気になる最新の仮想通貨情報!

仮想通貨のICOやトークンとは?注意点も分かりやすく!

仮想通貨 ICO トークン

今回は、仮想通貨の「ICO」や「トークン」について分かりやすく解説していきたいと思います!

スポンサーリンク

仮想通貨のICOとは?

仮想通貨 ICO

仮想通貨の「ICO(Initial Coin Offering)」とは、簡単に略すと「初めのコインを提供する」と言った意味合いがあります。企業や特定のグループなどが、新たなサービスやシステムを開発するにあたり、自己資金ではなく独自の仮想通貨を発行することで資金を集める仕組みのこと。「プレセール」「クラウドセール」「トークンオークション」などと呼ばれます。

クラウドファンディングの仮想通貨バージョンって感じです。クラウドファンディングも簡単に言えば、新サービスや商品、システム開発などの資金調達の為にお金を集める仕組みです。クラウドファンディングのメリットとしては、投資した金額に応じて新商品がいち早く手に入ったり、サービスを受けられたりします。

ICOのメリットは発行された仮想通貨が激安で購入できて、その後の値上がりです。株でもIPO(新規公開株)があり、購入することが出来れば値上がりは期待できます。この値上がり具合は、その仮想通貨の基盤だったり将来性が重要ですが、その通貨の価値が認められて大手取引所に上場できれば、さらに購入者も増えるので、伸びれば数十倍~数百倍にもなる可能性は十分ありますので、夢のある投資案件ですね!

「ICO」で見るべきポイントや注意点

しかし、リスクが伴うのも事実です。上場していないICOもたくさんあるのも事実で、2017年4月施行の「改正資金決済法」に抵触しているものもあり、それらは詐欺などの温床になり得ることもあります。仮想通貨取引所に上場しているからといって安心できるかといえばそうとも限りません。仮想通貨の中には、上場しているのに開発が進んでいなかったり、積極的に開発に取り組む姿勢が見られないものもたくさんあります。

そして、ICOに参加した仮想通貨だからといって、必ず値上がりが期待できるとも限らないのが実情です。もし、ICOに参加してみたいと思ったなら、「ホワイトペーパー」(仮想通貨の報告書)を熟読しておく必要があります。ホワイトペーパーは、ほとんどが英語で書かれています。仮想通貨においてホワイトペーパーは、その仮想通貨の企画や構想、技術的な内容を網羅して書かれていることが多く、仮想通貨発行前に発行しようと思っている仮想通貨を広く知ってもらうための公開文書です。ホワイトペーパーをしっかり読んだうえで、ICOに参加するかどうかを決める判断材料にする必要があります。

より確実性の高いICO案件に投資するために、どうして近年こんなに難しいホワイトペーパーを解読しないといけなくなったかというと、多機能コインが多く誕生し、本来の通貨としての役割からはみ出た種類のものも「通貨」としてひとくくりにされているからです。

ホワイトペーパーで見るべきポイント

・どのような暗号通貨なのか?(暗号通貨の存在意義や目的)

・本当に価値のある通貨か?(特徴や特色)

・詐欺やそれに近いものではないか?(実態があり実現可能かどうか)

などを個人レベルで精査し、見極めなければ落とし穴にはまってしまうので注意が必要です。その分野に詳しい人がいればアドバイスをもらってもいいでしょう。

 

さらに注意すべき点もまとめてみました!

ICO注意点

「ICO」規制
ICOにより様々な問題が世界で発生しているため、アメリカ・中国・シンガポールで規制がかけられているのは周知の事実です。日本ではまだ規制されていませんが、海外で頻発しているということはいつ日本で起こっても何ら不思議ではないことを知っておく必要があります。

 

PR戦略に惑わされないように
ICOは、ある意味「新規仮想通貨のPR戦略の場」とも言えます。いくら販売戦略が素晴らしいものでも、必ずしも質の良いものとは限りません。ICOは上場を確約しているのではなく「いずれ上場するかもしれない」というものも多いです。いくらICOを行っても、もし資金調達が不調で終わったり、プロジェクト構想が失敗になってしまえば、消滅してしまいます。

そうなると、その時点で投資したお金は「あぶく銭」に変わってしまいます。上場しなければ、紙切れにもならない権利にお金をはたいて買ったことになります。余程の確実性のある案件が出ない限りは、大金をつぎ込むのは危険だと思います。そのことを肝に銘じてICOに参加しましょう。

開発側にもとから「市場に認められるコインを作ろう!」という気がなければ、実際にコインの開発は進んでいかず、リスクだけが残ります。また、ICOの段階で「上場する」という噂が出たり、ホワイトペーパーに「取引所へ上場することが濃厚です」なんていう言葉が書かれていたりしても、鵜呑みにしてはいけません。ひとまず、立ち止まって、客観的に判断できる材料を見つけたり、信頼できる人に聞いてみたり総合的に判断したほうがいいです。

スポンサーリンク

では、どうやって安全なものかを確かめればいいのでしょう?それは今のところ、目の肥えた人たちの話題に頼るほかありません。優れた「ICO」は国内の仮想通貨投資家の間で話題になることが多いので、Twitterやブログなどで情報を集めることが一番シンプルな方法です。

仮想通貨のトークンとは?

仮想通貨 トークン

仮想通貨のICOでは「トークン」という言葉が出てきます。仮想通貨?トークン?訳がわからなくなるのですが、どちらも明確に違いはないのが現状です。強いて言うなら・・・

仮想通貨とトークンの違い

・開発者が独自のブロックチェーン技術を使って作った仮想通貨=「仮想通貨」

・企業や団体が既存のすでに公表されているブロックチェーン技術を使って作った仮想通貨=「トークン」

 

ブロックチェーン技術が独自のものか?既存のものであるか?で分かれるみたいですね。ただ、海外では分けずに全てトークンとして扱っている場合もあるとか。それだけ仮想通貨とトークンの定義はあまり重要ではないかもしれません。

トークンの特徴として「発行者が分かり、発行した企業や団体が中央管理者となり、供給量を操作できるもの」という点が挙げられます。つまり、株式のような性質を持ち、発行元のビジネスが成功すればするほど、発行したトークンの市場価値が高くなる可能性は高いです。さらに、トークン独自の付加価値がある場合もあります。

トークンのタイプ

カレンシータイプ
採掘するタイプの仮想通貨のことです。決められた仕組みに基づいて供給量が増えていくようにプログラミングされたうえで、発行されます。(コンピューターのアルゴリズムを利用している)

アセットタイプ
発行者がいるタイプの仮想通貨です。トークンの供給量は開発者が決めることができます。開発元の「ビジネスそのもの価値」を売買しているイメージです。

日本の取引所で言えばZaif(ザイフ)がありますが、ザイフは独自の「Zaifトークン」を発行しています。すでにあるブロックチェーン技術を使って、ザイフ独自のトークンを発行しています。

ザイフのトークン

XCPトークン
Counterparty(カウンターパーティー)社は、革新的な「P2P」金融プラットフォームで、信頼できる第三者または仲介業者を必要としない、オープンかつ安全な金融ツールと市場を提供しています。そんなカウンターパーティ社が発行しているビットコインのブロックチェーン技術を用いて作られたトークンです。総発行量は「264万8755XCP」と決められていて、これ以上増えることはなく、時間が経つに従って、どんどん減っていくデフレ通貨(価格は上昇)です。

Zaifトークン
Zaifが発行していて、XEMのブロックチェーンを使って作られたトークンです。仮想通貨の有用性に着目し、これからのデジタル資産革命を導くかのごとく2016年春に誕生した「企業トークン」の先駆けです。何といっても、イベントによる話題性により、高騰する可能性を秘めています。

トークンの購入方法

基本的にはトークンを取り扱っている取引所で、仮想通貨と同じ要領でトークンは購入できます。日本ではザイフがトークンを発行していますので、ザイフで購入が可能です。ここでは、ザイフトークンの購入方法について解説します。

「Zaif」トークンの購入方法

①Zaifにログインする
まだ口座を持っていない人は、新規開設してください。アカウントを作るときに、本人確認書類を送付しないといけません。現状ではザイフでの新規口座開設にかなりの時間がかかっています。

 

②Zaifの口座に日本円もしくはビットコインを入金
テックビューロ社へ日本円を送金する場合は、送金口座がSBIネット銀行になっているので、同じ銀行同士の送金なら手数料が無料になるのでお得です!

 

③Zaifにログインし、「買う」を選ぶ
注文方法(「指値」か「成行」か)の希望する注文方法を選びます。

「指値注文」=値段を指定して購入する方法
「成行注文」=値段は指定せず、その時の時価で買う方法

 

⑤希望の数量を入力
初心者の人は、一度に大量購入せず、何度かに分けて分散投資をする方が無難です。

 

⑥「買い注文」ボタンを押す
念入りに入力した内容を再確認し、間違いがなければ「買い注文」ボタンを押してください。

まとめ

初めて仮想通貨に興味を持ち「トークン」を購入しようと思っている方も多いと思います。トークンは企業や団体がこれから新たにサービス展開や商品展開をする上で、資金調達のために発行するものなので、発行元が大企業だったり、信用に値するホワイトペーパーを発行していたりしていれば、事前に情報を掴むことで大きな利益を得ることもできます。

しかし、リスクも当然あるので、慣れるまで戸惑うこともたくさんあると思いますが、少額を少しずつお試し感覚で経験を重ね、より安全な取引を心がけていってください!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です