気になる最新の仮想通貨情報!

ビットコインキャッシュとビットコインの違い解説!どっちがいい?

ビットコイン ビットコインキャッシュ 比較

今回は、ビットコインキャッシュとビットコインの違いについて解説し、どっちがオススメかについても考えてみます!

スポンサーリンク

ビットコインキャッシュ(BCH)とは

「ビットコインキャッシュ」は、ビットコインのハードフォークで生まれた、ビットコインとは全く違う性質をもった仮想通貨です。誕生日は、2017年8月1日です。総発行枚数は、ビットコインと同じ2100万枚で、Powアルゴリズムでマイニングされています。

ビットコインキャッシュ メリット デメリット 特徴
ビットコインキャッシュ(BCH)チャートと今後!購入できる取引所や買い方!

特徴

①ブロックサイズの拡張
ブロックサイズ(取引容量)が最大8MBで、取引処理や手数料の安さが魅力です。さらに、今後もブロックサイズの拡大を予定しているので、より将来性があります。

②リプレイプロテクションを備えている
ブロックチェーンの分岐前と分岐後に、同額の仮想通貨を不当に生み出すことでブロックチェーンを混乱させ、ハッキングしたりする攻撃(リプレイアタック)を防ぐことができる仕組み(リプレイプロテクション)を備えている
ので、もしリプレイアタックされても防いでくれるのでとても安心です。

③EDA(緊急難易度調整アルゴリズム)
ビットコインキャッシュが生まれた当初から採用していた機能で、多くのマイナーが増えることでマイニングの速度が上がると難易度が上がり、逆にマイナーが少なくなると採掘速度も難易度も下がる仕組みになっています。しかし、これにより難易度調節で難易度が上がった直後はマイナー離れによる送金詰まりが発生する原因となっていました。

そこで、今回ハードフォークすることにより、「EDA」というアルゴリズムを新たに採用しました。これは、アモリ・セシェ(BCH開発者)氏が開発した「D601」というアルゴリズムを基にしてさらに開発された仕組みです。これにより、今まで難易度調整の度に発生していた送金詰まりが解消されました。

ビットコイン(BTC)とは

ビットコイン

この世に初めて生まれた仮想通貨で、インターネット環境さえあれば全世界で使うことのできる通貨です。「暗号通貨」「デジタル通貨」とも呼ばれます。国境をまたいで自由に送金しあったり、売買を行うことができ、さらに貯蓄もできる、つまり今まで不可能だったことを可能にする「夢の通貨」だと言われています。

ビットコイン 特徴 メリット デメリット
ビットコイン(BTC)のチャートと今後!購入できる取引所や買い方!

特徴

①仮想通貨の量
上限が2100万枚と決まっており
、この数以上は絶対に発行されない仕組みになっています。ビットコインが生まれるときに予め仕様として決められ、プロトコルとして実装されているので、開発者といえども誰もさわることもできません。このため、原理上はインフレしないということになっています。ちなみにブロックサイズは1MBです。

②基本的に送金無料
ビットコインは、アドレス(世界中で唯一のID)さえ指定すれば、世界中の人たちに基本的に即時に無料で送金できる仕組みになっています。送金できる金額は、0.0001円相当などのほんの少額のものから巨額の資金を手数料無料で送ることまでできます。

③P2Pネットワークでの管理
ビットコインのプログラムをダウンロードしている人なら誰でも、維持管理ができる仕組み
になっています。そして、データベースはすべて公開され、データの整合性やセキュリティなどもネットワーク参加者により、あらかじめ決められたプロトコル(仕様)にそって守られています。

ビットコインとビットコインキャッシュは以下の取引所で購入できます!

BTC・BCH取扱取引所

※リスク回避のために、複数登録することをオススメします!

国内最大手の安心感と口座開設の早さ
ビットフライヤー

使い方解説記事:bitFlyer(ビットフライヤー)使い方や買い方!口座開設・登録方法!

 

手数料の低さと積立投資
ザイフ

使い方解説記事:Zaif(ザイフ)使い方や買い方!口座開設・登録方法!

スポンサーリンク

 

リップル取引と強固なセキュリティ
ビットバンク

使い方解説記事:bitbank.cc(ビットバンク)使い方や買い方!口座開設/登録方法!

ビットコインキャッシュとビットコインの違い

疑問

それぞれの特徴を書いてきましたが、ビットコインキャッシュとビットコインの違いはどこにあるのでしょう?簡単にまとめていきたいと思います。

取引データ量

ブロックと呼ばれる取引データの格納庫のサイズが違います。ビットコインは1MBで、ビットコインキャッシュは最大8MBです。つまり、単純に8倍もの情報を保存することができます。

そもそも、思想の違い

ビットコインは、「CORE」と呼ばれるビットコインの思想(ブロックチェーンの外で取引処理を行う)に基づいて開発者たちによって開発されました。ところがビットコインキャッシュは、ビットコインから派生したものではあるものの、ビットコインとは「お互いに関与しない」という取り決めの下で生まれ、さらにブロックチェーン内で取引処理を行っていくという思想を持った仮想通貨です。

つまり、ビットコインキャッシュは他のアルトコインと同じ、ビットコインとは全く別のコインで、ビットコインと似た設計で作られたオリジナルな仮想通貨といえます。

「Segwit」(セグウィット)の有無

ビットコインキャッシュにはありませんが、ビットコインにはある機能で、ブロックチェーンの各ブロックに入れる取引データのサイズを圧縮し、処理速度を上げるための技術で、ソフトウォークの1つです。ビットコインキャッシュについていない理由は、1ブロック当たりの情報を入れられる量が多いので、必要ないからです。

では、Segwitがついているビットコインの方が優れているのかといえば、そういうわけではありません。もちろんデメリットもあります。それは、「取引データの容量を小さくするには限度がある」「長期でのデータ容量に関しての対応ができない」という点です。

さらに、「多くのマイナー達に影響がでる」ということも懸念材料の一つです。

ビットコインキャッシュとビットコインの今後の予定

ビットコインキャッシュとビットコインの今後の予定について、簡単にまとめてみたいと思います。

ビットコインキャッシュ

①SBIバーチャルカレンシーズ
2018年夏までにSBI取引所で取り扱われる予定です。このことで、ビットコインキャッシュの保有数や流動性の向上が期待されています。

②ハードフォーク
2018年5月と11月にハードフォークが予定されています。このハードフォークでは、さらにブロックサイズが拡大されるようです。ハードフォークが行われると注目度も上がるので、価格高騰が見込めるとみられています。

ビットコイン

①ハードフォーク
ビットコインは過去6回もハードフォークし、現在に至っており、そのたびに新しい仮想通貨が誕生しています。しかし噂で終わってしまったコインもあります。今後もハードフォークは実装されていくと考えられていますが、開発者不明などというものもあるので、慎重に検討したほうがよさそうです。

②ETF(投資信託)になる?
ETFとは、証券取引所に上場している投資信託のことで、証券取引所を通して誰でも取引でき、個人投資家のみならず機関投資家も投資することができる、金融商品です。種類もいろいろあり、たとえば株式・金・原油など、世界中のありとあらゆる資産に投資できます。

現在、ビットコインはETFという15の取引所で投資信託として申請され、承認されれば新しい形の市場ででビットコインが取引されることになります。そうなれば、機関投資家の莫大な運用資金として使われ、市場が今まで以上に活性化することが考えられます。承認されることにより、ビットコインの認識や価値が今まで以上のものになる可能性は否定できません。

まとめ

ビットコインキャッシュとビットコインについて様々な側面から見てきましたが、いかがでしたか?

ビットコインキャッシュはブロックのさらなる拡大が期待され、実行されようとしています。ところが、長期にわたって考えてみると、拡大に限界はないのか?という心配も出てきます。一方、ビットコインはハードフォークを行いすぎて、似たようなコインばかりが生まれ、情報も錯綜していると言っても過言ではありません。

また、ビットコインはETFという新たな取り組みが始まっていますが、まだ承認されたわけではありません。現時点ではどちらを購入する方が良いかということは、各々の判断に任されていると言えるのではないでしょうか?

それぞれのコインのメリットやデメリットをよく理解し、これからどのような方向に進んでいくのかを良く見極めて、どちらを購入するかの判断材料にしてもらいたいと思います!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です