気になる最新の仮想通貨情報!

仮想通貨のレンディングとは金利で稼ぐ?仕組みや貸し方を解説!

レンディング 仕組み 金利 

今回は、仮想通貨のレンディングについてです!金利で稼ぐ仕組みや貸し方などを解説していきます。

スポンサーリンク

仮想通貨のレンディングは金利で稼ぐ?

レンディング 金利

「レンディング」とは、持っている仮想通貨を貸し出すことにより、金利を得られるサービスのことを指します。国内では「Coincheck(2018年2月現在は新規登録停止中)」が「貸仮想通貨」というサービスを展開しています。海外では、レンディングサービス専門で運営している会社もあります。

レンディングは、個人間または取引所と個人間で行われる仮想通貨の貸し借りです。そして、仮想通貨FXなどを行う人たちに、仮想通貨を貸し出すために取引所が利用者から仮想通貨を借りる形で成り立っています。取引所にとっても、貸し出している利用者にとってもメリットになる仕組みになっていますが、デメリットが全くないわけではありません。

レンディングのデメリット

仮想通貨のレンディングは、長期保有をしようと思っている人にとると、仮想通貨を貸し出すだけで金利がもらえる、とても魅力的なサービスです。ところが、魅力的だからこその落とし穴もあります。

レンディングのデメリット
・仮想通貨を貸し出している間は、出金も売却もしたくてもできない
・急に暴落して何か手を打ちたくても、手も足も出せない出来るだけ
・無担保契約となっているので、もし会社が破綻するようなことになれば、貸し付けた仮想通貨は返却されない可能性が大きい

当社が破綻した際には、お客様が貸付けた仮想通貨の全部又は一部が返還されないなどの信用リスクを負うことになります。

引用:Coincheck公式サイト

レンディングのメリット

逆にレンディングの良い点は、なんといっても金利にあります。Coincheckの場合の金利は貸し出す期間によって変化しています。

レンディング金利(Coincheckの場合)
14日間・・・1%
30日間・・・2%
90日間・・・3%
365日間・・・5%

現在、銀行の年利は0.001%です。そして、コインチェックの最大年利は5%なので、年利にかなりの差があるのは一目瞭然です。短期間で見るとあまりお得感はないので、本当に売買しない通貨に関しては、年単位で寝かせてレンディングしてもいいのかなーと思います。

ただ、やはり金利が高いほど、リスクの高さにも比例するので、その辺りを踏まえて考えてみてください。

レンディングの仕組みや貸し方を解説!

レンディング 仕組み

レンディングは金利が高い分、リスクもあるということをすでに解説しました。仮想通貨自体が今後もっと法定通貨並みに信用されてこれば、レンディングもやりやすいのかなーと思います。そんなレンディングの仕組みや貸し方などを解説していきます。

スポンサーリンク

レンディングの仕組み

レンディングの仕組みは、それほど複雑ではありません。「貸す側(仮想通貨を持っている人)・レンディングを行っている取引所・借りる側(仮想通貨を借りて取引したい人)」の3者で成り立っています。

ビットコインを持っているけど、しばらく取引しないなー。このまま持っていても銀行みたいに金利もつかないし、どうしたら・・・そうだ!レンディングを利用すればいいんだ!

貸す側

金利ゲット仮想通貨貸出 

レンディング取り扱い取引所
(Coincheck・Poloniexなど) 

金利支払仮想通貨借入

借りる側

仮想通貨FXをやっているけど、相場が急騰してきたなー。空売りしたいけど、仮想通貨の量が足りない・・・そうだ!レンディングを利用して借りればいいんだ!

「レンディング」はうまくいけば、「ローリスクハイリターン」な投資方法ですが、リスクを知った上で、納得のいく範囲で投資を行ってください。

貸し方

貸し方は取引所によって変わってきますが、ここではCoincheckを例に簡単に解説します。※Coincheckは現在新規取引停止中

コインチェックの場合

①口座開設をしていない人は、アカウント登録をしてください。

②「コインチェック」にログインし、「取引アカウント」をクリックします。

③「貸仮想通貨アカウント」が表示されたら、それをクリックします。

④「貸仮想通貨サービスに登録する」をクリックします。

⑤利用規約に同意し、「貸仮想通貨サービスに登録する」を再度クリックします。

⑥「取引アカウント」から「貸仮想通貨サービス」にコインを移動させたいので、画面下の方にある「振替」をクリックします。

⑦「取引→貸仮想通貨」になるように変更し、移動させたいコインの銘柄と枚数を入力し、「残高を移動する」をクリックしてください。

⑧ホーム画面に戻り、左サイドバーの「コインを貸す」をクリックしてください。

⑨「預けるコインの選択」「貸出期間の選択」「預ける数量」を入力したら、赤いボタンを押すと手続き完了です。

ここで注意しておきたいことは、手続きは完了しても貸し出しは開始されないということ。この手続きのあと審査があり、審査に通らないと貸し出しが開始されません。

まとめ

仮想通貨のレンディングで一番気にしないといけない点は、取引所の破産やハッキングです。大金を取引所などに貸してしまうと、何かあった時にすべての出金が停止され、最悪保証もなしに一文無しになってしまう可能性も・・・

レンディングは長期保有が前提です。大金をレンディングに使うのではなく、もしリスクにあってもあきらめられる金額を「レンディング費用」として捻出する必要があります。金利は少なくなりますが、それでも元本が無くなるよりはマシです。そして、なるべく期間をきっちり決めて行うことで安全を確保できることもあります。

高額の仮想通貨を長期保有する場合は、必ずハードウォレットに移動させ、オフラインで保管するようにこころがけてください!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です