気になる最新の仮想通貨情報!

ビットコインキャッシュの送金時間が遅い理由は?確認や回避方法!

ビットコインキャッシュ 送金時間

今回は、ビットコインキャッシュの送金時間が遅い理由について、送金されたかの確認方法やあまりにも遅い場合の回避方法についても調べてみます!

スポンサーリンク

ビットコインキャッシュの送金時間が遅い理由

遅い

ビットコインキャッシュは、ビットコインの送金時間が遅くなったので、それを避けるために作られたという一面を持つコインです。ところが、このビットコインキャッシュもめっきり遅くなったという声をよく耳にします。そこで、なぜそんなに遅くなったのかについてまとめたいと思います。

遅い場合と早い場合があるそうな

送金が早くできる人は10分でできるようですが、遅い人は16時間かかっても完了しないという人もいます。

このようなムラはどうして生まれるのかというと、ビットコインキャッシュの利用者や使用する回数が増えて処理速度が追いつかないため遅くなります。ビットコインキャッシュの取引はすべてブロックチェーンに記録されます。そのため、記録作業を行ってくれているマイナーが少ないと、処理速度も遅くなり、マイナーが多いとスムーズに処理ができるため、送金時間が短くで処理できます。

ビットコインキャッシュ取扱取引所

※リスク回避のために、複数登録することをオススメします!

国内最大手の安心感と口座開設の早さ
1位 ビットフライヤー

使い方解説記事:bitFlyer(ビットフライヤー)使い方や買い方!口座開設・登録方法!

 

手数料の低さと積立投資
2位 ザイフ

使い方解説記事:Zaif(ザイフ)使い方や買い方!口座開設・登録方法!

 

リップル取引と強固なセキュリティ
3位  ビットバンク

使い方解説記事:bitbank.cc(ビットバンク)使い方や買い方!口座開設/登録方法!

処理をするマイナーがいない

2017年に誕生したビットコインキャッシュですが、2018年に入りビットコインユーザーが多数ビットコインキャッシュに流れてきました。その結果、処理速度が遅くなり、送金も時間がかかるようになったのは、周知の事実です。

スポンサーリンク

ビットコインから流れてきた人の中には、ビットコインキャッシュでマイナーとなる人も多数いました。そうなると、ビットコインキャッシュの仕様であるマイニング難易度調整が行われ、マイナーが得られる利益率は、ビットコインの半分以下となりました。

その結果、ビットコインキャッシュでマイニングを行ってくれるマイナーの数が減っていき、送金の処理速度が格段に遅くなってしまいました。現在は、ビットコインキャッシュをマイニングするより、ビットコインをマイニングする方が約2.5倍効率が良い状態になっています。

ビットコインキャッシュの送金時間の確認や回避方法

ビットコインキャッシュの人気が爆発すると、送金時間がかかり送金詰まりを起こしたりすることが頻発します。そんな時、どのような対処方法があるのでしょうか?

送金時間の確認方法(送金詰まりの回避方法)

ビットコインキャッシュの送金時間を確認するには、送金詰まりの確認をすると一目瞭然です。その方法は、「トランザクションハイウェイ」と呼ばれています。トランザクションハイウェイとは、ビットコインとビットコインキャッシュの送金詰まりを見ることができる、トランザクションを高速道路に例え、その混雑具合を見ることでリアルタイムに込み具合がわかるサイトです。

参考

ビットコインキャッシュのトランザクションが高速道路に!?txhighway

1レーンにつき1メガバイトで、送金価格により車体の大きさに変化がつけられています。ビットコインキャッシュは8MBなので8レーンあります。また、右上のメニューボタンを押すと、車やバイクのイラストとともに送金価格が表示されるため、リアルタイムで判断が可能です。

しかも、ビットコインのライトニングネットワークが今度は鉄道(蒸気機関)で実装されるそうなので、そちらもリアルタイムで見ることができます。とても楽しみですね!

取引記録の確認方法

ビットコインキャッシュを取り出す場合、ビットコインを入れていたウォレットがビットコインキャッシュに対応している場合は特に問題はないですが、そうでない場合は対応するウォレットにビットコインを移動すると取り出すことができます。

しかし、この操作をしている時にビットコインキャッシュがウォレットに反映されない、ビットコインキャッシュを誰かに送金したのになかなか反映されないなどの非常事態が起きるとも限りません。そんな時は、ビットコインキャッシュのブロックチェーンを参照することで様子がわかります。

これを確認できるサイトが「Blockchair」というサイトです!

参考

ビットコイン&ビットコインキャッシュの残高確認ができる!blockchair

まずは、サイト下のビットコインとビットコインキャッシュ切り替える部分があるので、その部分で知りたい通貨を選択してください。次にサイトトップの検索窓にビットコインキャッシュのアドレスIDを入力し検索すると、ビットコイン&ビットコインキャッシュの残高を確認することができます。そして、残高の下にあるリンクから取引履歴や現在の取引状況の確認ができます。

まとめ

ビットコインの送金速度が遅いと話題になったと思ったら、今度はビットコインキャッシュもさらに遅いと話題になりました。送金詰まりを起こす原因は、マイナーに支払われる手数料が安いため、マイニングを行ってくれるマイナーが少なく、処理が追い付いていないことがおもな原因のようです。

また、海外ではビットコインからビットコインキャッシュに乗り換える人たちが増加している一方、日本人はビットコインの保有率が世界的に見ても多いようです。今後、ビットコインを持っているほうが良いのか、ビットコインキャッシュが良いのかは、世界の情勢をよく見て判断する必要がありますね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です