気になる最新の仮想通貨情報!

ICO仮想通貨2018年オススメ!購入方法や上場スケジュール!TOKENPAY/MOOVER/REGAIN

ICO 2018 おすすめ

今回は、2018年のおススメICO仮想通貨(TOKENPAY/MOOVER/REGAIN)と、その購入方法やスケジュールも併せて書きます!

スポンサーリンク

ICO仮想通貨2018年オススメ!

仮想通貨 ICO

今回ご紹介するICO仮想通貨は次の3つです!「TOKENPAY」「MOOVER」「REGAIN」。それぞれについて、購入方法やスケジュールについて書いていきたいと思います。

TOKENPAY(TPAY)

 

「TOKENPAY」は、匿名通貨の「ICO」(匿名通貨+仮想通貨 銀行)ということで、とても注目されています。銀行と提携をし、ライセンスを取得しているのみならず、通貨での直接取引やデビットカードでの決済などが可能です。匿名通貨は第三者に知られることなく、送金や受金を行うことが可能です。そのため、様々な事情で匿名でお金のやり取りをしたい人にとってはとてもありがたい要素を持っています。

TOKENPAYは、高度なセキュリティやプライバシー機能を備え、ビットコインのブロックチェーンをベースにして作り出された通貨です。匿名通貨に「Secure Chat」「Tor Network Integration」という機能を加え、より安全性や匿名性を確保しています。

Secure Chat

政府のセキュリティ機関が、最高機密ファイルや文書を保護するのに用いている暗号化と同レベルの技術です。messageは既存の「TOKENPAY P2Pネットワーク」を介して配布され、暗号化されたもののコピーが、各ノードに48時間保管されます。そして、この期間を過ぎるとメッセージは永久に削除され、誰からも検索されなくなります。

Tor Network Integration

安全なネットワークを確保し、絶対的な匿名性を提供するための方法として用いられています。

購入方法&スケジュール&期待値

トークンセールは残念ながら完売!1月までセール期間がありましたが、人気すぎて3週間で完売しているので、プレセールでの購入はできません。しかし、予想以上に早く完売したので上場の時期も早い気がします。期待値は結構あると思っていて、根拠としてはやはり匿名性とセキュリティーの高さです。これまでも「Dash(ダッシュ)」「Verge(ヴァージ)」などの匿名性を売りにしたコインは、数千倍もの高騰をしていました。3週間で完売したので、購入したがっている人が多いのも事実で、上場すればお祭り騒ぎになる可能性は高いでしょう!

上場先は今のところ不明で、上場してからの購入になりますので、また詳細が分かり次第追記します!

参考

TOKENPAY公式サイトTOKENPAY

MOOVER(MOVE)

 

スマートフォンの通信データのシェアに重点を置いた「MOVEトークン」です。分かりやすく言えば、余ったものを世界中の他の人とリーズナブルにシェアできるようにしようという、「シェアリング・エコノミー」と呼ばれるプロジェクトです。通信キャリアの枠を超えた、モバイル通信データのシェアを可能にすることにより、誰もがインターネットにアクセスできるとともに、「世界の情報格差をなくすこと」を目指し、作られました。

「シェアリング・エコノミー」として有名なジャンルには「メルカリ(フリマアプリ)」「民泊(空き家や部屋をシェア)」などがあります。現在は、多種多様の物をシェアする時代へと突入しています。そこに注目し、通信モバイルデーターの貸し借りや売買できる仕組みを「ICOトークン発行」で資金調達し、進めていこうとしているのがこの「MOOVER」です。

「MOOVER」は、「イーサリアム」のスマートコントラクト技術をもとに作られました。さらに、「ライデンネットワーク」という新しい技術を活用することにより、「イーサリアム」での不安材料の解消に取り組む予定です。この他にも注目の技術が使われています。

UI(ユーザーインターフェース)

利用可能な残りのGBを確認でき、AIを活用することにより、算出された予測消費量をも確認することができます。モバイルデータを消費者に分かりやすく可視化することで、より便利になります。

MOVEトークン

モバイルデータの売買には、「MOVEトークン」という独自のトークンが使われます。そして、イメージ的には、GBの使用権と同じように扱われると思っておくと良いと思います。

通信キャリア会社との提携

プロジェクトを成功させるためには、通信キャリア会社との提携が不可欠です。そのため、通信会社にも十分にメリットがある必要があります。「MOOVER」の普及により、高額なデータ使用料を控えていた人たちも利用できるようになり、より市場が拡大する可能性があります。また、市場の拡大により、通信会社にとっても大きなメリットが生まれるため、「MOOVER」との提携が実現する可能性が大きいと考えられています。

購入方法&スケジュール&期待値

「MOVEトークン」は、「MOOVER」に事前登録しておくことで買えます。登録方法は至って簡単です。

参考

MOVEトークン公式サイトMOOVER

MOVEトークン購入方法

1.メールアドレス入力で仮登録
2.メールアドレス宛に来たURLクリック
3.名前や生年月日など本登録後、購入期間中に購入できる

MOVEトークン購入期間

2018年4月1日12時から

売り出し価格は、ICO直前のビットコインの価格を参考にするとのことです。

ちなみに、MOOVERは1カウント当たりの購入制限を設定しています。最小購入額は、100USD(約11000円)で、最大購入額は、10000USD(約110万円)です。これは、これまで行われたICOの中でも「資産家が高額購入し、その後上場すると投げ売りされた」という事態が発生した経験を活かして、それを防ぐための対策として取り入れられています。

MOOVERは、BTCでしか購入できません。ですから、事前にBTCを購入しておく準備が必要です。

スポンサーリンク

期待値としては、上々って感じでしょうか。内容的には確かに今の時代だからこそ需要はあるでしょう。公式サイトではMOVEトークンは2018年秋頃に取引所へ上場するという公式発表がありました。しかし、まだ上場先の取引所は不明ですが明らかになった時、予定通りの上場ができれば上昇する可能性は大ですね!

REGAIN(REG)

 

「リゲイン」のプロジェクトの目的は「ユーザー主導のビットコイン市場を取り戻すことと、ビットコイン市場の安定化」です。ビットコインは、ビットコイン保有者が全員で情報を共有し、管理することにより不正ができない仕組み(ブロックチェーン)で守られていました。ところが現在は、保有者同士が行っていたはずの処理が、中国のマイニング業者によって独占され、占拠されるという事態に発展してしまいました。そして、マイニングによって得られる利益の大半は、マイニング業者が手に入れるようになり、平等であったはずのビットコインが平等ではなくなり、ビットコイン自身の信頼度も揺らいできています。

このままではビットコインが、世界で共通の通貨として認められる時代が遠のいてしまう!と言って、マイニング市場の健全化を願ってリゲインが設立されました。リゲインの発行する「REGトークン」を購入すると、その資金をもとにマイニングマシンを開発し、管理運営をし、その結果生まれた利益をトークン保有量に合わせて分配されるという仕組みになっています。分配は、スマートコントラクトにより、自動で実行されます。

マイニングをもっと身近に

REGAINのプロジェクトの目的としては、ビットコインマイニング市場の安定化だということは、すでに書きました。さらに言えば、マイニングプール(マイニングをする人たちの集まり)をもっと手軽に行えるようにするということ。REGAINはマイニングマシン開発事業を行なっていますが、今回のこのプロジェクトにおいてREGトークン発行による資金調達により、マイニングに参加しやすい環境を提供し、その利益を分配するというものです。通常、マイニングするには高性能なマシンが必要であり、より多くマイニングしようとすればそれだけ高価になります。

これまでは、個人や少人数でのマイニングプールでは、そこまでの高性能で高価なマイニングマシンを揃えるのは難しく、資金力のある法人が有利でした。しかし、今回のREGAINプロジェクトではこうしたギャップを埋めようとしています。REGAINのメリットとしては・・・

REGAINのメリット

・初期投資が一番かかるマイニングマシンの無料レンタルを行なう
・マイニングマシンの設置代金を無料で行なう
・最新マイニングマシンを開発したら無料で交換を行なう
・マイニングノウハウを無料で提供する

一番ネックな初期投資がほぼゼロということで、参入者を増やしてマイニング市場の安定化と普及を実現しようとしています。

ここまでして、REGAIN側のメリットって何があるの?ってことですが、出た利益は単純にマイナーとREGAIN側が折半するということです。なんとも単純明快ですね!得た利益でREGAINはさらに最新のマイニングマシンの開発や環境づくりに専念できるというわけです。

購入方法&ICOスケジュール&期待値

リゲインは事前登録しておくことで、購入することが可能です。

参考

REGAIN公式サイトREGAIN

REGトークン購入方法

1.メールアドレス入力で仮登録
2.メールアドレス宛に来たURLクリック
3.名前や生年月日など本登録後、購入期間中に購入できる

REGトークン購入期間
2018/4/1 17時~2018/5/15 第2段階(発行トークン10000REG)
2018/7/1~2018/8/15 第3段階(発行トークン15000REG)
2018/10/1~2018/11/15 第4段階(発行トークン35000REG)

いずれも発行上限に達した時点で各セールが終了になってしまいます。

 

そして、いずれの期間も50000USドルを持っている人には、別途ボーナスが出る仕組みです。また、第4段階では第1~第3段階で購入したひと限定の優先購入権がもらえるようです。

クラウドセール第 1 段階での REG ト ー ク ン 保 有 者 に は 、ク ラ ウ ド セ ー ル 第 4 段
階 「 ASIC-HARDMiner5.1」 の発行トークンの第 1 優 先 購入権 が与えられます。
( ※2017/12/13 更新)

クラウドセール第 2 段階での REG ト ー ク ン 保 有 者 に は 、ク ラ ウ ド セ ー ル 第 4 段
階 「 ASIC-HARDMiner5.1」 の発行トークンの第 2 優 先 購入権 が与えられます。
( ※2017/12/13 更新)

クラウドセール第 3 段階での REG ト ー ク ン 保 有 者 に は 、ク ラ ウ ド セ ー ル 第 4 段
階 「 ASIC-HARDMiner5.1」 の発行トークンの第 3 優 先 購入権 が与えられます。
( ※2017/12/13 更新)

引用:https://hyip-information.com/wp-content/uploads/2018/02/ProjectREGAIN_Whitepaper_v1.0.1_JP.pdf

 

期待値としては、個人的に高いです!といういのも、REGAINとマイナーの間では利益を折半するということは書きました。じゃあ、マイナーじゃないREGトークン購入者のメリットは?というところですが、マイニングしなくても持っているだけで分配がもらえるということですね。

その割合がREGAINとREGトークン購入者で、40:60というものです。これはマイナーとREGAINが折半した後の割合なので、正確には・・・

マイナー:50  REGトークン購入者:30 REGAIN:20

これだけ見てもいいなーと思うのですが、さらにICO終了後には上場も決定していることから、値上がりは期待できそうです。

まとめ

2018年のオススメICO仮想通貨について書いてきましたが、最後に言っておくとICOはどれも「リスクは付き物」だということです。「オススメしといて、何言ってるの!?」と思われるかもしれませんが、確実性で見ればどれも100%ってわけでもないので。ICOというのはそういう目で見ておくくらいが丁度いいと思います。

しかし、スケジュール通りに進んで実現すれば、どれも価格上昇する可能性は高いです。まだこれからもICOが続くものもありますが、必ずホワイトペーパーをしっかり読み、納得してから購入してみてくださいね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です