気になる最新の仮想通貨情報!

イーサリアム(ETH)チャートと今後!購入できる取引所や買い方!

イーサリアム 特徴 メリット デメリット

今回は、仮想通貨のイーサリアム(ETH)とは何か?特徴やメリット・デメリット、チャートから見る今後や購入できる取引所や買い方について書いてみたいと思います!

スポンサーリンク

イーサリアム(ETH)とは?特徴!

特徴

「イーサリアム」は、ビットコインに次ぐ第2位の仮想通貨で、あの堀江貴文さんも投資していることでよく知られています。イーサリアムは、2013年にヴィタリック・ブリテン氏によって設計が開始され、2014年にはプレセール(販売)が始まり、2015年頃から日本の仮想通貨取引所でも取引が行われるようになりました。

イーサリアムプロジェクトが調達した資金は、2014年スイスで設立された「イーサリアム財団」によって管理されています。また、開発に貢献した開発者には報酬が与えられるので、開発は順調に行われています。

ちなみに、正確にはイーサリアム自体はスマートコントラクト(下記で説明)を実行するための分散型プラットフォームで、イーサリアムを動かすために必要なイーサが仮想通貨名となります。一般的にはイーサリアムが仮想通貨名ということで認知されてしまっています。

スマートコントラクト

スマートコントラクトとは、取引で行われる契約を、ブロックチェーン上でプログラムを自動的に実行・保存していける機能のことです。この機能を使うと、例えば誰にいつ送金予定かなどの契約内容が自動的に実行され、実行が行われると、その実行内容はネットワーク上にすべて保存されます。

取引を行うと、自動で契約条件や履行内容までプログラムで記述管理できる仕組みになっています。ですから、第三者を介さずにブロックチェーン上で契約内容を自動で処理することができ、コンテンツの販売も行うことができるのです。

プルーフ・オブ・ステーク

承認アルゴリズムの1つで、「最も多いコイン数(時には保有期間も考慮される場合もある)」が優先的に承認される仕組みです。他の通貨では保有期間も考慮されますが、イーサリアムに限ってはコイン保有期間の長さは考慮されていません。

アンクル

イーサリアムでは、マイナー達がほぼ同時にブロックの承認をしてしまうということがあります。その場合、イーサリアムネットワークがどちらの承認が適切なものかを判断するまでにタイムラグが生じてしまいます。その結果、一時的にブロックが分岐してしまいます。そして、イーサリアムネットワークから不適切と判断されたブロックを「アンクル」と呼びます。このアンクルで行われたマイニングに対しても、少額ですが報酬が支払われる仕組みになっています。

アップデート

4回にわたりハードフォークでのアップデートが行われています。それぞれ「フロンティア」「ホームステッド」「メトロポリス」「セレニティ」という名前が付けられています。

アップデートについて

①フロンティア
2015年7月にアップデートが行われ、イーサリアムの基礎的な機能の実験的導入と機能実装結果を基にしてのバグや様々な問題の修正が行われたのち、結果に基づいてその後のアップデートにつながるような手順が取られました。

 

②ホームステッド
2016年3月に行われたアップデートで、より広く多くの人に使ってもらえるようにするための機能を実装し、ホームステッド以降多くの人たちがETHをイーサリアムプラットフォーム内で使用できるようになりました。

 

③メトロポリス
2017年10月に第一段階としてのアップデートが行われました。コードネームは「ビザンチウム」で、匿名性を高めるとともに、マイニングの方法をPowからPosに変更するための準備のためのアップデートです。それとともに、マイニング報酬に関する調整も併せて行われました。

2018年に予定されている、第二段階のアップデートのコードネームは「コンスタンティノ―プル」です。Posとビザンチン・フォールト・トランスレスのハイブリッドの「Casper」というものが実装されるそうです。これが行われると、P2P間のやり取りで、個々のノードが故障したり偽の情報を発信した時に、全体として正しい合意が形成されるのかという問題を解決されることにつながります。

 

④セレニティ
セキュリティ面を一層強化するためのアップデートで、PowからPosへの移行を完了させる段階とされています。実際にいつ行われるかはまだ未定ですが、2018年内に実施される可能性は大です。

ライデンネットワーク

「ライデンネットワーク」とは、オフチェーンネットワークを利用して、イーサリアムを拡張するオープンソースプロジェクトのことです。実装が完了すると、マイクロペイメントやトークンの交換を速くて低いコストで行うことができます。ライデンネットワークの実装はまだ完成していませんが、プロジェクトの1つの「マイクロライデン」は、2017年11月30日に実装されたと発表がありました。

イーサリアムのメリット

仮想通貨 メリット

ビットコインに次ぐ第二のコインとして名高い、イーサリアムを購入するメリットはどこにあるのか、簡単にまとめます。

リスク回避向き

仮想通貨を購入するときには、一つの銘柄だけではなく他の銘柄も併せて購入し、リスクを減らすことが大原則です。そして、リスク回避を目的に購入するのに向いた仮想通貨がイーサリアムと言われています。

リスクを回避するためには、価格変動が少ないコインが重要です。イーサリアムは時価総額が高く、ボラティリティ(価格変動)の幅が小さいことで知られています。ですから、「ビットコインの購入の次に購入するべき仮想通貨」と言われるのも、この理由があるからです。

大手企業が支援し、値上がりが見込まれる

世界では、マイクロソフト社が利用を始め、金融関連会社をターゲットとして開発をすすめています。この開発が順調に進めば、イーサリアム基盤のブロックチェーンプラットフォームが全世界に広まる可能性があります。また、IBMなどもイーサリアムとの提携を模索していると言われています。

国内では、トヨタ自動車が「TOYOTA Research Institute」という子会社を作り、人工知能・仮想通貨・ブロックチェーン技術の研究を行っています。これがEEA(イーサリアム企業連合)日本企業の初メンバーです。そして、2017年5月22日、同時に三菱東京UFJファイナンシャルブループ・スマートコントラクト株式会社・クーガー・コンセンサスベイス・Kaulaの5社が参加を表明しました。

KDDI株式会社も2017年9月27日にEEAに加盟しました。そして、国内初のイーサリアム使用によるスマートコントラクトの実証実験を開始しました。これは、加盟各企業の目的達成のための足掛かりとなる実験です。

 

株式会社NTTデータは、2017年10月2日にEEAに加盟しました。加入目的は、トレーサビリティやKYCのノウハウの取得と今後のイーサリアム技術発展による活用が見込まれるからです。

そして、このように国内外問わず、イーサリアムに寄せる期待が大きく、支援の輪が広がっているということは、イーサリアムの研究もどんどん行われ、様々な企業がイーサリアムのネットワークを利用すると、イーサリアムネットワークで使われる手数料の価値が増大します。

イーサリアムの価格は投資としての値上がりのみならず、技術的な期待ということからも値上がりしており、今後研究が進めば進むほど、価格が上昇してく可能性は否定できません。

スポンサーリンク

決済手段として使える可能性を秘めている

イーサリアムは承認時間が早く、ビットコインよりも決済に向いた仮想通貨であることは周知の事実です。現在ではまだ決済手段として使われていませんが、将来的には決済手段としても認知されていくと見込まれますので、そうなればまた人気が上がり、価格の上昇につながります。

 

イーサリアムのデメリット

仮想通貨 デメリット

仮想通貨を購入する上で、デメリットを知っておくことは必須です。デメリットを理解したうえでの購入をオススメします。

Parityの脆弱性

イーサリアムのウォレットである「Parity」に欠陥が多数見つかり、それにより凍結されたりハッキングをされたりということがよく起こっています。2017年7月にマルチシグウォレットの脆弱性で34億円相当のイーサリアムがハッキングにより盗まれるという事件が起こりました。その後対策が7月20日に行われましたが、またその問題によってバグが起こり、約300億円も凍結されてしまうという事件が起こりました。

解消されつつあるが、ビットコインより認知は下

日本においてはやはり「ビットコイン」が良く知られています。国内の企業もネットワークに参加してきているので、昔ほど認知がないというわけではありませんが、それでもビットコインの方が一般的には知られています。

ところが、「ビットコインを超える仮想通貨」との呼び声も高いことから、今後イーサリアムは持っているだけでも価値が上がる可能性の高い仮想通貨と言えると思います。

PoWでのマイニング

プルーフ・オブ・ワークシステムで現在はマイングされているので、大量の電力消費やマイングのための莫大な設備投資が不可欠です。しかも、60%以上のマイニングは中国の一部企業の独占となっているなどの不都合があります。

これの対策として、PoS(プルーフ・オブ・ステーク)へ移行するためのプロジェクトが加速しています。PoSのメリットとしては、消費電力が低くなる、承認スピードが早くなるなど。しかし、PoSは「より多くのコインを持っている人が優先的になる」という特徴を持っているので、富裕層が集中し、それ以外のユーザーが離れてしまう可能性も。

トランザクション(取引)処理の遅れ

イーサリアムは、スマートコントラクトというブロックチェーンの上に、取引情報&取引の履行条件などのデータを合わせて掲載するシステムを使っています。これにより、一回での取引の情報量が多くなり、送受信する取引の情報サイズも大きくなります。それに伴い、ネットワーク自体の取引速度が遅くなっています。

この対策として、ライデンネットワークの導入が予定されています。

イーサリアム(ETH)のリアルタイムチャートと今後の将来性


イーサリアムは、今までも「ICOの件数増加による速度低下」「The DAO事件による分裂危機」など、様々な危機的状況に直面してきました。しかし、そのたびアップデートすることによりみごとに乗り越えてきました。そのことから考えても、将来的にどのようなことが起こっても生き延び永らえてくれる可能性の高い仮想通貨と言えます。

今後も「スマートコントラクトのビジネスプラットフォーム化」「段階的なアップデート」「イーサリアム企業連合のさらなる発展」「ビットコインより性能アップ」などの目標を掲げ、高い将来性を持つ仮想通貨として君臨し続けてくれると予想されています。

イーサリアムはビットコインに追い付こうと努力していますが、リップルとも順位を争う位置に常にいます。そんな中2017年には1年間で100倍以上の高騰を見せました。2018年に同じような高騰が起こると考える人は多くはありませんが、次のピークは2020年に来ると予測されています。この時期はちょうどビットコインの半減期に当たるため、仮想通貨熱もいったん落ち着くと言われています。

2020年といえば、ちょうど東京オリンピックの年です。仮想通貨市場も、まずはこの2020年までにどこまで成熟できるかにより、今後の仮想通貨の日本での広がりもある程度予測できるのではないでしょうか?

イーサリアム(ETH)が購入できる取引所や買い方

まず買い方についてですが、仮想通貨取引所や販売所で購入します。取引所や販売所の違いについては以下の記事で解説しています!

取引所 仕組み 使い分け
仮想通貨取引所の仕組みや種類!使い分けや選び方は?

 

基本的には買い方は簡単で、取引画面で数量を入れて、購入や買う等書いてあるボタンを押せば買えますし、逆に買った後に売却や売る等書いてあるボタンを押せば売れます。ビットフライヤーの販売所であればスプレッド(手数料)込の価格で購入できます。

 

取引所であれば、売りたい人と買いたい人の価格と数量がマッチすれば、その価格で購入できたり売却できたりします。手数料も発生する取引所もありますが、販売所よりは断然安いです。

ビットフライヤー 買い方

取引所によって、買い方等はそれぞれ微妙に違いますので、取引所のヘルプ等を見てみて下さい。

 

コインチェックのNEM流出事件があってから、セキュリティーに関して意識される方が多くなってきたので、セキュリティや安心感を考慮してランキング作成しました!

イーサリアム(ETH)が購入できる取引所は下記のページでご紹介していますので、是非参考にしてみて下さい!

2018 仮想通貨 取引所 ランキング おすすめ

まとめ

イーサリアムは、常に仮想通貨第2位を維持し続けている、とても評価の高いコインです。もちろんメリットのみならずデメリットもたくさんあります。ですが、デメリットに対しての解決方法を導き出しているという点では評価できます。そのことから考えて、これから将来もイーサリアムは、開発が順調に進めば「期待大の仮想通貨」といえると思います。

それを証明するように、投資の格付けで有名なアメリカの機関「Weiss Ratings」で、仮想通貨74種類のうち、イーサリアムはB評価を受けました。そして、A評価の通貨は存在しませんでしたので、実質最高評価を受けた仮想通貨ということになります。ちなみにビットコインはC+でした。

今後もイーサリアムの更なる展開に期待しましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です