気になる最新の仮想通貨情報!

ウォレット(仮想通貨)と取引所の違い!使い分け基準や必要性はある?

ウォレット 必要性

今回は、仮想通貨ウォレットと取引所の違いについて、さらにウォレットの使い分け基準や必要性について解説していきます!

スポンサーリンク

仮想通貨ウォレットと取引所の違い!

仮想通貨を初めたばかりの方にとって、取引所?ウォレット?なにそれ!?と違いについて分かりづらいかもしれませんね。今回はそれぞれの仕組みについて分かりやすく書いてみたいと思います。まずはウォレットについてです!

ウォレットとは??

そもそも「ウォレット」とは一体何のことを指すのでしょう?ウォレットとは「仮想通貨を取引所以外で保管する場所」のことです。

ウォレットには大きく分けて2つの種類があります。ホットウォレット(常にオンライン)と、コールドウォレット(常にオフライン)があります。どちらも、一長一短ですがさらに細かい種類を書いてみましたので、参考にしてみて下さい!

ウォレットの種類いろいろ

ウェブ(オンライン)ウォレット(ホット)
IDとパスワードを入力して利用するウェブサービスです。一瞬で作れるので便利な反面、銀行などと同じ仕組みで、サービスをウェブ上のサーバで管理しているため、サーバダウンによるサイトの停止・ハッキング・セキュリティ上のリスクはあります。利便性に優れていますが、大量のコインを保管する場合は不安な面も多々あります。

 

デスクトップ(ソフトウェア)ウォレット(ホット)
自分のパソコンにソフトウェアをダウンロードして使うウォレットのことです。「デスクトップウォレット」は、別名を「クライアント型ウォレット」と言い、パソコンにウォレットソフトをインストールし、パソコン内部にコインを保管する仕組みです。ソフトをインストールしたパソコンをネットから切り離しておくことで、パソコン自体をハッキングされたり、ウイルスを仕込まれたりしない限りは比較的安全なウォレットと言われています。

 

モバイルウォレット(ホット)
スマートフォンにクライアントアプリをインストールして利用する方法です。つまり、スマートフォン内に通貨を保管する仕組みになっています。そして、仮想通貨が使える店舗なら、そのまま仮想通貨で支払いを行うこともできます。もし、スマートフォンを紛失したり、破損したり、アプリが消えてしまったりすると、中に入っていた仮想通貨は回収不可能になってしまうので、必要最低限の入金だけにとどめておく方が無難です。

 

ハードウェアウォレット(コールド)
端末を買うための値段は高く、対応していない通貨が多いのも現実ですが、安心な保存方法と言えます。小さな端末に秘密鍵を保存し、保管するときにはパソコンから抜いておきます。インターネットとつながっているわけではないので、誰かにハッキングされる心配もありません。もし紛失・故障しても、パスフレーズを残しておけば復元可能です。

 

ペーパーウォレット(コールド)
「ペーパーウォレット」は、作ったウォレットアドレスを紙に印刷して保管することができます。紙に印刷して保管するため、ネットを通して第三者からウォレットアドレスを見られることはありませんが、印刷した紙を保管することに気を使わなければなりません。一般的に、今のところ一番高いセキュリティを誇るウォレットと言われています。

様々なウォレットがあり、その管理方法も様々なので、ご自分の取引スタイルに合ったウォレットを選んでみましょう!

取引所とは?

「取引所」とは「仮想通貨を取り扱っている会社」のことです。会社ですので、もちろん閉鎖や倒産などのリスクはあります。「売りたい人」「買いたい人」を集め、取引が成立しやすいように「場」を提供するのを第一目的としています。いわゆる「仲介の場」と言えます。

 

次に取引所を選ぶ時に、意識する点をピックアップしてみました。

取引所を選ぶときの注意点

・コンビニからの入金やクレジットカードは使えるか?

スポンサーリンク

・提携銀行の種類は?

・取引ツールの使いやすさや取引手数料はどれくらいか?

・スマホでの取引は対応しているか?取引所は活発に活動しているか?

・扱いのある仮想通貨の種類&チャートの見やすさ&日本語の対応はどうか?

取引所で出来ることは、条件のあう相手との直接売買取引です。取引所は顧客間の直接売買取引を行えるように、その「場」を提供しているだけにすぎません。

そして、取引所には当然たくさんの仮想通貨も法定通貨も(日本での「円」)集まってきます。ということは、ハッカーにとっても宝の山です。取引所は万全のセキュリティー対策をとっているのは当たり前のことですが、そのセキュリティーも破られてしまう可能性もあります。

より安全に自分の通貨を守るために、取引所で取引が終われば、自分で管理できるウォレットに一刻も早く移動さたほうが無難です。自分の資産は自分でコントロールできる環境下で守るのが一番ベストです。

それぞれの違い

もう「ウォレット」と「取引所」の違い、わかってもらえていると思います。簡単にまとめてみると・・・

MEMO

「取引所」は売買を希望している人たちに売買取引の場を提供するための会社

「ウォレット」は「取引所」で取引を終えた後の資産を保管しておく方法

です。

「取引所」を選ぶ際には慎重に、信用できるところをリサーチする必要があります。なるべく大手企業から資金調達をしている取引所を利用する方が良いと言われています。

 

そしてある程度、取引所のウォレットに資金が溜まってきたら、出来るだけ早く自分でコントロールができるウォレットに移動させるのがベストです。あまり頻繁に出し入れをしていると、その分手数料がかかってくるので、計画的に行ってください。

常に取引所にもしものことが起こった場合を想定して、自分のウォレットに資産を入れておけば、その取引所に想定外の事態が起こっても、その取引所がなくなるだけで自分の資産は何も影響を受けないで済むということになります。上手に「取引所」と「ウォレット」を使い、資産管理を進めていってくださいね!

ウォレットの使い分け基準や必要性は?

ウォレットって本当に必要なものなのか?そして、使い分ける基準はどんな点を意識すればいいのかを解説していきます!

ウォレットの使い分け基準

ウォレットは保管方法によって、取引がし辛かったり、セキュリティー面で不安な部分があったりします。どちらも、一長一短だということは既にお伝えしていますが、簡単に使い分け基準について考えてみました。

MEMO

長期投資目的・・・コールドウォレット

短期投資目的・・・ホットウォレット

長期投資であれば、頻繁に仮想通貨の取引をする必要がありません。安い時に買っておいて、それをそのままコールドウォレットで管理しておけば安全です。価格が上昇したら取り出して売ればいいので、出金などの手間は少しかかりますが何回もするわけでもないのでオススメです。しかし、ハード自体を紛失するリスクはあるので、管理が大切です。

 

逆に短期投資であれば、頻繁に投資を行なうのでコールドウォレットでは送金時間や手間などがかかるのでオススメしません。その間に買い・売りのタイミングを逃してしまう可能性もあります。

しかし、ホットウォレットはセキュリティー面では不安が残るので、あまり大きなお金を入れておかないとか、目的を果たしたらコールドウォレットに移動させるなどのセキュリティー対策はご自分でしておいたほうが、より安全な仮想通貨ライフが送れると思います!

ウォレットの必要性は?

「ウォレット」は、ハッカーから自分の資産を守るためにはなくてはならないものです。仮想通貨の保管方法として一番簡単なのは、取引所に預けておくことですが、セキュリティ面や取引所の破たんなどのリスクがあるのも事実です。かと言って、すべてをコールドウォレットで管理するのが理想ですが、管理が面倒な点や紛失などのリスクを伴うのも事実です。

ホットもコールドもそれぞれ一長一短にメリット・デメリットはあれど、ウォレットの特徴を理解して使い分けることで、何もしないよりはセキュリティー面で安全性が増しますので、是非ウォレットの導入を行い、自分の大切な資産を守って下さい。

コインチェックの件で、セキュリティー面において各社が強化されましたが、自分でも意識しておくと尚いいですね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です