気になる最新の仮想通貨情報!

NEMが2018年にカタパルト実装で高騰する可能性!発表時期はいつ?

NEM カタパルト 実装 いつ

今回は、NEMのカタパルト実装が2018年のいつに行われるかを発表すると思われる時期や、NEMがそれにより高騰する可能性について書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

NEMが2018年にカタパルト実装で高騰する可能性!

NEM 高騰 カタパルト

「NEM(ネム)」とは、正式名称を「New Economy Movement」(新しい経済活動)といい、頭文字をとって「NEM」と呼ばれています。そしてNEMは、仮想通貨の名称ではなく、プロジェクトの名前のことで、NEMで使われている仮想通貨は「XEM(ゼム)」です。目的は、ブロックチェーン技術や仮想通貨を用いて、新しい経済活動の旋風を巻き起こすことで、他の仮想通貨プロジェクトとは違うところです。

NEMのカタパルトを語る上でとても大切なキーワードは「mijin(ミジン)」です。これは仮想通貨取引所Zaifを運営している「テックビューロ社」が開発した、当社独自のプライベートブロックチェーン技術です。ミジンの特徴は、「速い」「安全」「安い」というもので、すでに中部電力や西濃運輸が取り入れています。そして、今後も各企業での導入が期待されています。

ネム取扱取引所

手数料の低さと積立投資
ザイフ

使い方解説記事:Zaif(ザイフ)使い方や買い方!口座開設・登録方法!

NEMのカタパルトの実装とは?

NEMのカタパルトとは、NEMの機能をアップデートできるようにするプロジェクトのことで、改善される点として「送金処理能力(処理速度)のアップ」「アグリゲート・トランザクションの追加」があげられています。要は、機能を向上させるために大型アップデートを行うということです!

主な改善点

①送金処理能力(処理速度)のアップ
カタパルトを実装することにより、処理速度が3000~4000件/秒に向上されると期待されています。なんとこれは、送金処理に優れていると言われているリップルの2~3倍の処理速度です。分かりやすく言えば、世界一の処理能力を持つVISAカードが4000~6000/秒なので、この領域に踏み入れてしまったと言っても過言ではありません。実用性も高まる可能性が多いにあります。

 

②アグリゲート・トランザクション(複合トランザクション)の追加
仮想通貨は基本的に個人間の取引ですが、このアグリゲート・トランザクションを利用することにより、第三者が仲介役となってくれる仕組みが出来上がります。そして、イーサリアムのスマートコントラクトがネムでもできるようになってしまうという特徴があります。つまり、基本的には該当する当事者の複数のトランザクション(決済)を一つのセットとしてまとめることにより、取引の当事者の承認がすめば、全部まとめて同時に決済できることが可能になります。

ミジンに実装されたカタパルト

 

ミジンに実装されたカタパルトのポイントとはどのようなものがあるのでしょう?

カタパルトのポイント

①APIサーバーとチェーン
完全分離することにより、APIのバージョンアップを行う場合とても簡単になる上に、開発効率を大幅に上げられるという利点があります。

 

②APIサーバーにNoSQLデータベースを採用
このNoSQLという手段を使うことにより、シンプルで応答が早く、大量集計や大量更新にも素早く対応することが可能になりました。そんなNoSQLとは、今までの関係データベース管理システム(RDBMS)を使わない管理システムのことで、シンプルかつハイレスポンスな管理が可能です。

 

③on-Chain Asset Modeling
すべての資産をプログラミング無しで一括管理できる仕組みを指します。つまり、すべての資産をトークン化してブロックチェーン上で管理する仕組みのことです。これをすることにより、ある資産をいつ誰がうごかしたかを履歴により管理できる上、一度書き込んだ情報を不正に改ざんすることもできないので、より強固な仕組みが出来上がるというわけです。また、すべてをパッケージ化してあるため、システム開発せずに経営者が直接、管理や設計をすることが可能です。

スポンサーリンク

 

④Smart Signing Contract
1つのアドレスで秘密鍵を3つまで作れます。このことにより、ウォレット・本人・第三者それぞれでキーマンとなるグループを作り、そのうちの数人がアクセスし、申請の承認をすることによりアクションを起こすことが可能になります。また、この承認は人が必ずする必要はなく、あらかじめ署名条件(承認条件)を設定しておくと自動的に署名され、送金が実行されるなんていうことも可能になるようです。

このような仕組みにすることにより、もしパソコンが故障したなどの事態で鍵がなくなったとしても、他の人の鍵で実施ができるようになったり、ある人が悪だくみを考えていても、他の人が承認しないと資金をこっそり移動できないなど、セキュリティの面でより安全性を確保できます。この複数の人が集まって初めて情報操作できる仕組みを、マルチシグと言います。

 

⑤Aggregate Transactions
今までは一方通行で取引していたマルチシグの署名を、2方向や3方向で署名を行うことにより、複数のトランザクション(決済)が一度に処理できるようになるという仕組みです。例えば、物の仕入れの場合、「物の仕入れをする」「仕入れの代金を支払う」という2つのトランザクションが発生します。その場合この2つの行為は同時に実行されるべきことです。ところが、現実は仕入れと支払いの担当者が別だったり、情報を操作するタイミングも別です。

そこで、マルチシグを利用し、複数条件(ここでは「仕入れ&仕入れ代金の支払い」がそろったときに一気に情報が操作され、そのタイミングですべてが実行されるようにします。これを行うことにより、ミジンがワンクッションとなって異なる通貨を同時に運用できるばかりでなく、より安全に取引を行うことが可能になります。

NEM高騰の可能性は?

実際にカタパルトがNEMに実装されたとして、価格が高騰する可能性はあるのでしょうか?実際にはプラスの要因しか見当たらないと言われています。それを後押しするように、2018年10月2日からCOMSAのトークンセールが始まることは決まっているので、COMSAが成功すればNEMの価格も加速がつき、さらにアップしていくと考えられています。しかし、全くリスクがないわけでもありません。特に世界的なICO規制やCOMSAに不参加を表明したCAMPFIREによりZaifの一時停止などのゴタゴタが起こっているのも事実です。

様々な方面からの情報を集め、リスクについても冷静に考え、そのうえで購入するかの検討をする必要があります。NEMはファンが多い事でもよく知られています。仕組みとして、PoIという技術でNEMコミュニティに貢献した人には利益が還元されるというものがあり、ますますコミュニティが活性化していくとNEMに対する信頼度や将来性も上がっていきます。そして、カタパルトによるアップデートと合わせ、今後NEMが仮想通貨の代表として台頭を現す可能性も十分にあると思われます。

ネムに実装される時期

 

NEM カタパルト 時期

2017年11月6日、まずはミジンにカタパルトが実装され、カタパルトのクローズドβテストが開始されました。その後2018年1月に新バージョン「2.0カタパルト」がオープンソース化され、このコアエンジンは2018年以降にNEMにも導入予定とのことです。また、β版のテストが終了次第、「Aggretate Transaction」はnanowalletで使えるようにする予定ということです。さらに、カタパルトを搭載したミジンを月間数十万円でライセンス販売するという話もあるようです。

このことからも、2018年内にはカタパルトが実装される可能性が高いですが、今のところ具体的な時期は分かっていません。

まとめ

ネムのカタパルトは、ミジンに搭載されたカタパルトに様々な機能をより多く加えたものになると考えられています。そして、全アカウントは金融機関によるコントロールのもとに置くことから、一般向けというよりは金融機関に特化した仕様になるとみられています。

つまり、NEM経由でプライベートなチェーンであるミジンを使うことができ、さらに発行するトークンはトランザクションからアカウントまで銀行という中央集権的な組織を介しつつ、必要な部分のみパブリックチェーンに記録を残すことができる仕組みになると考えられています。

カタパルトの実装により、ネムは金融機関の業務に使える、強力な安全性とカスタマイズ性を兼ね備えたブロックチェーンテクノロジーの礎になる可能性を秘めているでしょうね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です