気になる最新の仮想通貨情報!

仮想通貨取引所の仕組みや種類!使い分けや選び方は?

取引所 仕組み 使い分け

今回は、仮想通貨取引所の仕組みや種類、使い分けや選び方について調べてみたいと思います!

スポンサーリンク

仮想通貨取引所の仕組みや種類!

取引所とは、仮想通貨を売りたい人と買いたい人をマッチングさせて、両者から手数料をもらい、その手数料や直接販売した手数料などを利益として生み出していく会社です。少額でも取引が可能なため、初心者でも気軽に利用できます。

取引所の取引には大きく分けて2種類あります。簡単にまとめると・・・

仮想通貨取引所の主な取引種類

取引所・・・個々の売り手と買い手が存在し、その価格がマッチしたら購入や売却が可能。手数料も安い。しかし、思っている価格で購入できるとは限らない。手数料が安い分、回数を重ねても手数料やスプレッドが低いのでどちらかと言えば短期投資向き。

 

販売所・・・取引所が直接販売している為、その時の価格でスムーズに購入可能。しかし、スムーズに購入できる分、手数料やスプレッドは取引所よりも高い。手数料やスプレッドが高い分、ここぞという時に買って放置する長期投資向き。

 

取引所についてもう少し詳しく解説します。

取引所での取引は、基本的にオークション形式で行われます。買い手と売り手の価格提示を分かりやすくするために、取引所ではそれぞれ思う売買価格を提示してもらい、「オーダーブック」(板)を作ります。ビットフライヤーではこのようになっています。

板 仮想通貨

板の用語説明

ビッド:買い手の希望価格

ベストビッド:最も値段の高い買い手の希望価格

アスク(オファー):売り手の希望価格

ベストアスク(ベストオファー):一番値段が安い売りての希望価格

スプレッド:ベストビッドとベストアスクの価格差

ラスト・トレード(ラスト・プライス):最後に取引が成立した価格

取引所での取引は、最も高く買いたい人と、最も安く売りたい人の価格がマッチしたら、成立する仕組みになっています。金額が一発でマッチしたら即取引成立になりますが、いつまでたっても金額が成立しないこともあります。その場合は、お互いに取引相手の条件を飲む必要が出てきます。その結果、買い手側の需要が高いと値段が上がり、売り手側の需要が高ければ値段が下がっていきます。

現在、日本には仮想通貨取引所は20社以上あると言われています。各取引所により、それぞれの手数料やレバレッジなどが違い、特徴も様々です。

仮想通貨取引所の使い分けや選び方は?

仮想通貨取引所には、取引所によりそれぞれ強い分野や弱い分野があります。取引所の長所を理解し使い分けることで、取引を有利に進めたり、取引所の強みを最大限に利用したりすることができます。自分がどんなことをしたいのかをよく考え、それに最も適した取引所を選ぶようにすると良いと思います。

仮想通貨取引所を選ぶうえで重要なポイントは3つあります。

重要ポイント

スポンサーリンク

①取引所の運営状態
資本金が1千万円以上で、顧客資産と会社資産の分別管理などの保護や内部監査の徹底などの厳しいガイドラインを満たしている取引所は、安全性が高いと言われています。

 

②セキュリティに対する取り組み
取引システムのセキュリティ対策がどの程度行われているのかも大事な判断基準になります。2段階認証システムや自動ログアウト、ログイン通知などがあるかをしっかり調べてください。

 

③取引形態の種類
どのような方法で取引をしたいかにより、選ぶ取引所は変わってきます。

取引所
売りたい人と買いたい人が、取引所という場を利用して、リアルタイムで注文板を見ながら直接取引をします。

 

販売所
取引所が直接通貨を販売しているので、その時の価格ですんなり購入できます。

 

積み立て&FX
毎月決まった金額を仮想通貨の購入に使う方法を積み立てと言います。仕組みは積立預金と似ていますが、積立期限はなく、積立金額も自由に増減できます。通貨同士のペアで売買し、差金決済(売りと買いの差額)で利益を得る方法を「仮想通貨FX取引」と言います。

 

信用取引
取引所から期限付きで資金を借りて取引を行う方法です。高リスク取引なので、初心者には向きません。

 

先物取引
仮想通貨そのものを取引するのではなく、権利の取引のことを指します。先に精算日と精算金額を決め、精算日までに仮想通貨を特定の金額で売り買いする権利を取引します。高リスク取引なので、初心者には向きません。

取引所により、価格や手数料はかなり違います。取引所を使い分けることにより、最安値で購入することができたり、無駄な手数料を支払わずに済む場合もあります。その点から考えても、取引所は分けておく方が無難です。

さらに、登録している取引所が多ければ多いほど取引が有利になります。仮想通貨は月ごとで稼ぎやすい方法が変わってきます。多くの取引所という引き出しを持っている人ほど、その都度より良い取引の仕方で「稼ぎやすい波」をうまく乗りこなせるのです。

それでは、使い分けにおすすめと言われている取引所を紹介したいと思います。

Zaif(ザイフ)
国内取引所であり、ビットコイン購入手数料がマイナスで、一番安いです。仮想通貨の積み立て投資が可能で、毎月自動で通貨を購入してくれます。

 

 

BINANCE(バイナンス)
2017年7月に開設された中国の取引所。日本語に対応してくれているので、初心者でも使いやすいです。アルトコインの取り扱いが80種類以上あり、海外取引所の中でも、取引手数料が激安です。ビットレックスとバイナンスを開設しておけば、上位300位くらいまでの仮想通貨はほとんど購入可能と言われています。

 

 

Bitrrex(ビットレックス)
日本のトレーダーも良く利用する海外取引所。取り扱いのある通貨の銘柄は200種類以上もあり、アルトコインの取引量が世界でも上位です。話題の通貨は上場されているので、初心者にもおすすめの取引所です。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です