーガードなどもしっかりつくような「城塞」が出来上がり、城塞の中にあるほとんどの仕事が自動化されているような暮らしぶりです。

そして、今や問題となっている税金はビットコインが匿名取引で行われるため、大半の政府が存在せず、もはや徴収できない状態になっています。ビットコインはその富自体を政府から隠せる技術まで実装し、不正国家に入国しても隠したビットコインは探すことが不可能な状態になり、ある機関のみ大量のビットコインを持てるようになると考えられています。

このように、将来的にはビットコインを持っているかどうかで貧富の差が出てしまう社会になる可能性も大いにあります。また逆に、ビットコイン保有者が望んでいるような非中央集権型の世界のみが残る可能性があるとも言い切れません。そうなると、ビットコイン自体がある日突然急落なんてこともあり得ます。

これから将来、どちらの世界に転ぶのかは、私たち一人一人の見極めにかかっていると言えますし、私たちがいる今の時代が「仮想通貨への激動の転換期」ともいえるのかもしれません。

ビットコイン(BTC)が購入できる取引所や買い方

ビットコインは下記の取引所で購入できます。買い方については下記の記事でご紹介していますので、参考にしてみて下さい!※リスク回避のために、複数登録することをオススメします!

かそろぐ国内オススメ取引所

国内最大手の安心感と口座開設の早さ
ビットフライヤー

使い方解説記事:bitFlyer(ビットフライヤー)使い方や買い方!口座開設・登録方法!

 

手数料の低さと積立投資
ザイフ

使い方解説記事:Zaif(ザイフ)使い方や買い方!口座開設・登録方法!

 

リップル取引と強固なセキュリティ
ビットバンク

使い方解説記事:bitbank.cc(ビットバンク)使い方や買い方!口座開設/登録方法!

まとめ

「ビットコイン」は、この世に初めてできた仮想通貨であり、メリットやデメリットももちろんあります。そしてファースト仮想通貨であるからこそ、将来性にも注目されています。仮想通貨はまだ始まったばかりの技術なので、これからどんどん良い面や悪い面、修正するべき点などが見えてくると思います。

ですから、まずは仮想通貨についてよく知ることから始めましょう!様々なリスクや問題点をしっかりと理解したうえで、最初から大きく稼ごうとして大金で取引するのではなく、少額での投資をオススメします。実際にどのようなものなのか体験しながら進めていった方が理解度も深まりますよ!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です