気になる最新の仮想通貨情報!

ビットコインキャッシュ(BCH)チャートと今後!購入できる取引所や買い方!

ビットコインキャッシュ メリット デメリット 特徴

今回は、仮想通貨のビットコインキャッシュ(BCH)とは何か?特徴やメリット・デメリット、チャートから見る今後や購入できる取引所や買い方について書いてみたいと思います!

スポンサーリンク

ビットコインキャッシュ(BCH)とは?特徴!

 

ビットコインキャッシュとは

「ビットコインキャッシュ」とは、2017年8月1日にビットコインがハードフォークされ、その結果誕生した新しい通貨のことです。名前は、生まれたいわれからビットコインという名を引き継いでいますが、実際のところは全く違う新しい仮想通貨と認識しておく方がいいです。

では、ビットコインキャッシュの主な特徴として、どのようなものがあるのでしょう?

1ブロックのサイズが8MB(ビットコインの8倍)

ビットコインキャッシュは、ビットコインの抱える「スケーラビリティ問題(容量の不足)」を解決することを目的に作られました。通貨単位は「BCH(BCC)」です。そして、1ブロックの容量が8MBになっています。では、スケーラビリティ問題とは一体どういうことなのでしょう?

ビットコインの取引の成立方法は、取引のデータをブロックに格納し、このブロックのデータがマイナーと呼ばれる人たちにより承認されることで成立する仕組みになっています。そしてこのブロックの大きさは1MBと決まっていて、10分ごとに作られるようにプログラムされています。

ところが最近、取引データの増加によりブロック生成が間に合わず、取引が承認されない上に手数料が高騰するという問題(スケーラビリティ問題)が発生しています。そこで、この問題を解決するための有効な手段として、開発を担っている「Bitcoin core」というコミュニティは「segwit」を支持していました。

segwitとは?
Segregated Witnessの略語で、スケーラビリティ問題を解決できる方法。メリットはトランザクション(取引)属性防止、トランザクション手数料を低くする、ネットワークの混雑解消。

 

ところが、マイナー達の団体「Bitcoin unlimited」は、この手段に反対しました。その中心人物がマイニング最大企業の「ビットメイン」のジハン・ウー氏です。

なぜ彼がここまで反対しているのかといえば、マイニングのために特殊な回路「ASICBOOST」を使い1000億円以上稼いでいたのに、開発側の提案している「segwit」がアップデートされてしまうと、この特殊な回路が使えなくなってしまうからです。

そして、ついに彼は2017年7月18日にビットコインのハードフォークを宣言し、ブロックサイズを8MBに拡張することで解決を図りました。その結果生まれたのが「ビットコインキャッシュ」です!

リプレイアタック(攻撃)に強い

リプレイアタックとは?
分岐する前のブロックチェーンと分岐後のブロックチェーンで、攻撃者が意図的に同額の量の仮想通貨を生むことで、そのブロックチェーンを混乱させることにより、攻撃者が得をする攻撃のこと。

つまり、分岐していない場合は1つの流れ(Aさん→ブロックチェーン→Bさん)で送金されていたものが、分岐することにより同じ2つの流れが出来上がってしまうことにより、ダブル送金しているという処理になります。このダブル送金のような流れをリプレイアタックと呼びます。

リプレイアタックをすることにより、勝手に処理の複製が行われ、資金の流出が起こってしまいます。それを防ぐ方法が「リプレイアタックの保護(プロテクション)」です。

ビットコインキャッシュでは、仮想通貨を送信したとき、もし攻撃をされて複製ができたとしても、複製を受け取る相手が正しい署名をしないと仮想通貨が送金されないという仕組みを使っています。元の仮想通貨や分裂した後の仮想通貨を守るためには、このリプレイアタックの保護はとても重要になります。この他にも保護の方法はたくさんあります。

なんといっても正統派ビットコイン

ビットコインの後に生まれたので、イメージ的にはビットコインの変形判みたいに思われがちですが、実はビットコインキャッシュの方が「サトシ・ナカモト」の提唱したビットコインの正統派です。

というのも、サトシ・ナカモトの論文に記載されたビットコイン本来のデータや原理と形が一番近いため「ビットコインキャッシュこそ本物のビットコインだ!」と言われ、注目を集めています。

ビットコインキャッシュ(BCH)のメリット

仮想通貨 メリット

ビットコインキャッシュを購入するとどのようなメリットがあるのでしょう?

送金詰まり解消

ビットコインは、今のビットコイン開発に関わっている人たち(コア派)のブロックストリーム社(代表 アダム・バック氏)が私物化することにより意図的に送金詰まりを起こしていると言われています。

ビットコインの送金詰まりが起こると、早く送金したいがために仕方なく手数料を上乗せして処理の速度を速めてもらおうと思う人間心理に付け込んだものらしく、その手数料が欲しいためにビットコインの送金速度を上げることをためらっているみたいです。

それを解消するためにビットコインキャッシュは、ビットコインの8倍ものブロックサイズにしました。大きくすることで収められる取引量も多くなるので、送金詰まりが起こりにくくなります。

マイナーにとってありがたい

1ブロックあたりのサイズが大きくなったことにより、ブロック内により多くの手数料が収められるようになりました。このことにより、マイナーはより多額の報酬を受け取れるということになります。

これからマイニングを始めようと思っている人にとって、ビットコインキャッシュのマイニングはビットコインのマイニングよりまだまだ参加しやすいですが、価格の高騰とともに個人で儲けるのは難しくなっていることは事実です。

ビットコインキャッシュ(BCH)のデメリット

仮想通貨 デメリット

スポンサーリンク

ビットコインキャッシュは、ビットコインより優れているというのは事実です。しかし、まったくデメリットがないというわけではありません。では、どのようなデメリットが考えられるのか書いていきたいと思います。

生まれてまだ間もない

他の仮想通貨に比べれば、生まれてまだ日にちが浅いので、先行きが不透明な部分もあります。ビットコインは支払い方法として確実に使える場所が増えてきました。ところが、ビットコインキャッシュは使える場所がありません。ビットコインから派生した仮想通貨ですが、ビットコインが使えるからと言ってビットコインキャッシュも使えるわけではないのが心苦しいところです。

今後使えるようになっていく可能性もあると思いますが、まだ確実な情報はありません。

電子マネーの「ビットキャッシュ」と「ビットコインキャッシュ」は関係ありません!

兄弟が多数生まれる可能性も

ビットコインから分裂した仮想通貨はビットコインキャッシュだけではありません。オートノマス・リサーチのフィンテック戦略担当世界ディレクターのレックス・ソコリン氏によると、2017年時点で19程度のビットコインフォークが誕生しましたが、2018年はさらに50もしくはそれ以上、発生するのではないかとみられています。

初歩的なプログラミングに関する知識さえあればいくらでも仮想通貨のクローンを作れてしまう「フォークジェン」というウェブサイトが稼働しているため、予測がつかない事態が起こり得ると思われています。

そして、価値がしっかり決まっていない時点で、同じような特徴を持つ仮想通貨が誕生すると、価値の移動などが起こり、その結果ビットコインキャッシュ以外の仮想通貨が高騰し、ビットコインキャッシュは下落する可能性も否定できません。

開発は本当に進んでいるのか?

開発に関しての設計図を公開(暗号通貨のオープン化)し、みんなから意見を募って改良していく方法をとっています。ところが、根本的な開発者の質と量が不安視されているという意見もあります。分岐は開発者の間で争いが起きることにより行われるというのは、よく知られた原因の一つです。

その点でもビットコインキャッシュを手に入れている人のみならず、これから購入しようと思っている人も日々変わっていく情勢を見極める必要があります。

ビットコインキャッシュは2018年5月までに正式な「ビットコイン」になり、ビットコインクラシックの開発は停止されると発表されました!

ブロックが大きいといい事ばかりなの?

大きいブロック(台帳)は読み込むのに通常でも時間がかかります。通信設備が整っている先進国ならまだしも、通信設備が脆弱な発展途上国では台帳を読み込むのにかなりの時間がかかり、そのことにより決済の確認作業が遅れてしまいます。

先進国でしかまともに活用できず、発展途上国では決済時間が長引くということになると、世界共通の通貨で決済が早いと銘打っている仮想通貨にとって、かなりのデメリットになることは間違いありません。

ビットコインキャッシュ(BCH)のリアルタイムチャートと今後の将来性

「2018年はビットコインキャッシュの年になる!」なんて世間ではよく噂されています。ではどうしてこんなに2018年はビットコインキャッシュの時代が到来するかの如く言われているのでしょう?

それは、2018年1月にビットコインキャッシュがアメリカ最大の取引所「Coinbase」に上場されることや2018年夏に金融大手SBIグループの仮想通貨取引所「SBIバーチャルカレンシー」が開設されることによります。

SBIホールディングスの北尾社長は、以前よりビットコインキャッシュ推しで、実際に取引所以外にも「SBI Crypt」というビットコインキャッシュのマイニングのための会社を設立し、ビットコインキャッシュのマイニングシェアの30%を取ることを目標に掲げています。

そして、このSBI陣営が本格的に仮想通貨界に参戦することにより、ビットコインキャッシュを盛り上げえる起爆剤になることは間違いありません。SBIグループは、国内での取引所を作り終えたら、次に香港に「Global Max(仮称)」という取引所を開設予定だそうです。

このようなことから、ビットコインキャッシュは将来的に有望な仮想通貨の1つといえます。これからの展開が楽しみですね!

ビットコインキャッシュ(BCH)が購入できる取引所や買い方

ビットコインキャッシュは以下の取引所で購入できます!買い方は下記の記事でご紹介していますので、参考にしてみて下さい!※リスク回避のために、複数登録することをオススメします!

かそろぐ国内オススメ取引所

国内最大手の安心感と口座開設の早さ
ビットフライヤー

使い方解説記事:bitFlyer(ビットフライヤー)使い方や買い方!口座開設・登録方法!

 

手数料の低さと積立投資
ザイフ

使い方解説記事:Zaif(ザイフ)使い方や買い方!口座開設・登録方法!

 

リップル取引と強固なセキュリティ
ビットバンク

使い方解説記事:bitbank.cc(ビットバンク)使い方や買い方!口座開設/登録方法!

まとめ

仮想通貨は、毎日生まれています。そんな中、海外の取引所ではビットコインキャッシュを基本に取り扱う取引所が誕生してきています。つまり、今まではビットコインやイーサが中心にありましたが、今後はビットコインキャッシュが主流になる可能性も高くなってきたといえます。

そこにきて、ビットコインキャッシュをビットコインにするという発表。ますます目が離せませんね!これらのことから考えても、将来性のある仮想通貨の1つと言えると思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です