気になる最新の仮想通貨情報!

ライトニングネットワークとは?ビットコイン送金や手数料が改善

ライトニングネットワーク

今回は、ビットコインの「ライトニングネットワーク」について、送金方法&手数料が改善された点について書いていきたいと思います!

スポンサーリンク

ライトニングネットワーク(オフチェーン技術)とは

ライトニングネットワーク

ライトニングネットワークとは、ビットコインのブロックチェーンのみならず、ブロック以外での取引をも可能にしてしまう技術のことです。スケーラビリティ問題を解決するための方法として注目されています。スケーラビリティ問題とは、決済や送金の遅れを引き起こすとても深刻な問題です。

通常の送金をする場合は、ビットコインネットワークへ取引データを送信し、マイナーにより埋め込まれた後、ブロックが正常に作られると処理完了となります。その結果、処理完了となるまで待ち時間が生まれます。

その待ち時間をなくしてしまおうというのが、ライトニングネットワーク(支払いのネットワーク)です。

ライトニングネットワークを利用すると、ユーザーはライトニングをすることで情報を共有し、最終的な取引の記録のみをブロックチェーンにマイナーが記録するため、マイナーに支払うブロックを作るための手数料は少なくてすみます。

では、このライトニングネットワークの支払い経路と、ビットコイン自体のブロックチェーンのネットワークとは同じものなのでしょうか?

答えは全く違う通信方式を使っています。ライトニングをするためのネットワークは誰でも作れ、自分のノード(ウォレット)を立ち上げ、他人に支払い経路を貼ることでネットワークが作られていきます。(ビットコイン自体のブロックチェーンには書き込んでいない)そして、ライトニング内の残高もいつでも書き込める署名付きのもので、誰かを信用する必要なく、それでいてトレストレスのため途中でコインを盗むこともできない仕組みになっています。このような仕組みを「オフチェーン処理」と呼びます。

メリット

①マイクロペイメントシステム
少額単位での支払いを可能にする送金システムのことで、1円以下から手数料なしで支払えます。例えば動画を見た時などの秒単位での支払いも可能です。日本円ではPayPalのオンライン決済代行サービスで取り入れられています。

②オフチェーンの利用
オフチェーンをライトニングネットワークで利用することにより、ブロックチェーンで制限されるTPS(1分間で処理できるトランザクションの数)が数千倍に押し上げられることやスケーリングが可能だとして注目を集めています。

また、「SegWit」の実装により問題となっていた、ライトニングネットワークのペイメントチャンネルの接続時間制限が解消されることで、低コストでの取引が可能になりました。

③トラストレス
今までは、ブロックチェーン外での取引を記録しようとすれば、第三者がビットコインを預かって他の人に送ってもらうという方法しかありませんでしたが、ライトニングネットワークを使うことにより、第三者の信用無しに他のノードを中継し、支払いができるようになりました。

デメリット

①マイニング手数料の減少
取引自体がオフチェーンで行われるため、マイナーの成功報酬である手数料が減っていきます。このことで、マイニングをする人自体が減っていき、通貨としての勢いもなくなっていく可能性があります。

スポンサーリンク

②ネットワークの集中と第2のスケーラビリティ問題
ライトニングネットワークを作るためには、中継ポイント(ノード)が必要です。そして、このノードを通って資金が運ばれていきます。現状としてはノードになるポイントは多くありません。ライトニングネットワークを利用することで資金をスピーディ&安価で移動できるとなれば、ネットワーク利用に対する集中が起こり、その結果何かあった時にネットワーク崩壊につながる可能性もあります。

そして、便利ゆえの問題も生まれてくる可能性もあります。それが、チャンネル(中継ポイント)開設などでブロックサイズを使ってしまい、効率的なトランザクションが増え、第2のスケーラビリティ問題を引き起こしてしまうことも考えられます。

③ノードの容量
ライトニングネットワークをブロックチェーンにつなぐときのチャンネルには一定の容量が必要なので、多額のビットコインをライトニングネットワークで送金しようとすると容量オーバーになり、送れない可能性があります。このことから、ライトニングネットワークは少額支払い向きと言われます。

④ノードのセキュリティ
ライトニングネットワークは、オフチェーンでのトランザクションが行われるため、中継地点は常にネットワークにつながっています。そのため、ホットウォレット化してしまう可能性が高いです。また、ライトニングネットワークを使って資金を受け取ろうと思うと、オンラインに接続する必要があるので、ハッキングにあってしまう可能性も十分あります。現状ではライトニングネットワークに対応したウォレットが出てくるまで数年かかると言われています。

また、ライトニングネットワーク自体のシステムは分散型ですが、もし中央集権型のビジネスモデルなどができると、専業の企業が生まれる可能性もあります。そうなると、手数料をとられたり、本人確認や規制などが必要になり、銀行のように政府の規制が入ってしまい、本来のライトニングネットワークの仕組みが崩れる可能性もあります。

ビットコイン送金や手数料の改善

改善

ビットコインの送金回数は1秒で5件ほどと決まっています。ですから、送金する人が増えれば増えるほど「送金できないデータ」が生まれます。その結果、送金手数料を高く払う人から優先的に処理が行われるという仕組みが必要になり、手数料をどんどん多く支払う必要が出てきました。

そんな中、解消するために生まれた仕組みがライトニング・ネットワークです。

ビットコインは2017年8月、Segwitという機能を実装しました。これは、ライトニングネットワーク実装をするために必要な準備とされています。Segwitの実装だけでも取引処理の能力を向上させているのに、本格的にライトニングネットワークが動き出したら、どうなるのかとても注目されています。

そして、仮想通貨の事業者がライトニングネットワークを利用したサービスを提供するようになると、ビットコインを速く低いコストで安定した取引をすることが可能になります。ライトニングネットワークの実装プロジェクトはすでに進展しているものもありますが、様々なデメリットがあるのも事実です。これらの課題を解消することにより、送金能力&手数料の低コスト化が回復するプロジェクトは成し遂げられると思います。

まとめ

ビットコインは、様々な場所でごく普通の通貨と同じように扱われています。そのことから考えても資産保全のできる基軸通貨としての役割は、今後もビットコインが主流としての役割を担っていく可能性は高いと思います。

現在では、様々なアルトコインを購入するときにも、まずビットコインを購入し、そのビットコインでの支払いが行われています。そのことから考えても、ビットコインは仮想通貨においてなくてはならない存在だと言えます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です