気になる最新の仮想通貨情報!

ネム(NEM/XEM)チャートと今後!購入できる取引所や買い方!

ネム XEM 特徴 メリット デメリット

今回は、仮想通貨のネム(NEM/XEM)とは何か?特徴やメリット・デメリット、チャートから見る今後や購入できる取引所や買い方について書いてみたいと思います!

スポンサーリンク

ネム(NEM/XEM)とは?

NEM

「NEM(ネム)」はNew Economy Movomentの略で、新しい経済活動という意味です。ネムは2014年1月19日、bitcointalk.orgのフォーラムで、utopianfutureというハンドルネームを持つ人物により企画が提出され、2015年3月31日にブロックチェーン技術を応用して生まれた技術として公開されましたが、最初のタイムスタンプが2015年3月29日なので、その日をネムの誕生日としています。

ネムの通貨名は「XEM(ゼム)」で、総発行量は8.999.999.999XEMです。ネムはマイニング(採掘)が無いので、新規発行はされません。報酬の分配は、ネットワーク貢献者へハーべスティング(収穫)という形で分配されています。ビットコインはマイニングの計算能力が高い人を優先するのに対し、ネムはネットワーク内での重要性により優先順位を決めており、それによりハーべスティングの報酬の分配率が変わる仕組みになっています。

ネムはP2Pを使ったネットワーク、つまり任意のノードが取引を認めることにより、その取引をブロックに格納しながら処理をしていく方法をとっているため、不正や改ざんの起きにくいシステムになっています。また、イーサリアムで実現されているスマートコントラクトも実装ができ、さらに独自のトークン発行なども可能なため、将来的にも明るい仮想通貨です。

この他にも、開発者の中に日本人がいることや、取引所Zaifが運営する独自のブロックチェーン構築プラットフォーム「ミジン」が、ネムの技術をもとにしているということから日本でも有名な仮想通貨の1つです。

ネム(NEM/XEM)の特徴

NEM 特徴

国や政府という、従来の経済の仕組みにとらわれず、新しい経済の枠組みを目指そうという目的で作られたネム。そんなネムにはどんな特徴があるのでしょう?

通貨発行量は一定でハーベスティングする

公開当初はおよそ1600人の投資家に約90億XEMが分配されたという実績を持つネム。

現在市場に出回っている多くの仮想通貨は、マイニングやそれに類似した仕組みで供給量を増やしていくものが多いですが、ネムは供給量が約90億XEMと決まっていて、今後通貨供給量が増えることはありません。つまり、通貨供給量による価格の変動はないということです。

ネムは、マイニングのことをハーべスティングと呼び、それによって発生する取引承認の報酬は、取引手数料として支払われます。これによりネムは新規に仮想通貨を発行することなく、ハーベスティングの仕組みを成立させているのです。

ネムは、ハーべスティングに参加したすべての人(ハーべスト)が報酬を受け取れる仕組みを構築しています。ビットコインでは各ブロック(各台帳)を一番にマイニングした人のみが報酬を受け取れる仕組みになっていますが、ネムはすべての人に公平にいきわたる仕組みになっています。

取引処理の速さとセキュリティ

仮想通貨では、取引の速さはブロックと呼ばれる台帳の生成速度で決まります。つまり、ブロックが早く生み出せれば生み出せるほど、取引の処理も早く行われるというわけです。ネムのブロック生成は一分ごとで、ビットコインのブロック生成は10分ごとです。このことからネムの処理速度が速いということがわかります。

でも、いくら処理能力が優れていても、セキュリティに問題があれば元も子もありません。ネムは、Eigen Trust++という評価システムを導入し、常にユーザーの質を評価しています。このことで悪意のあるユーザーが参加を躊躇する一助になっているという側面もあります。

では、どうしてネムはEigen Trust++という仕組みを使っているのでしょう?ネムネットワークは、ノード(ブロックチェーンをつなぐネットワークの接続ポイントになるコンピュータ)間であらゆる交信を常にしています。もちろんハッカーなどからすれば、願ったりかなったりの美味しいネットワークです。

そこで、P2Pのデメリットにより、害のあるノードがネットワークに入りこみ、正しくない情報をまき散らしたりし、ネットワークを妨害する恐れがあるノードを早期発見するため、ノードに対する評判システムを構築し、それを使うことで悪意あるノードを特定し、悪さをしないように見張るために使っています。このことで、ネムの安全性は守られているのです。

POIの仕組みとユーザーの重要度

POIとは、重要性の証明という意味で、「Proof of Importance」の略です。これは、ビットコインのPOWやイーサリアムのPOSの問題を解消した仕組みとして作られました。POWやPOSでは、コインをより多く持っている人たちや大資本をもってスーパーコンピューターを多数持っている人たちが優位になり、富のある所に富が集まるという仕組みになっています。ネムは、POIを導入することにより、「ユーザーの重要度」によって報酬を分配するという仕組みを確立しました。

ネムは、NANOWalletに10.000XEM以上をウォレット内に持っているとハーべスティングに参加し、報酬を得ることができます。その配当はすべての人が均等に報酬を得られるわけではありません。ネムではアカウントごとに優先度を決め、それをPOIスコアとして数値化し、報酬を決めています。ですから報酬獲得の機会は、POIスコアの高さに応じて決まっています。では、POIのスコア(ユーザーの重要度)はどうしたらアップしてくのでしょう?

それには「1000XEM以上を送金する取引を行うこと」「30日以内に43.200ブロック以内の取引を行うこと」「ハーべスティングが許可されている(権利を持つ)他のユーザーから受け取るための取引を行うこと」という条件が課されています。

つまり、ネムのアルゴリズムでは「XEMコインの保有数」「取引の頻度」により、ユーザーの重要度が変わります。ただコインをたくさん持っているだけでは報酬を得られないばかりでなく、取引を行うことで重要度がアップしていきます。そして、同一アカウントで取引をしても意味のないようにプログラムされています。このことにより、他者との取引を行った場合のみ重要度が変わり、自然に富の分配がされる仕組みになっているのです。

スポンサーリンク

独自にトークンを発行できる

ネムは、プラットフォームを利用することにより、ネームスペースを取得するとモザイク(トークン)が利用できるようになり、独自トークンが発行できる仕組みになっています。

ネームスペースとは?

名前の集合につく名前のことで、ネムの場合はトークンの名前を指します。アカウントを作るときもそうですが、普通ならだれかが先に使っている名前は、後から使おうと思っても取得できません。

ところが、ネームスペースを使うと、お互いのネームスペース内での発行になるため、同じ名前でも作ることが可能になります。

ネム(NEM/XEM)のメリット

仮想通貨 メリット

 

ネムのメリットは、先ほど書いた「独自トークンの発行」以外にも様々なものがあります。

いつでもトップ10入り

常に仮想通貨時価総額ランキングでトップ10入りを果たしています。何百種類もある仮想通貨の中でも信用度が高いということです。つまり言い換えれば、よほどのことが起こらない限り消えない仮想通貨ということになります。

Coincheckのネム流出事件では、ネム自体の脆弱性がないことが分かり、今後間違いなくさらに伸びていく仮想通貨と言っても過言ではありません。

まだまだ伸びしろがある

ネムはビットコインの技術をもとに、後から作られた通貨なので、機能的にも優れていることがたくさんあります。しかもネムはビットコインの2%ほどの時価総額しかないので、とても手に入れやすい仮想通貨です。(今のところは)

高い時価総額を誇っているにもかかわらず、ネムを扱っている仮想通貨取引所が少ないですが、大手取引所に上場されると、長期でネムを保有する人も増え、ネムの価格も上昇していくと思います。

ネムのカタパルトが予定されている

2018年に実行されるとされている大型アップデート(カタパルト)が控えているため、実装されれば情報処理速度が各段に向上し、スマートコントラクトをネムのブロックチェーン上でも行うことができるようになります。

NEM カタパルト 実装 いつ
NEMが2018年にカタパルト実装で高騰する可能性!発表時期はいつ?

ネム(NEM/XEM)のデメリット

仮想通貨 デメリット

良いところばかりが目につくネムですが、気を付けないといけないデメリットはあるのでしょうか?

ハーベスティングの報酬が少ない

ネムはハーベストがハーべスティングを行って、その手数料として報酬を受け取る仕組みになっていますが、その報酬は少ないです。更に、ネムのブロックは1分で1ブロック作られ、その中に入る取引も他の仮想通貨に比べると、とても少ないです。

つまり、ブロックに収められている手数料も必然的に少なくなります。

POIの実際

POIの承認方式は、富裕層対策のための方法です。ところが、逆に考えれば持っているだけでは報酬は増えないので、よりネムを持っている人同士の間でネムを回して富をさらに得ていくということも考えられます。

ネム(NEM/XEM)のリアルタイムチャートと今後の将来性


2018年に注目される仮想通貨の1つであるネムは、イーサリアムやリップルのライバルと言っても過言ではありません。もし、「最速で基本的な8割の商業行為を開発実装し、超高速で処理できるブロックチェーン基盤として、第三のメインストリームとしての地位を確立する」ことができれば、ネムの仮想通貨としての位置は不動のものとなる可能性は極めて高いです。

その試金石と言われているのが、カタパルト実装です。このカタパルトプロジェクトにより、ネムのポテンシャルや実力がどこまで高まるかにより、これからの将来が決まると言えます。その意味でも2018年はネムにとって正念場であり、私達にとっては話題が尽きない年になりそうです。

ネム(NEM/XEM)購入できる取引所や買い方

ネムはザイフで購入できます!買い方は下記の記事でご紹介していますので、参考にしてみて下さい!

Zaif(ザイフ)使い方や買い方!口座開設・登録方法!

その他国内オススメ取引所

※リスク回避のために、複数登録することをオススメします!

国内最大手の安心感と口座開設の早さ
ビットフライヤー

使い方解説記事:bitFlyer(ビットフライヤー)使い方や買い方!口座開設・登録方法!

 

リップル取引と強固なセキュリティ
ビットバンク

使い方解説記事:bitbank.cc(ビットバンク)使い方や買い方!口座開設/登録方法!

まとめ

ネムは、今後どんどん伸びていく仮想通貨の1つだと思います。2018年にはカタパルトも予定されており、ネムコミュニティも活発になっています。間違いなく伸びていく仮想通貨であると思われますが、仮想通貨はあくまでも投資なので、場合によっては損をしてしまうこともあります。もし、この機会にと思っている人は、無理のない範囲で、メリット&デメリットをしっかり理解したうえで行うようにしてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です